ザ・ノース・フェイス 2018-19 秋冬新作商品

今回は、前回に引き続き「ザ・ノース・フェイス 2018-19 秋冬新作展示会」の模様をお伝えします。気になる商品が多すぎて今回の記事内では紹介しきれませんが、その中でも目に付いた注目商品を厳選してご紹介します。写真多めで進めていきますので、カタログ的に見てくださーい。



 

ここ数年、各メーカーが注力する「インサレーションウェア」。

その中でも、ダウンとフリースのいいとこ取りをした動的保温カテゴリーは、今シーズンも熱い!

THE NORTH FACEは「ベントリックス(Ventrix)」というアクティブインサレーションシリーズを展開する。

ベントリックスとは、シート状の中綿にスリットが入っていて、それが開いたり閉じたりすることによって、中の熱(ムレ)を放出するという画期的なインサレーション(化繊綿)のこと。

ベントリックスフーディ(Ventrix Hoodie)

注目のベントリックス(アクティブインサレーション)を使った行動用保温ウェアを紹介します。

まずは、ベントリックスフーディ。

バックパックなどで摩耗しやすい肩や袖にハードフェイス加工がされている。

「L」サイズ着用。

フーディじゃなくてジャケットモデルの方をお借りして着てみました。

173cm、72kgで「L」サイズ着用。

厚手のインナーを着ても問題ないサイズ感。

第一印象は「軽い!」

表面生地と中綿(ベントリックス)がストレッチするので、動きやすくて着心地がいい。

サラッ(ザラっ?)とした表面生地が、汗をかいても張り付きにくそうな印象。

襟の高さも絶妙。

生地がとってもしなやかなので、首も疲れにくそう。

着用している(VG)バナディスグレーのハードフェイス加工は、ブラックに比べ目立たない。

内側には通気口があり、抜けがよさそう。

ポケッタブル使用。

コンパクトに収納した時もちゃんとロゴがプリントされている。

Lサイズで実測273g。軽い!

モコモコしすぎないので、レイヤリングがしやすそうなのもGood。

ウォータープルーフブレーサビリティベントリックスフーディ(WPB Ventrix Hoodie)

写真が暗くてスミマセン笑

表素材にストレッチ防風防水素材のHYVENT®ESを使用した商品。

ストップ時にはスリットが閉じ保温モード。

行動時(ストレッチ時)には、スリットが開いて熱(ムレ)を排出するという、まるで呼吸するかのようだ。

173cm、72kg、「L」サイズ着用。

コチラはサミットシリーズ。

先程の「ベントリックス フーディ&ジャケット」と比べると、よりアウター色が強い。

このアイテムも内側に通気口が空いている。

今期モデルからナポレオンポケットに仕様変更され、より使い勝手が良くなった。

ファスナータブにもサミットマークが付いているのがニクい。

裾のドローコードは2箇所。

フロントはダブルファスナー。

なんとこのジャケット、縫い目がほとんどないんです。

ストレッチ性を妨げないオーバーラップ接着による無縫製のシームシーリング加工。

ノースさんの技術レベルの高さシャベーっす。

この商品もポケッタブル仕様。

重量は「L」サイズ実測431g。見た目よりずっと軽い!

グローブフィットワッフルハイネック(Globefit Waffle HighNeck)&フーディ。

動画内で説明をしてくれたマネージャーの大坪さんオススメの商品がコチラ。

「Whole Garment®️(ホールガーメント®️)」と呼ばれる特殊な編み機を使い、どこにも継ぎ目のない無縫製の立体的なシルエットのニットウェア。

3Dプリンターで作ったニットウェアってイメージしてもらったら分かりやすいかな?笑

「L」サイズ着用。

これは「欲しい!」と思いましたね。いや、買う。

デザインもシンプルでデイリーにも着れるし、何より着心地がいい。

それに、冬の登山でハイネックってアリだなーって思った。

折り返したタートルネックを伸ばせば、ネックウォーマー&ライトバラクラバ?にもなっちゃうしね。

ワッフル調の生地はフリース素材でも定評があるように、空気をたっぷり含んで温かいし、ムレにくい。

ポリエステル65%、毛35%で耐久性も高そう。洗濯にも気を遣わなくていいね。

サムホールも付いてて、お手々もあったか。

ミラージュサーマルクルー&シャツ(Mirage Thermal Crew)

個人的に気に入ったのがコレ。

ベントリックスを使った中綿入りシャツ&カットソー。

モコモコしたアウターを羽織るまでもないけど、ちょっと肌寒いなーって時に重宝しそう。

デイリーにも山にも使えそうだね。

同じシリーズのクルーバージョン。

「L」サイズ着用。

こちらはニットの編み目がプリントで表現されてる面白いデザイン。

首元のボタンと左脇のファスナーが着脱をアシストしてくれます。

着心地いいし、軽いし、暑くなりすぎないし、これもいいなー。







トータス(Tortoise)

ロールトップ式のデイパック。

表面生地はコーティングされ強度を高めた素材。

見た目に反して約600g(34L)と軽量。

シーム処理もされて、突然の雨に慌てる必要もない。

同じ素材のトートバージョン「ポストマン(Postman)」も使い勝手よさそう。

 

 

展示会場には他にも気になった商品が沢山ありましたが、とても1つ1つ説明を聞いて回るわけにもいかなかったので、これ以降は写真によるダイジェストでお楽しみください。

スタッフドシャツ

ノベルティーアルマディラフズジップフーディ

トランジット ボンバー ジャケット

ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン

アルティメットダウンフーディー

アルティメットダウンパンツ

Gore-Tex トランゴ パーカー

TNFロゴキャップ(左)、ファイブパネルキャップ(中)、TNFロゴフランネルキャップ(右)

バッドランドキャップ

ウインタートラッカーキャップ

 

ヌプシダウンテントブーティ

プロフィット85

 

2回に渡ってお送りしました「ザ・ノース・フェイス 2018-19 秋冬新作展示会」の模様、いかがだったでしょうか?

今シーズンも注目は、やはりインサレーションジャケットの動的保温カテゴリーではないでしょうか。

ダウンとフリースのいいとこ取りをしたノースフェイスの「ベントリックス」気になりますよね?

今シーズンBBGでもフィールドテストしてレビュー出来たらと思ってます。

それにしても、山でも街でもボーダレスに着られるノースさんのデザイン性の高さはさすが!

物欲を抑えるのに必死です笑

以上、アツシオガワがお送りしました。

押忍!

 

4 件のコメント

  • 押忍!
    展示会お疲れ様でした。

    ベントリックスフーディとグローブフィットワッフルハイネックは買ってしまいそうです・・・
    ノース製品かっこいいのが問題で、自分の物欲センサーにひっかかりまくってしまう(笑)
    デイリーでも使えていいので買っても損ではないのですが、数が多くて破産寸前!

    今年は自重しよう・・・といいつつ、すでに結構買ってしまっている実情
    とりあえずCEOとおそろいのでも買おうかな!

    • 海苔さん、押忍!お疲れ様です!

      すいません、物欲スイッチ刺激しちゃって・・・笑

      ノースってデザイン性の高さから街着として人気がありますが、機能性を疎かにすることなく、ちゃんとリアルなフィールドで使える商品なのが素晴らしいですよね。
      それと、欲しいときに手に入る供給力も素晴らしいと思います。
      需要と供給のバランスは難しい問題ではあると思いますが、どれだけいい商品でもあっという間に売り切れて手に入らないんじゃ・・・ねえ。
      供給力が素晴らしすぎて、散財難民が増えているのも深刻な問題ですが笑

      グローブフィットワッフルハイネックは、開発担当者の方がイチオシするだけあって、かなり使えそうでしたよ!
      とりあえず、おそろいで「グローブフィットワッフルハイネック」いっときますか!笑

  • 押忍!!

    今シーズンのノースさん、かなりイケてますね~~
    街着でも行けちゃうから客層が広いだけに、価格帯が上がって来ている様な
    気もしますが、そこを補えるデザインは流石ですね。

    インサレーション系は日進月歩で、毎シーズン進化してきてどのメーカーも
    素晴らしく、正直どうなの?結局どこのが買いなの?って感じで迷いますね。
    最終的には好みなのか!?

    正直、行動着としてはドライナミック+パワーグリッド+ウィンドシェルで
    ある程度は良いじゃね?って思ってて、昨シーズンは選び切れなかったんですよね。

    ベントリックスに関しては以前BBGでも取り上げている「プロトン・アトム系」「ナノパフ・エア系」との
    違いも気になりますし、フィールドレビュー期待しちゃいます!!

    たわば!!

    • 呉 竜府さん、いつもありがとうございます!押忍!

      秋冬のノースさんもやばい商品盛り沢山です。
      展示会でハァハァを抑えるのに必死でしたよ笑

      最近は僕も山でしか着ない(着れない)高価なウェアは選ばなくなってきました。
      これなら街で着れそうだな。っていうのがウェア選びの基準になりつつあります。
      シーズン中に何回行くか分からない山だけのために数万円もするウェア買うのもったいないっすもんね。
      街で着れることを思えば・・・を口実(説得材料)に散財ロード一直線です笑

      >正直、行動着としてはドライナミック+パワーグリッド+ウィンドシェルである程度は良いじゃね?
      僕もその組み合わせが最強だと思います!(厳冬期以外)
      特にポーラテックのパワーグリッド(パワーウールグリッド)は素晴らしいっすよね。
      R1に変わる対抗馬の存在が出てこないので、結局今年の冬もR1が活躍しそうです笑

      「ベントリックス」「プロトン」「ナノエア」の比較は確かに気になりますよね!
      BBGの経済状況とも相談しながら検討したいと思います笑

      たわば!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ