ビッグアグネス「フライクリーク HV UL 2 EX」1stレビュー

軽量テントの代名詞となりつつあるビッグアグネスのフライクリークシリーズ。
今回はバージョンアップした日本仕様の「HV UL 2 EX」をチョイスして北アルプスのテン場でテスト。軽さを優先して居住性(快適性)は我慢してきたアナタ!快適性を重視して軽さは二の次にしてきたキミ!ビッグアグネスから朗報です。



BigAgnes Fly Creek HV UL2 EX

まずはスペックから見てみよう。

定員 2名
使用サイズ(cm) 218×132~107×102
収納サイズ(cm) 14×35(ポール別収納:45cm)
総重量 1160g
素材 ●フライシート&フロア:リップストップシルナイロン(1200mm)
●インナードア:ハーフメッシュ&フルクローズナイロン
付属品 DACフェザーライトNFLポール、アルミペグ×11、自在付リフレクティブガイライン

 

ほんでは、総重量に偽りナシかBBGチェックいきまっせ!

フライ+インナー=777g!いいことありそう♥

ポール233g!特にいいことはなさそう。

ってことで総重量1010g!軽い!!

ペグは各々持っていく本数やタイプも違うんで総重量からは除外ね。

ストイックに軽量化したいならメッシュやバックルが付いた付属の収納袋使わずに、シンプルなテロテロ袋使えば数十グラムは軽量化できそう。

ポールと一緒にしてパッキングすることってほぼない気がするから、せっかくの軽量テントだし余分なドッキングステーション省いてほしかったかも。

にしても、二人用のダブルウォールでこの軽さはやっべっぞ。

 

設営風景

では実際に設営してみましょう。

まずはグラウンドシート(フットプリント)をひきます。

ケチらずに純正のフットプリントを購入するとフライだけで張ることもできます。

インナーをセットしたら四隅をペグダウンします。

この時ピンピンにテンション張ってペグダウンすると張りにくくなるんで、ちょっと緩めにするのがポイント。

そしたらポールをセットします。足元側は一本足のいわゆる半自立タイプ。

インナーはポールにフックを掛けるだけ!

あとはフライかぶせてインナーとバックルでカチッと接続して、各ガイラインのテンションをかけるだけで完成。

なんの迷いもなくサクッと設営できます。







 

特徴

足元には唯一クローズできないメッシュ

ポイントは丸印を付けた部分。

今回のバージョンアップしたHV(ハイボリュームの略)モデルから、ここのポールを曲げたことにより、足元が垂直気味に立ち上がり以前のモデルより足元の空間を確保したのだ!

さらに、ちょっと分かりにくいけど、ハブの位置を前に持ってきたことにより。入口側も垂直気味に立ち上がりヘッドクリアランスがめちゃめちゃ広くなった!

いきなり背景が会議室になったのはスルーしてね♥

あぐらをかいてもこの余裕!

天井が高いって気分がいい。

 

前面のメッシュを閉じることができるのも日本別注仕様。

風が強い時はメッシュを閉じることができるだけで安心感が違うね。

寒くなければガバッと開けちゃって通気性良くすれば結露対策もバッチリ!

 

居住性

二人用なので一人で使うとかなり広々使える。

広々空間に一役買っているのがインナーとフライを結合させる二箇所のフック。

フライにテンションを掛けると一緒に中のインナーが引っ張られて空間が広くなるという工夫もされている。

天井が広く前室も十分なスペースが有るため、雨が降ったこの日もテント内で快適に調理することができた。

前室に足を投げ出し、ふんぞり返って食事することもできる。

とても1kgのテントの中とは思えない快適性である。

テンションが上手くかかっていないため狭く見えるが、実際はもう少し広い。

二人で使おうと思うとやっぱり広々快適〜とはいかないが、前室に二人分の荷物を置いちゃえば全然寝れる。

前室に二人分の荷物を置くと出入りが少々大変ではある。

出入り口も一箇所しかないので、個人的には一人で広々使うのがオススメかな。

でも大好きなハニーやワイフとくっついて寝たいって人にはいいかも。

仲がいいからってニャンニャンし始めて、君のビッグアグネスが暴れることのないようにだけ十分注意していただきたい。

 

収納スペース

出入り口付近の両サイドに収納スペースがある。

以前紹介したチヌーク1.5Pのようにダリーンとなることもなく、それなりに容量もあるので非常に使い勝手がいい。

ビッグスカイ チヌーク 1.5P ファーストインプレッション

2017.05.17

天井にも一箇所収納スペースがある。

 

まとめ

一人で使う分には大きな不満は何一つなかった。

あえて言うなら極薄生地の耐久性が気になるところではあるが、普通に使っている分には早々破れることなんてないだろう。

ダブルウォールでメッシュも閉じることができ、天井も高く広々空間。

前室も広く、収納スペースもしっかりあってわずか1kg!

この軽さでこの広さはやべっぞ!

 

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

2 件のコメント

  • ちょっと前のモデルを使っていますがホントいいテントですよね!ツェルトやらシングルウォールやらと迷走した時期もありましたが結局こいつに落ち着きました。最新のはフレームが変わったんですね~。初代から少しずつアップデートを繰り返して軽くしたり居住性をアップしてるみたいで、とても職人気質で良心的なメーカーですよね。私も付属のスタッフサックには疑問を感じていたのですが笑 自転車旅が好きな友人がフレームにくくりつける時はアレ便利だよ~、と言っておりました笑

    • こんにちは!コータローさんもフライクリークの使い手でしたか!
      いやー、シェルターやらツエルトやら軽さを追求しだすと沼が待ってますよね笑
      結局、特に不満のないフライクリークがBEST BUYじゃないかと僕も思ってます。特に日本仕様にアップデートされたこのモデルは陵南の「仙道彰」並にスキがありません。
      「広い・軽い・そんなに高くない」と、とてもいいテントなので、UL思考じゃない人にも是非使ってもらいたいですね!
      スタッフサックなるほどです。最近バイクパッキングも流行ってますもんね!あれはあれでニーズがあったんですね笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ