白峰三山ホワイト大縦走!後編〜夢をあきらめないで〜

まさかの通行止めからの急転白峰三山。灼熱の太陽を浴びながら地獄の大門沢を登りつめ、鐘を鳴らして「さあ!これからだ!」といった段階で白に支配される魅惑の稜線。真っ白な農鳥岳-間ノ岳を堪能して何度も心を折られそうになるが、彼は「諦めたらそこで試合終了だ!」と、最後の北岳に夢をつないでその足を進めるのであった。

第3章:夢を信じて!北岳編

間ノ岳を制覇し、北岳山荘を目指して再び精神と時の部屋をさまよい歩く。

綺麗な風景を撮るためにわざわざ重たい一眼レフ担いできたが、正直iPhoneでも、いや、写ルンですでもよかったんじゃないのか?

一体私はなんのためにこの過酷な道を歩き続けてるのだろうか?

すれ違うすべての登山者に、「こんにちは」ではなく思わず「ごめんなさい」と言いそうになってしまう厳しい時間帯。

私のような本厄悪天候男とたまたま同じ山に来てしまったばかりに、一般の方々をこんなホワイトに巻き込んでしまったと猛反省。

やがてそんなホワイトの中に、うっすら浮かぶ北岳山荘。

今日はここでテン泊し、明日の北岳に全てを賭ける。

さすがは明日が山の日の祝日とあってか、13時の段階ですでにテン場はいっぱい。

きっとモクモクさんがいなかったら絶景のテン場なんだろう。

とりあえずテントを張り終えたら、あとで一軒一軒テントを回って土下座でもしてこよう。

 

で、結局トイレの脇の高台しかテントを張る場所がなく、常時上昇気流に乗ってうんこのかほりが楽しめるという特等席に。

挙句この後玄関が向かい合わせになる形で目の前に中国人の方が豪快にテントを張るというまさか。

そしてその人がいつも「ズビビビッ、ズビビビッ」と大きな音で鼻をすするので気になってしょうがない。

で、寝ようと思うと突然「バッショーイッ」と爆音のようなくしゃみをするから、その度に僕はびっくりして飛び起きるの繰り返し。

耳栓をして再び寝るが、それでもその人のいびきが地の底の方から「ズゴゴゴゴゴ」と聞こえてくる始末。

結局気になりすぎて全然眠れなかった…。

 

翌朝。

中華ナイトフィーバーを乗り越えた私は、日が昇る前には出発。

実はまだ懲りもせず、私にとって幻の現象である「ご来光」を諦めてはいなかった。

なぜなら昨日見た天気予報では、霧が出るとはいえ朝は晴れるという予報になっていたからだ。

早朝が勝負だ。

もう何年もご来光なんて見てないし、白峰三山からの景色を一度も見ずに下山するなんてありえない。

私は絶好のご来光スポットを目指し、猛スピードで進んで行った。

やがて、見事ご来光の時間にビュースポットに到達!

わー、すごーい、ご来光だー。まぶしー。

所詮ご来光なんて都市伝説だ。

アルプスでそんなもんが見えるわけがない。

世の中のご来光写真は全部CGだ。

 

そろそろ大声をあげて泣きたくなって来た。

しかしここで泣いたら安西先生に怒られる。

諦めたらそこで試合終了だ。

 

私は歯を食いしばり、目を潤ませながら北岳に向けた最後の急登を駆け上がって行った。

そしてついに奇跡が起こる。

この白にまみれた白峰三山。

絶対に景色なんて見れないと思われた最後の北岳。

そう、

ついに私は「白峰三山ホワイト一気通貫」の偉業を達成したのである!

空前絶後の超絶孤高の悪天候男!

白を愛し、白に愛された男!

そう、全てを白で歩き通したこの俺は!

 

ノン・サンシャイーン

ユー!ボコォ!コーン!

 

イエェェェェェ〜〜イ!!

 

ジーザス!!

本当に、本当に楽しみだった白峰三山の縦走。

これじゃ「白峰三山」じゃなくて、ただの「白しかねぇ散々」じゃねえか…。

結局晴れてたのは景色もない樹林帯の中だけ…。

通行止めから始まり、俺ぁこの3日間一体何をしているんだ…。

安西先生…俺ぁ最後まで諦めなかったけど…どうやら試合は最初っから終了してたみたいでさぁ…。

 

泣いた。

私は声の限りに泣いた。

とうの昔に枯れ果てたと思っていた私の涙が、黒部ダムの観光放水のようにとめどなく溢れて来る。

しかし今日は「山の日」。

これから北岳に登ってくるであろう沢山の人達にご迷惑をかけてはならない。

さあ、涙を拭いて、私のような迷惑本厄男はいち早く下山して差し上げなくては。

私は逃げるように猛スピードで北岳を下山して行った。

途中で富山在住のキトキトTさんと意気投合し、養子の日々のストレスの悩みを聞いてもらいながらさっさと広河原へ。

キトキトTさんはジャストタイミングで北沢峠行きの乗合タクシーへ。

僕もいいタイミングで奈良田行きのバスに乗れたから急いで飛び乗った。

しかしである。

奈良田行きだと思ったバスが実は「甲府駅行きのバス」で、それに気づいて「スイマセーン!乗るバス間違えました!降ろしてくださーい!」と懇願して途中で降ろされるという羞恥プレイ。

そして再び元来た道を広河原目指してトボトボと歩いて戻っていくという謎の延長戦ハイクへ。

薄々感じていたことだが、やはり私はアホなのか?

しかもなぜ今になって燦々と太陽が降り注いでいるのか?

本当に私は一体何をしにここに来たんだ?

なんだかもうメガネが曇っちゃってまともに前が見えやしねえ。

 

広河原に戻ると、奈良田行きの便は出たばかりで次に来るのは「1時間半後」というまさか。

あんなに猛スピードで下山して来たのに、この待ちぼうけは一体なんなんだ。

テントも速効で乾いてしまうほどに天気がいい。

今頃入れ違いで北岳を登って行った人たちは、素晴らしい絶景を見ることができたことだろう。

これでいい。

これでいいんだ…。







 

エピローグ:悲しみの果てに

こうして見事に「白峰三山ベストホワイティスト賞」を受賞した男。

テントは乾いても彼の目から流れ出るものはいつまでたっても乾くことはなかったという。

 

綿密に計画した聖パックトランピングが通行止めで現場にすらたどり着けず、意図せずに突入した彼の白峰三山。

絶対に晴れた日じゃないと行かないと心に決め、ずっと楽しみに楽しみに取っておいた白峰三山。

灼熱の快晴を樹林帯ハイクアップに捧げ、天下の縦走路を全て白で通し、中華ナイトフィーバーを経て下山後はバスを間違えての待ちぼうけ。

これが本厄の力。

 

その後彼は、見事にお盆の帰省ラッシュに飲み込まれ、高速道路で大渋滞に巻き込まれることになる。

しかも名古屋に入った途端、猛烈なゲリラ豪雨に。

彼は「もう、なんだっていいや。どんなにワイパーをMAXにしても目ん玉がずぶ濡れでどうせ何も見えやしねえんだ。」と呟くばかり。

 

いつの日か、彼がアルプスの稜線の景色やご来光を見れる日は来るのだろうか?

というか普通に計画通りに物事を進められる日は来るのだろうか?

それは誰にもわからない。

 

BBGでは晴れ男、晴れ女、もしくは強烈な厄祓い師の方を募集しています。

どうか彼に一般の皆様が見ているであろうアルプスの景色を見せてあげてください。

よろしくお願いいたします。

 

それではまたお会いしましょう。

ノンサンシャインカワイでした。

 

2017.08.09-11「白峰三山」テント泊縦走ギアログ

2017.08.19

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

16 件のコメント

  • こんにちわ!
    すっごく面白い記事でした、(面白い、と言っていいのか・・・)すみません。

    お疲れ様でした!

    • ありがとうございます!
      本人は面白いというか全白い状態でしたが、まあある意味いつも通りの安定した展開でありました。
      途中から泣けてくるわ笑けてくるわで、竹中直人の笑いながら怒る人状態でハイクしてましたね。
      とりあえずたまたまこの現場に居合わせてしまった他の登山者の皆さんに、この場を借りてごめんなさいねと言いたいっす。
      今後も噂の「ご来光」ってやつを求めて白をさまよってまいります!

  • 本当にお疲れ様でした!今年一番の感動作でした!よくわかりませんが勇気と元気をもらいました!笑
    今回のお盆休みにアルプスに行った方々は白い景色を堪能した方が多いみたいですね~、その中でも一番楽しんだのは間違いなくユーコンさんですね!
    ミレーのレインジャケットとHMGを装備に選んでたら大変な画になっていたんじゃないでしょうか笑 
    北岳のテン場ではアロマの香りを楽しみつつ国際交流まで経験されるとは!笑 
    景色とはイマジンするものなんですね…私もなかなかの雨男なのでもっと感受性を高めて山と向き合いたいと思います笑
    THULEの黒がいいアクセントになってましたね!THULEやっぱカッコいいなぁ~!

    • ありがとうございます!ほんとこれ映画化したら全米が涙しますよ。
      こんな白だらけの紀行文で妙な勇気を与えられたようで、僕も絶望にまみれながらも3山完歩した甲斐があったってもんです。

      ミレーとHMGで行ってたら、リアルにOh!透明人間を堪能できるところでした。
      白にまみれ、うんこの香りと中国のサイバー攻撃を耐え抜いた者にだけ見えるイマジンの世界があるのです!
      ぜひコータローさんも、友達のお父さんに借りたビデオを細い目で観ていた中学生時代に戻って、モザイクの先の世界を想像できる立派な雨男になってください!

      THULEのザックいいっすよ!なんせかっこいいし、白の中でもしっかり己を主張できます!
      今後も感動のホワイトレポートしてくんでよろしくお願いします!

  • こんにちは、富山のキトキトTです(^-^)
    お別れした後に、まさかの延長戦付とは思いませんでした(笑)
    バスを間違えるとは、登山でいう「痛恨のルートミス」でしょうか! しかし、念願だった「テント干し」が出来たので良しとしましょう。

    お互いに真っ白なあなたの知らない世界でしたが、近い将来リベンジする理由が出来たのではないでしょうか。

    今後も楽しみに読ませて頂きますので、末永く宜しくお願い致します。また北アルプスにお寄りの際には是非ともお声掛けを!
    宜しくお願い致します。

    • 僕もまさか延長戦が待っているなんて思いもしませんでしたよ。
      奈良田はチケット売り場が別んとこにあって、そこが奈良田行きだけだと思い込んでたんですよ。
      で、おっちゃんに「もうバス今出るところだよ!急いで!」って言われて慌てて乗ったのが甲府駅行きだったという…。
      途中でバスのアナウンスのおばちゃんと話して気づいたからまだよかったですけど、あのまま甲府駅まで行ってたら本当に泣いていたでしょうね。もうそのまま長い長い旅に出ていたかもしれません。
      まあテント干せたから良しとしますよ。

      きっとteraさんとはまたどっかで会う気がします。
      とりあえずアルプス登った時に局地的に曇ってる場所があれば、僕はそこにいます。
      お気軽に声かけてください。逃げないでくださいね。

      では、今後ともよろしくお願いします!

  • お疲れ様でした!
    広河原でのアディショナルタイムを使って、野呂川でテンカラできたんじゃないですか??
    増水で釣りになる状態ではなかったかもしれませんが…。

    次回、野呂川~早川とつないで奈良田までのパックラフティングに期待してます!

    • 野呂川でテンカラは当然考えたんだけどね〜。
      やっぱ見事に増水してて、ちょっとテンカラでやるにはきつかったんよねえ。
      しかもあそこ目の前で遊漁券売ってて、たかだか1時間半のためにお金払って釣れるかわからん増水の野呂川行く気が失せちゃって。
      野呂川はまた改めて釣りメインで行きますよ。
      で、一応野呂川から早川までパックラフトでいけんもんかと所々見たんだけど、大増水してたからそのまま行ったら死んじゃう感じだったね。
      岩も多いしそんなに水も綺麗っぽくなさそうで、中々厳しそう。
      広河原から奈良田まで漕げたらかなりいいパックトランピングコースになるんだけどなあ。ラストが温泉ってのもいいよね。
      大井川源流漕いでみたかったけど、まあ通行止めじゃなくてもどのみち増水で無理だったろうね。
      今年は中々キビシーねー。

  • 初めまして。
    今回も最高の記事でした。SNSに上がるような
    あんなCGみたいなドヤ写真よりずっと楽しかったです。
    これからも楽しみにしています。
    山で会いたいです♡

    • 初めまして!
      SNSに上がって来るようなものは大概がCGかトリックアートだと僕は信じています。
      本当のアルプスはそんなところではありません。見渡す限りのホワイトです。
      その白いキャンバスに、いかに想像力だけでご来光を浮かび上がらせることができるかの勝負であります。

      ぜひ山でお会いしたいっす!僕も…アルプスで浮かれてみたいっす…。強がってますけどやっぱ普通に景色が見たいっす…。
      今まで僕は多くの自称晴れ男晴れ女たちの自信を打ち砕いてきましたが、晴れ女さんはいかに!?
      とりあえずお会いするときはレインウェアにたっぷり撥水スプレー振りかけてきてくださいね!

  • ご愁傷さまです

    というよりはいつもの展開なので『ナイスマゾ!』と言うべきところでしょうか。
    しかも下山後のエクストラステージってしんどいですよね。

    いつかマゾ道にご一緒させてください。

    • 毎度どうもです!
      まあ昔から知ってる人にとっては今更驚くような展開ではないですが、結局カヌー野郎からBBGになったところで結果は一緒なんですね。
      というかひどくなってますね。
      もう撮れ高十分だったのにあの延長舗装路ハイクはこたえましたね。おまけにめっちゃ晴れてたし。
      まあ今回は一応ちゃんと温泉は営業してたんで、そこは救いでしたよ。
      本当に一緒したいです?この世界観に。
      もし覚悟があるならば、ぜひともに精神と時の部屋で修行しましょう!

  • 男塾シリーズからのリアルマゾ道、まだ続いているんですね〜。
    電車の中で笑いを堪えて、何度も変な目で見られるこちらの身にもなってください!
    でもルートやギアの参考にさせてもらってるので、大変助かっています。
    本気でご一緒させて欲しいですね。
    特に歩荷鬼六監督と!

    • いい加減マゾってニヤケてる年齢でもないんですが、どうしてもこの戦いの螺旋から逃れられないようです。
      本人は単純に楽しもうと思ってやってるだけに、正直早く退塾したいっす。浮かれたいっす。
      とりあえずこういう山行記とかで何処かの誰かが電車内で笑いこらえて変態視されたり、ギアログを参考にしてもらえれば僕としては本望であります。
      そして歩荷鬼六監督作品への出演を望んでおられるとか…。ほぼ休ませてくれないっすよ。後方からあのヤクザ顔でチクビーム打ちながら追い込んでくるんですよ。
      それでもよければ彼は今100高山完遂のため南アルプスをさまよってるんで、ぜひ現地に行ってみてください。
      ひときわ黒光りしたAV男優っぽいのが彼であります。

  • お疲れ様です。
    独自視点のギアレビューや山行、楽しく拝見させていただいてます。

    昨年は人の少ないテント泊ハイクを…と思い平日連休を取る事6回。うち5回が雨天中止、最後は降って沸いたようなお家騒動で中止。
    今年は2年連続の不幸を恐れ、東京カテドラル聖マリア大聖堂の方角に祈るフリをしてシーズンインしたにもかかわらず、7月8月と3連休が2回連続の雨天で悶絶の後厄オトコですが、同行したらどうなりますかね?

    こんな自分が応援すると良い方向に転がる物事もどうなってしまうか些か不安ではありますが、サイト制作、山行等々大変でしょうが頑張って下さい!

    • フさん!ありがとうございます!
      フさんも中々の「負」の連鎖の住人ですね。
      本厄でコレなんで、来年は多少いいかなと期待してるんですが、やっぱ後厄は後厄で悶絶レベルは変わらなそうですね…。
      多分同行してもらったら、逆に大快晴になるんじゃないですかね。その上で山頂に着いたら隕石が直撃するっていうすごいオチが待ってるかもしれません。
      今後も応援ください!負のオーラでもたくさん集まれば強烈な元気玉が出来上がるかもしれません!
      雑誌やウェブで爽やかな記事が乱立する中、白しか見れない者同士で精一杯傷を舐め合いましょう!
      今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。