ショップ探訪 vol.3「CLAMP」さん 〜アツシオガワ チャリンコ購入記〜

アツシオガワが気になるお店を紹介するショップ探訪。第三回は長野県伊那市にあるBIKE&アウトドアショップの「CLAMP(クランプ)」さんです!今年の『OMM BIKE』に参加するための自転車をCLAMPさんでお願いしました!



OMM BIKEに出たい

猛烈な暑さの中行われた2018年の『OMM LITE』。

意外にも、オフトレイルを走らされる区間が多く、遮るものがないアスファルトの上はまさに灼熱地獄…。

肉体的に追い込まれることはもちろん、精神的にも追い込まれる出来事が多々あった。

それは、BIKEで参加している方々に涼しい顔でシュイーーンと追い抜かれること。

涼しい顔で追い抜いて行くNATURE THINGの脇さん

「コッチは暑さでフラフラなのに!なんだあの勝ち組感は!!」

「ふんぬー!!!来年は絶対BIKEで出るぞぉ!!!!」

鬼ころしとOMM翌日にアタックした『朝日・雪倉岳』で誓い合ったのであった。

CLAMPさん

『OMM LITE&BIKE』の申し込みが始まった頃、鬼ころしから一本の連絡が。

「ゴ…CEO、OMM BIKE申し込んでおいたんで しくよろでーす。チョリーッス」ってオイ!

オレまだBIKEも持ってないんだぞ!

勝手に申し込んでるんじゃねー!!

とかいいつつ、これで買う理由が出来たと内心は少々ニヤリ気味のアツシオガワ笑

OMMまでにBIKEを手に入れなければ・・・ニヤリ。

 

自転車には全く詳しくないが、1台気になる自転車があった。

それはMoonlightGearの千代田さんが乗っていた『CRAZY SHEEP』だ。

みんなの山道具大公開「BEST MY GEAR」第3回ゲスト:Moonlight Gear 千代田さん バイク「クレイジーシープ」編&「おすすめアイテム」編

2019年5月27日

BMGでお邪魔した際、実物を拝見して「かっちょええー!」と思っていた私は、Mooseのケイスケパイセンに相談の電話(ケイスケさんも羊飼い)。

『CRAZY SHEEP』が欲しいんですけど、どなたかご紹介していただけませんか?

「だったら伊那のCLAMPさんを紹介しますよ!」

というわけで、CRAZY SHEEPを購入するべく伊那市にあるBIKE SHOP「CLAMP」さんでお世話になることになりました。

CLAMPさんは、長野県伊那市にある自転車屋さん。

BIKE用品だけでなく、HIKEやトレラン用品なども販売されており、店内には商品がぎっしり!

ひ、広い!

TMEの何倍あるんだ!?(比べるの失礼)

僕らにもなじみのある『RawLow Mountain Works』や『Teton Bros』『ALTRA』などのアイテムも多数お取り扱いされてます。

BIKE系のブランドはどれも新鮮で、見ているだけでワクワクするなー。

コチラは、スタッフの方々が使用されているギアを試用させてもらえるコーナー。

気になっている商品を実際に使ってみれるのは嬉しいよね!

好きなコーヒー豆をその場で購入してセルフで煎れるコーヒースタンドまで完備!

選べるコーヒー豆

常連さんはマイカップを店内にキープしているそう。

キッズルームまで完備しているので、家族と一緒に来ても「パパまだぁー?」発動まで時間を稼ぐことが出来るのも嬉しい。

体験ライド

そんなCLAMPの店長 武村さんが「まずは体験ライドしに行きましょう!」と誘ってくれた。

武村さんはCLAMPで店長を務める前はバリッバリのバックカントリースキーヤー(ガイド)!

見るからに体脂肪率一桁っす!といった引き締まったBODYに若干のジェラシーが芽生えたのをグッとこらえ、体験ライドへ連れて行ってもらった。

お店から少し漕いだだけで中央アルプスが一望できる伊那市のポテンシャルの高さに度肝を抜かれつつ、体験ライドを楽しむ。

武村さんは小難しい「自転車論」を僕に全く押しつけることなく、ただただ「自転車って楽しいなー、気持ちいいなー」ってことだけを感じさせてくれた。

遭難しても生き延びるためにあえて蓄えている僕のぽっちゃりBODYに気を遣ってくれたのか、初心者の僕でも楽しめるコースは雄大な山々を眺めながらのゆったり、のんびりライド。

とにかく気持ちがいーんです!

チャリさいこー!!

BBGで記事にさせて欲しい旨を予め伝えてあったので、「2人で映える(ばえる)写真でも撮りましょう!ここなんて最高なんで三脚セットしますね!」

といって、地面に転がっている枝(三脚)をセットして己撮り。

慣れた手つきで枝を使ってスマホを固定する武村さん

インスタ(@clamp_take)にUPされる己撮りも現地調達の枝三脚で撮っているそう。

スマホを固定する枝を見つけるスピードと的確なチョイスには、トップエダリストとしての自信がみなぎっていた。

中央アルプスがきれーー

途中、休憩ポイントを見つけてハンモックTime!

武村さん自らコーヒーを煎れてくれるおもてなしよう。

先輩にコーヒーを煎れさせる生意気な後輩

僕もすっかり勘違いしてお客さん気分全開でふんぞり返る。

これが後に恐ろしいことを招く引き金になろうとは・・・。

こうしてCRAZY SHEEPの体験ライドは終わり、いよいよMY BIKEをお願いすることになったのであった。

CRAZY SHEEP

フレームのカラーオーダーはお願いしようと決めていたが、この色がいい!という希望がなく、何色にしようかなー??

と迷っていると、「CLAMPがオーダーした面白いカラーのフレームがフリーで1つありますよ!」とご提案いただいた。

事前にLINEでそのカラーの写真を送ってもらったときは「ちょっと派手?やらしいかなぁ?」なんて思っていたが、実物を目の前にして一目惚れしてしまった。

それがこの色!

くぅーーーー!かっちょいいぜ!!!

模様のように見えるのは、わざと付けたフレームの磨き傷。

クリア塗装をして、フレームが透けて見えてるんだって!

自分じゃ絶対こんないい色&加工思いつかないもんなー!

やっぱ武村さんのセンスパねえっす!

その後は、ペダルやらなんやらのオプション品を武村さんに相談しながら選び、納車を待つこととなった。

The bike is complete

それから約3週間後。

武村さんから完成報告のLINEが届いた。

LINEに添付された完成車の写真をみて震えた・・・。

ば、バリクソカッコいい…(T^T)

一日も早くマイハニーを迎えに行きたい!!

納車日が待ち遠しかった。

ちなみに、名前も付けた。

「ラムちゃん」

クレイジーシープだけに。

いつかトラ柄のサドルでも付けようと思う。

納車の儀

自転車取りに行きます!

と連絡すると、「せっかくなんで納車ライド行きましょう!」と武村さんから提案があった。

楽しかったチャッピー体験ライドを思い出し、二つ返事で快諾。

ラムちゃんとの感動の対面も早々に僕とラムちゃんは薄暗い山の中へと連れてこられていた。

先日のチャッピーライドとは雰囲気が異なり、どうも様子がおかしい。

「さ、行きましょう」と、多くを語らず怪しい森の中へ入っていく武村さん。

俺には分かる…あの武村さんの鋭い眼光から放たれる殺気。

間違いない、俺をここで殺る(追い込む)気だ!

のんびり農道を走って中央アルプスを横目にチャッピーライドするはずが、いきなりドロドロの急登を登らされている。

あ、ちょ、あ、え!?あーーーー!!!

僕のピカピカだったラムちゃんは一瞬にして泥だらけに…。

た、武村ぁ(さん)や、やりやがったな!!!

と言いたいのをグッと我慢…。

悔しさと切なさと心強さを胸に秘め、がむしゃらに漕ぎ続けるCEO。

MTBは泥だらけぐらいの方がカッコいいのは分かっちゃいるんすよ…分かっちゃ…ね(T^T)

でも…ラムちゃん、ごめんな…。

 

CEOの乙女心が伝わるわけもなく、「この辺で映える写真撮りましょう!」と、とにかく明るい武村(さん)

「安心してください、映えてますよ!」

って「あんちゃんバカヤロ」なんてツッコミを心の中で入れつつ撮影を見守る。

今日は武村さんもクレイジーシープ。

武村さんのツヤ消しマットカラーもカッコいいなー。

確かにダブルクレイジーシープは絵になるぜ!

って、スタンドもないこの2台どうやって自立してるんだ??

ノンノンノン。

伊那のエダリストなめてもらっちゃー困るよ。

MTBだって枝一本でこの通りさ!

その時スガシカオがどこからともなく流れてきた。

僕らの世界は〜♪

武村:「いやー、世界にはもっとスゴいヤツがいますからねー。目標はエダリスト世界選手権年間王者です!」

ナレ:武村が…笑った。

「エダリスト」としてプロフェッショナルに出る日もそう遠くなさそうだ。

 

気持ちよさそうに見える区間は一瞬で終わり、あとはひたすら登りというドS納車ライド。

いったいどこまで登らされるのか・・・。

登り切った頃には僕の両足は完全に行動不能に。

久しぶりにパトラッシュダウン

し、死ぬ・・・。

購入前はあんなに優しかったのに、購入後は男塾。

たっくん昔は優しかったのに変わっちゃったね…涙

ラムちゃんも小肥りを乗せてのライドにグッタリしている。

 

めちゃくちゃしんどい(武村さんは涼しい顔)ヒルクライムが終わったところでコーヒーブレイク。

助かった、ハンモックで体力回復できる。

「BBG的にオガワさんの画も必要ですよね?」

あ、いや、別に大丈夫です・・・。

「じゃあ、僕カメラマンしますんでコーヒーお願いします!」

スカしているが足はぷるぷるしている

くぅーーーー

もう足がパンパンで寝転びたいのにぃ!!!

オガワさーん、まだっすかー?

だんだん悪い顔に見えてくる武村さん

くっ…しまった。

前回の体験ライドでの「ふんぞり返りリターンバック」をお見舞いされている。

なんとか足をプルプルさせながら煎れたコーヒーに武村パイセンも満足してくれて事なきを得た。

 

コーヒーブレイク後は、いよいよメインイベント『ダウンヒル』!

チャリ漕いでこんなとこまで登らされたのか・・・。

そりゃ死ぬぜ・・・。

ここからは、武村ティーチャーによる『MTBダウンヒル講座』の始まり。

坂を下るときはお尻を引いて重心を低く〜

※CLAMPさんが許可を得ている山域で行っています。

基本的な姿勢、体重移動やブレーキのかけかたなど、丁寧に分かりやすくレクチャーしてくれました。

武村講習会が終わったら、あとは一気に駆け下りるダウンヒルタイム!ひゃっほーい!

お尻を引いているのかへっぴり腰なだけなのか、素人丸出しなライディングスタイルでなんとかダウンヒル。

頭の中では先生みたいにカッコよく乗ってるつもりだったけど、写真で見るとだっせーなー笑

でも下りに対して恐怖心はなかったから、とりあえず先生からは合格点をいただけた。

先生はというと、とんでもないスピードで駆け下りていく!

しぇーー!かっちょえーなー!!

僕もビビりながらなんとかノークラッシュでFINISH!

チャリ楽しー!

こうしてCLAMP流『納車の儀』は無事幕を閉じた。

さいごに

自転車という決して安くない買い物をするのって結構ドキドキしますよね笑

予算内に収まるかなーとか、自分が思い描くBIKEが買えるかなーとか。

特に自転車はメンテナンスも大事!

アフターのことを考えたとき、親身になってくれるメカニックさんがいるお店を選ぶことも重要だと思います。

自転車のことアウトドアのこと、なんでも優しく相談に乗ってくれるよ!

CLAMPさんは、試乗可能なBIKEとタイミングが合えば購入前に『体験ライド』にも連れて行ってくれますし、希望すれば購入後のドS納車ライドも連れて行ってくれると思います笑

ちなみに、武村さんの事をエンタメ要素モリモリで書かせてもらいましたが、本当はちょーーー優しい人なんでご安心を!笑

購入前も購入後も親身になって相談に乗ってくれるので、自転車に興味のある方は是非一度お店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

CLAMPさん、本当にありがとうございました!

以上、アツシオガワでした!

押忍!

※7/13-14で行われる『OMM LITE&BIKE』でCEO&ラムちゃんを見かけたら気軽に声かけてくださいねー!

CLAMP SHOP INFO

CLAMP(クランプ)

【住所】〒396-0023 長野県伊那市山寺249-1
【TEL】0265-96-0109
【営業時間】 11:00~20:00
【定休日】毎週木曜日、第2第3水曜日

3 件のコメント

  • ようこそ!伊那へ!!クランプは私も山登りグッツを探しにお邪魔しています(*^^*)
    チャリンコ欲しいけど…高いしなぁ…メンテナンス大変そうだしなぁ…と、指をくわえて見ています。
    CEOの、ラムちゃん。かっちょえぇーですね。
    私も、欲しい…欲しい。
    いつから、ご一緒できる日を…OMM頑張って下さいー!

    • こんにちは!そっかー、インサートEさん伊那でしたね!伊那最高ですわ〜。

      チャリも高いおもちゃですよねー笑
      ただ、一度買ってしまえば長く楽しめますし、ちょっとコンビニまでーって時もいちいち車出さずにチャリでシュイーンって行けるので、エコだし健康的だしいいっすよ!
      チャリ買って来年のOMM BIKEでましょ!笑
      是非ラムちゃんに会いに店にも遊びにきてください!

  • CEOこんばんは、先月ちょうど、CLAMPにお邪魔してきたところです。

    ですが、TMEも負けず魅力的だと思います。
    岡崎より心より応援しております。

    またお店伺います!
    頑張ってください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ