スタッキング細胞はあるんです!「TOAKS LIGHT TITANIUM 650ML POT」

おそらく市販クッカー最軽量の「TOAKS LIGHT TITANIUM 650ML POT」。ただお湯を沸かすだけのクッカーだったはずが、我々「TEAM BBG」と「NASA」との共同研究で空前絶後の超絶スタッキング技術の開発に成功したのである!ノーベル賞なんていらない、みんなの笑顔が見られればそれでいいんだ・・・。



特徴

TOAKSはアメリカ カリフォルニアの軽量チタン製品を製造するブランド。

ロゴが足のマークだから一瞬シューズブランドかと思うが違う。

TOAKSのチタン商品の中でもさらに薄いチタン(0.3mm)を使用した「LIGHT POT」カテゴリーの中から、BBGがセレクトしたのがこの650mlである。

なんと650mlの容量+フタまで付いて驚きの77g!!

空前絶後の超絶かるかるクッカーなのである!

持ち手にはシリコンチューブは付いていないため、焚き火などに直接ぶち込むこともできる。

フタの取っ手には倒れ込み防止機能が備わっており、取っ手をスライドさせると倒れないという仕掛けになっている。

寝ている状態。取っ手を持ち上げ手前の溝にスライドさせると・・・。

このようにちょこんと立つ。

メモリは300mlと500ml

 

650mlのサイズ感がいい感じ!

なにがいい感じかって?

カップヌードルのリフィルとバーナーが一緒にスタッキングできちゃうんです!

今世紀中には解決不可能と言われたこの問題。

NASAと3年の共同研究の結果、ようやく我々はリフィルスタッキングに成功したのである!!

 

長かった・・・実に長かった。

出口の見えない研究、研究の毎日。

これで多くの人たちが救われる・・・爺ちゃんやったよオレ・・・。

 

君は歴史の目撃者となる!これだ!

「リフィル余分なとこカット技術ぅぅぃ!!!」

 

 

ミリ単位で精巧にカットされた日本の技術力とNASAの最新テクノロジーが融合してはじめて成功できた人類英知の結晶。

接着面が1mm以下という、もうコレ開いてんじゃね?って思ってしまうほどのナノテクノロジー。

寸分違わぬサイズ感。

ため息が出てしまうほど美しい収まり。

スティーブ・ジョブズが生きていたら賞賛してくれたことだろう。

ザッカーバーグからはすでに技術提携の話しまできているという・・・。

ここにアルコールバーナーとゴトクまでスタッキングできてしまう事実に驚愕しろ!

歴史が変わった。

エバニューのチタンアルコールストーブ+ゴトクまでもが収納できる日がくるとは!!

フタが若干浮いてませんか?という問いにNASAからの返答はまだない。

収納袋に入れてしまえば問題ない。NASAはそんな細かなとこ気にしないのだろう。

もちろん、アルコール燃料自体は別で持たないといけないが、エスビットの固形燃料なら一緒に入れられる。

素晴らしい!すばらしいぞ!

で、リフィルとバーナーと固形燃料を一緒に入れた総重量が、驚愕の249.5g

アメリカ科学誌「サイエンス」の表紙はどうやらこれに決まりそうだ。

さらにぃぃぃ!!

110サイズのガス缶までジャストフィットしてしまうのさぁぁぁ!!!

さらに、さらにぃぃぃ!!この上にリフィルがぁぁぁ!!!

かなりはみ出るぅぅぅりぃぃぃ!!!

失笑したそこのあなた!TOAKSをなめちゃーいけませんで!

おりゃぁぁぁ!!!!

ガス缶+リフィルの超絶スタッキングの完成じゃぁぁい!!!

まさかここまで計算されて収納袋も作られていたとは!TOAKSの収納袋には脱帽だぜ!

 

だが、NASAとの共同開発でも解決に至っていない問題が我々にはまだ残っていた・・・。







 

ラーメン食った後に美味しいコーヒーが飲みたい問題

最近BBG内で空前絶後のブームが山で美味いコーヒーを飲むってこと。

山コーヒーでロマンを味わえ!〜ポーレックス「コーヒーミル ミニ」〜

2017.06.25

こんな風に山でドリップコーヒーを飲む。ステキすぎる。

ナノテクノロジーでお湯も細く注げるから、ドリップコーヒーにも持ってこい。

 

ただ、豆から挽いて至極の一杯中毒の自分にとってリフィルラーメンを食べたクッカーで豆から挽いたこだわりのコーヒーを飲むってどうなの?ってこと。

ラーメン臭がこびりついたクッカーでコーヒー入れたら元も子もないじゃないか。

解決策①リフィルを止めてカップ麺にする。

うっ・・・せっかく空前絶後の超絶スタッキング技術が完成したというのにカップ麺にしろというのか・・・。

解決策②コーヒー用のクッカーを持つ。

TOAKS450mlがスタッキングできるようだが、そうするとリフィルは入らないだろう・・・。

解決策③コーヒーを諦める。

食わにゃ死ぬけど、コーヒー飲まなくても死なない・・・か。

導き出した答え

どーしてもコーヒー飲みたきゃカップ麺。コーヒー諦められれば空前絶後リフィルパッキング!

 

まとめ

調理には向かないけど、お湯を沸かすことに限定すればとにかく軽くておすすめ!二人分のカップ麺のお湯(600ml)が沸かせるから共同装備にもできちゃうのもGOOD!近々アメリカ科学誌「サイエンス」にも取り上げられることになるであろう「リフィル余分なとこカット技術」でリフィルがジャストフィットするのには見ているみんなも鼻息を荒くしたことだろう。

薄くて、軽くて、ジャストフィット!TOAKSはクッカー界のサガミオリジナルやー!

 

 

TOAKS トークス|Light Pot 650ml ライト ポット 650ml

素材 チタン
重量 77g(実測)
容量 650ml
付属品 フタ、収納袋

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

2 件のコメント

  • 先にコーヒー作ってからラーメン作るという手もありますよ。

    コーヒーが先に冷めてしまうかもしれませんが・・・

    • その手もありますね。
      保温性の高いカップならラーメン食ってる間ぐらいなら保温性キープしてくれてそうですね。
      冷めたコーヒーでも自然の中で飲めば美味しいでしょうしね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ