アディダス「TERREX AGRAVIC」vs ニューバランス「Fresh Foam Hierro v3」比較レビュー

「アディダス」と「ニューバランス」、両メーカーともランニングシューズでは支持されているにも関わらず、トレランシューズではイマイチ知名度&人気の低い両者。メジャーブランドというだけで避けられているのか、クオリティの問題なのか。そのあたりを京都トレイル&箱根ガイリーン、近所の里山でチェックしてきました。クソおせえくせにレビューしてスミマセンm(_ _)m



選んだ理由

  1. 履いている人が少ない。
  2. メジャーブランドを試してみたかった。
  3. 海外で評価が高い
  4. GORE-TEXじゃない

日本国内で人気のトレランシューズと言えば「inov8」「HOKA ONE ONE」「ALTRA」「SALOMON」「La SPORTIVA」「montrail」などを思い浮かべる人が多くいると思う。

実際にどのメーカーも素晴らしいシューズが多く、人気なのも納得なわけだが、BBGっていうひねくれもんサイトは「あえて」という言葉が大好物である。

そう、今回はあえてメジャーブランドの「アディダス」「ニューバランス」をチョイスした。

素直に人気シューズを取り上げればアクセス数も伸びるだろうに…。

とは言え、決して天の邪鬼精神だけで決めたわけではない。

アディダスは海外での評価も高く、僕の周りでも「いいよ!」って声が多くあったので、是非一度試してみたかったのである。

ニューバランスは見た目で選んだところが大きい笑

トレランシューズっぽくないデザインに惹かれてしまった。

④を選んだ理由は、そもそも天気の悪い日(雨が降ると分かっている日)には行かない。というのと、GORE-TEXだとムレるし、乾きが遅いという理由。

重量

アディダス「TERREX AGRAVIC(テレックス アグラビック)」317g(26.5cm)

ニューバランス「Fresh Foam Hierro v3」347.5g(26.5cm)
※日本での商品名は「FRESH FOAM HIERRO M D3」となっていましたが、本国の「Fresh Foam Hierro v3」で表記させていただきます。

最近のトレランシューズの中では重たい部類に入るが、それでも十分軽い。

グリップ対決

まずはそれぞれのアウトソールから紹介する。

アディダスは、ドイツの有名なタイヤメーカーである「Continental(コンチネンタル)」社のラバーを採用している。

日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、ドイツの高級車も採用する世界シェアTOP5に入るタイヤメーカーである。

アディダスは、2009年から今日まで長きに渡りコンチネンタル社とタッグを組んでおり、その信頼性の高さが伺える。

マウンテンバイクのタイヤををイメージしたというソールパターンは路面をがっちり捉えてくれそうである。

ラバーは柔らかめで、初めて会社のフローリングの上で履いたときには歩くたびにネチャネチャするため「糊でも付いてるのか?」って思ったほど。

対するニューバランスは、BBGの大好物 ビブラム社の「メガグリップ」。

滑らないソールの代名詞とも言えるメガグリップは、今現在多くのシューズで採用されていることから分かる通り、信頼と実績はNo.1といっても過言ではないだろう。

ソールパターンは、多方向へのグリップを意識した六角形のハニカムパターン。

では、実際にフィールドでのグリップ性能はどうだったのか?

グリップ対決は「アディダス」に軍配!

初めてコンチネンタルラバーを体験したが、このグリップ性能はヤバい。

特に下りでのグリップ力は素晴らしく、ズルっと行くのはいつもニューバランスの方だった。

左右異なるシューズを履くと性能差がよく分かる

ただし、メガグリップの性能が劣るというわけではなく、ソールパターンの差が大きいように感じる。

ニューバランスも、もう少しラグの深い矢じり型パターンであれば、結果は違っていたかもしれない。

全く滑らないということはなく、濡れた木の根や倒木などは、両シューズとも滑った。

ラグが深い分、落ち葉の上やぬかるみなどでは明らかにアディダスの方がグリップした。



クッション性対決

アディダスは、ランニングシューズでも定評のある「ブーストフォーム」がミッドソールに使われている。

下の凹凸のあるミッドソールが「ブーストフォーム」

「ブーストフォーム」の特徴は、高いクッション性と反発力。

整地されたロードを走るランニングシューズには、全面にこのブーストフォームが使われたモデルもあるが、フワフワするため、トレイルモデルは安定性を高めるためEVAとのハイブリッドになっている。

対するニューバランスは「フレッシュフォーム」というハニカム状の凹凸が付けられたミッドソール。

凸部分はつぶれにくいことで安定性を、凹部分はつぶれやすいことでクッション性を発揮できるよう足圧データを元に凹凸デザインを戦略的に配置することで、安定した着地と蹴り出しを可能にするというミッドソール。

アディダスの「ブーストフォーム」と素材こそ違うものの、クッション性と反発力に注力した素材だということは一緒である。

実際に履き比べてどうだったのか?

クッション性に関してはニューバランスに軍配。

肉厚なフレッシュフォームは、とにかくクッション性が抜群。

僕のような体重のある人間が京都トレイルや箱根外輪山のような長距離を走っても足へのダメージがほぼ無かったのは、高いクッション性のおかげだろう。

しかし、このフワフワなクッション性も一長一短。

急な下りで勢いよく体重をかけると、ぐにゃり感があり、若干安定性に欠ける。

着地の安定感で言えばアディダスのほうが優れている。

柔らかすぎない、コシのあるクッションは、体重の乗った激しい下りもブレを感じず、着地がしやすい。

ロングハイクであればニューバランスのクッション性は非常に足に優しいが、少し攻めたランではアディダスの方が地面の状況を把握しやすく、走りやすかった。

フィット&ホールド対決

まず僕の足型は「甲高・幅細め(ワイズE・ギリシャ型)」で普段26〜26.5cmの靴を着用。

ミッドソールが大きく広がった形状になっているため、一見ニューバランスの方が幅広に見えるが、実際はアディダスと同様、ワイズは若干細め。

両シューズともサイズは26.5cmで幅はジャスト。

つま先に若干の余裕がある。

アディダスはこのシューレースデザインが意外に効いていて

足先部分をしっかりフィットさせてくれる。

EVAシュータンは、はじめ「この薄さで大丈夫かな?」と思ったが、全く問題なし。

と、つま先から甲までいい感じのフィット感だったにも関わらず、残念なのがかかとのホールド感。

ヒールホールドの作り込みが甘く、かかとが浮いてしまう。

とても良くできたシューズだっただけに、この点だけが非常に残念である。

ニューバランスの方は、いい意味でルーズ。

このアッパー素材は、ちょっとムレる。

「HYPOSKIN」というフレキシブルな素材のアッパーは、締めつけ感が強すぎず、指がよく動く。

つま先のルーズな感じとは裏腹に、甲の締め付けはややきつめ と言うか低め。

若干甲高気味の僕の足だと、紐をキツめに締め長時間履くと足が痛くなってしまことがあった。

ヒールホールドの出来は素晴らしく、かかとが浮いてしまうようなことは全く無い。

もう一つ素晴らしいのが、靴下が取り付けられているようなデザインの履き口。

隙間なくピッタリフィットするので、砂や小石が入ることもなくゲイターいらず。

パックラフトで遊んだときにも履いたが、砂利が入ってくることも一切なく、快適だった。

濡れた岩には強いメガグリップだけあって、川遊びでも積極的に使えた。

ただし、苔の上は滑るので注意が必要(あたりまえか笑)。

耐久性対決

両シューズとも耐久性は高く、アッパーが破れたり、ソールが剥がれたりすることは今の所 全く無い。

ただ、ニューバランスの方は、若干アッパーの素材が緩く?伸びて?きている気がする。

一方、アディダスはと言うと、全くと言っていいほどダメージを感じない。

100km近く走ったシューズとは思えないほど、アッパーに折れぐせが付いたりヨレたりすることなく、ピンと美しいまま!

冒頭であげた人気ブランドのシューズでも、接着が甘かったり、接着の糊がはみ出していたり、すぐに破れてしまったりと、ガッカリすることが少なくない。

それに比べ、このアディダスの「TERREX AGRAVIC」は、靴としての完成度(クオリティ)がめちゃくちゃ高い。

壊れる気配が全くしない。

ということで、耐久性対決は「アディダス」に軍配。

やっぱりアディダスのような超巨大ブランドともなると、資本力が並のシューズメーカーとは桁違いだと思うんです。

莫大なデータ収集から研究開発費をかけて企画したシューズを、高度な技術を有する生産工場で形にする。

いやー、アディダスクオリティには恐れ入りました。

まとめ

メーカーアディダスニューバランス
アイテム名TERREX AGRAVIC Fresh Foam Hierro v3
アイテム画像
メーカー価格15,000円+税13,500円+税
サイズ24.0〜32.0cm25.0〜30.0cm
カラー コアブラック DARK GRAY
BUY NOWUS New Balance

※写真クリックでメーカーHPへ
※ニューバランスはすでに国内で販売していないようなので、海外オフィシャルページへ

履いてる人が少ないという理由から選んだ両シューズでしたが、思っていた以上にいいシューズでした。

ニューバランスは圧倒的なクッション性とトレランシューズっぽくないデザイン。

アディダスは、かかとの浮きさえなければ、レースでも使えるクオリティだと思います。

若干カラーが異なるため、甲乙つけがたいですが、トレランシューズとして履くなら僕は「アディダス」を選びます。

高いグリップ性能と耐久性・靴としての完成度の高さは素晴らしいと思いました。

みなさんもスポーツ量販店で扱っているというだけで、メジャーブランドを軽視していませんか?

変な固定観念は捨ててみましょう。

そうすれば、きっと良いシューズに巡り会えると思います。

個人的には、今後アディダスは要チェックだなー。

以上、アツシオガワでした!

押忍!

19 件のコメント

  • アウトソールの形状とラグの深さで グリップはかわりますね
    過去の私は メガグリップならOKという思い込みで アプローチシューズを購入
    石。岩オンリーなら良いのでしょうが 土面はまったく 役立たず・・・・
    とても 勉強になった記憶が あります・・・・
    下りの時 靴の中で 足が前行くのを止めるには 足の甲の紐で押さえる。もしくは アルトラシューズのようにマジックテープの押さえが付いてるものなら最高って 思います。
    厚底・クッションアリアリタイプを卒業して 裸足にめざめた アホの小さな 意見でした(^0^)
    いつも 勉強になっております。
    『おおきに~☆』

    • いつもありがとうございます!
      確かにメガグリップなら滑らないって思われがちですが、メガグリップ+ソールパターンが重要になってきますよね。でもやっぱり濡れた路面でのメガグリップは違いますね、他社のアウトソールより明らかに滑りにくいです。メガグリップでラグの深いソールパターンだと、HOKAの「SPEEDGOAT 2」は良さそうなんで、履いてみたいですね。
      IKUOさんは、確かVibramの5フィンガーでしたっけ?あんなマゾシューズ履いたら、僕の足は一発でご臨終です笑
      でも、体への負担を減らすベアフットランニングには興味というか、習得してみたいんですが、そのためのトレーニングが大変そうなんで、これからもクッションありありシューズに頼っていこうと思います笑

      • 今の、ランニングフォーム完成まで 1年と4か月かかってます。習得知識は みやすのんきの大転子ランニグより
        友人のトレーナーから 間違っていないか確認しながら指導して頂いたおかげです。
        今、登山へいってもトレランへ行っても 翌日の筋肉痛は ほぼ 感じません

  • このニューバランスめちゃくちゃカッチョいいですね〜。でももう国内で販売されてないとは・・・残念(TT)
    私もアマノジャッキーなのとナイキ好きが相まってナイキのテラガイガー4履いてます。まだ藤原岳と近所の低山しか行けてませんが、私にはシンデレラフィットでもう一足色違いで欲しいぐらいです(^^)

    • コメントありがとうございます!
      このニューバランスカッコいいっすよねー。完全に見た目で買いました笑
      見た目で飛びついた割には、良いシューズだったんで満足してます。
      nagakenさんもジャッキーなんですね笑
      僕も今回紹介した2足を買う時にNIKEも候補に挙げてました。テラガイガー4もカッコいいですね!グリップ性能はどうですか?気になりますー。

      • テラカイガー4でしたね。すみません。
        山には晴れの日にしか行ってないので、グリップ力には問題ありませんでしたが、普段履きの街中の石敷きが濡れているようなところですら滑る感じがするので、グリップ力にキビシイBBGの皆様には速攻でダメ出しされること請け合いです(^^)
        ただニューバランスやアディダスの多くのシューズでワイズの合わない私にとっては、グリップ力よりもこの履き心地には変えられないと思っております(`_´)ゞ
        幅広甲高の方は一度試してみる価値はあるとは思います(^^)

        • シンデレラフィット>グリップ力
          これは間違いなっすね!足にあってなかったらグリップもクソもないっすもんね^_^
          ここ何年もNIKE履いてないんで、久しぶりに履いてみたいなー。
          NIKEって足入れ感いいっすもんね。
          甲高の人は要チェックっすね!
          またコメントいただけたら嬉しいです!押忍!

  • 押忍!
    NEW BALANCEのレビュー待ってました。
    ロングハイクだと、下りでフニャフニャするのはどうなんだろう…。疲れにくい方を優先すべきか悩みますね。疲れると足首グリッチョしちゃうけど。
    大げさじゃないゲイター機能はゴイスーですね。
    TERREXはずっとメインシューズだったので信用してました。agravicも戦えそうですね。冬にはミッドカットのインサ入り買おうかな。

    現在はベアフットサンダルの魅力にやられちまったので、どこに行くのもXEROSHOESになっています。でも、ランだと快適だけど、荷物重いハイクだと下りきついんですよね。ジェネシスはマジでマゾ仕様。落ち葉、ゲリ道は親指突っ込んでグリップ!。
    しかし、足指のびのび育ちすぎて、アルトラ履いても「フットボックス狭っ!」ってなっちまいましたよ。

    がっちりシューズで細かいことをねじ伏せて、岩稜や階段を勢いよく駆け下りたいなー。

    • 押忍!
      HOKAもそうなんですけど、クッション性の高いソールって足への負担は少ない半面、足裏の感覚が鈍く?なるので、登りはまだいいにしても、下りはやや歩き(走り)にくいですね。
      あのゲイター機能はまじでいいっすよ!
      今回のテストでTERREXのポテンシャルの高さに驚いたんで、僕もFP用にミドルカット欲しいなー。
      「TERREX FAST MID GTX-SURROUND」とか気になります。
      最近ベアフットサンダルで走ってる方見かけますが、すごいなーっていうか、俺には無理だなーっていつも眺めてます。実際慣れるもんですか??僕もルナサンで走ってみようかな。

      • 押忍!
        ユーコンさんもウマラZトレイでレビューしてましたが、サンダルランは別なアクティビティとしてやってみたら、取っ付きやすいですよ

        TERREXを履いてるとどうにも肩身が狭かったので、BBGで評価されて嬉しい限りです

        • そっか、別の(男塾)アクティビティだと思えばいいっすよね。
          いつもの裏山で走ってみよー。
          僕はやってそうな人がアディダス履いてたら「お!」って思いますけどね。
          周りに流されてなくてかっこいいZ!ってね笑
          シューズとしてのクオリティの高さは素晴らしいと思うので、足が合えば是非みんなにも試してもらいたいっすよね。

  • レビューお待ちしておりました!有難うございます!

    レビューを見てからと思っていましたが、待ちきれず買っちゃいました笑
    それも3種類(TERREX AGRAVIC Gore-Tex、TERREX AGRAVIC SPEED、TERREX TRACEROCKER)

    ヒールホールドの作りこみに関しては同感です!残念ながらブーストフォームの恩恵は感じなかったです。
    あと前半分部分のソールが少し薄く感じました。よく言えば路面状況を掴みやすい(悪く言えばほんの少しだけ痛いときがある)。

    ゴアタイプを購入しましたが、現時点では蒸れを感じたことはないですね。靴を脱いだ時に「少~し湿ってるかな?」と気づく程度でおさまってます。(使用環境は気温23℃~30℃、基本晴れ(雨が降った翌日含む)、里山、粘土質)

    グリップ力には満足しています。ただ、AGRAVICよりTRACEROCKERの方が自分はいいと思ってしまいました。
    ヒールホールド、ソールそしてグリップ力も上のような気がします。
    ソールパターンはよりホカに近い矢じり型で、AGRAVICより深く段差も作られており、地面にグイグイ食い込んでいくように思います。ソールもAGRAVICより柔らかく感じました。実際、斜度のきつい磨耗した岩で両方試しましたが、TRACEROCKERの方が滑りにくかったです。

    とうことで、現在はTRACEROCKERをメインに使っています。SPEEDは最近購入したのでまだ試していませんが、よりラン向きな商品なようなので走らない(走れない)自分にはあまり合わないような気が…(いい意味で裏切ってくれれば)

    デザインはAGRAVICが好きなんですけどね。何故かTRACEROCKERの方が自分に合ってしまいました。すみません笑
    これからも様々なギアのレビューを楽しみにしています!(あぁ、ニューバランスの実物を手に取って見たかった。)

    • レビューが遅くなってしまい、ごめんなさい笑
      3種類も買われたんですか!!すごい!笑

      TRACEROCKERのラグ深くてグリップ効きそうですね!しかもグレーの方タイプ♡
      しかもしかもセールにかかってて安い!楽天でも安い!!
      これでミドルカットだったらFP用に購入したかもなー。いや、購入しちゃおっかなー笑
      濡れた(湿った)路面でも滑りにくいですか?サイズ感はどうですか?公式の口コミを見ると他のアディダスより小さそうな印象ですが。

      僕の足ムレレベルは国内トップクラスだと思うんで、登山靴はゴア使ってますが、とんでもなくムレます笑
      足がふやけるぐらいムレるので、濡れなくても濡れたみたいになるので、ゴアの意味あんのか??っていつも思ってます笑

      ニューバランス、取扱店舗もなくオフィシャルサイトでしか購入できないという、幻のシューズでした笑
      海外であれば普通に売ってる商品なんですけどね・・・。
      またギア選びの参考になれば幸いです!

      • アツシオガワさん、こんにちは!

        鈍感な人間なので参考にならないかもしれませんが、サイズ感はAGRAVICと同じように感じました。
        ただ、以前履いていたアディダスのスニーカーより0.5㎝大きいサイズの購入となりました。

        う~~ん、AGRAVICよりはグリップがあるように自分は思います。粘土質の山なので濡れていると滑るのですが、大きく滑ることはないです。「ズルッ」ではなく「ズッ」という感じですかね(分かりにくくてすみません) あとは苔むした岩、濡れた細い木の根(靴の大部分が乗るような太い根だとそんなに滑った記憶がないです)、ぬかるみまくった道などでは滑りました。しかし、手をついたりするほどバランスを崩したことはないですね。まぁ、自分は走らないので笑

        そうなんですよ!すごい安かったんですよ!だからTRACEROCKERを買ったのです笑
        「3000円もしないし、ダメでもともと、試しに買ってみようか」という気持ちだったのですが、自分にとっては当たりでした笑

        • そこをなんとかさん、こんにちは!
          履き比べてらっしゃる そこをなんとかさんが感じられた感覚はリアルなご意見だと思いますんで、間違いないと思いますよ!
          この価格でグリップもヒールホールドもいいとなれば「買い」じゃないですか!!
          もー、このアースカラーもかっこいいし…買い物かごに入れちゃったじゃないですか〜 ポチる寸前っす笑
          他にもお気に入りのアイテムあったら教えて下さーい!

  • いつも素敵なレビューありがとうございます!

    new balanceのシューズかっこいいですなー。
    ただ、自分の足型が3Eの甲高なもので
    細身テイストの靴はことごとく選択肢から外れてしまうのです・・・

    そこで敏腕CEO様!
    ぜひ甲高幅広タイプの足型に合うシューズのご紹介を・・・!

    基本ショップに行ってもあー、この足だとここからここまでかな?とか
    これか、これかな?しか言われないのです・・・
    あの靴かっこいいー!けど足が合わない・・・
    そんなものばかりです

    くだらない話で申し訳ないです!
    更新いつも楽しみにしております。

    • 海苔さーん、いつもありがとうございます!
      欧米のメーカーが作るシューズは、どうしても甲が低いシューズが多いので、僕もなかなかシンデレラフィットのシューズに出会えません(T_T)
      見た目が気に入らないと試しもしないっていう「とんがり坊や」なんで余計見つかりません。
      逆に見た目が気に入れば、多少足に合わなくてもごまかして履いちゃうんですけどね笑
      足型別分布表みたいなのあったら買う時の参考になりますね。
      各メーカーが使ってる足の木型見せてくれないかなー。無理か笑
      甲高幅広の足に合うよさそうなシューズがあったらピックアップしますねー!
      今後もBBGを宜しくお願い致します!

  • “夢の素材”として今後幅広い分野での活躍が期待される
    グラフェン(GRAPHENE)

    2010年にノーベル物理学賞を受賞したこの素材は
    鉄の200倍の強度がありながら
    曲げ伸ばし・折り畳みが可能かつ
    原子一層分の薄さと軽量性をもつ

    グラフェン を 搭載した世界初 の シューズ が
    この夏 inov-8 から発売される

    2018年7月18日(木)世界同時発売 みたいですよーーーみなさーん

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ