345gの超軽量化繊シュラフ「OMM MountainRaid 1.0」徹底レビュー

超軽量シュラフシリーズ第1弾!「重い・かさばる」が代名詞だった化繊シュラフにキワモノ登場!わずか345gの超軽量化繊シュラフ「OMM MountainRaid 1.0」。こんなにペラッペラで大丈夫なのか?化繊シュラフ童貞のアツシオガワが夏のアルプスを中心に沢泊から結露祭りのシェルター泊まで体当たりレビューします!



スペック

まずはメーカーの公表値を確認していこう。

クリックでメーカーHPへ

重量 380g
サイズ 全長205×肩幅65×足幅35cm
収納サイズ 22×15cm
生地 Point Zero
中綿 プリマロフトGOLD(表面60g、背面40g、足下60g)
価格 30,000+税
快適温度 +17℃
下限温度 +14℃
極限温度 +3℃

重量

化繊シュラフと言えば「重い」「かさばる」が常識だったはずなのに・・・

こんなにコンパクト!

重量はなんと

メーカーの公表値から35gも軽い「345g」!!

化繊でこの軽さはやばいでしょ!

ちなみに、同じスタッフサックにスペック的に近そうな「イスカ エア150X」「SEA TO SUMMIT SP1」を入れて重量をはかってみた。

 

分かりやすいようにわざと中身飛び出させてます。

「イスカ エア150X」が375.5g。(OMMとの差 +30.5g)

「SEA TO SUMMIT SP1」が376.5g。(OMMとの差 31.5g)

両シュラフともにメーカー公表値の重量ではOMMより軽かったので、この結果には驚き!

OMMはメーカー公表値「345g」にしたらもっと売れるかも!?

生地&中綿

生地には「防風性」「撥水性」「熱伝導率」に優れたOMMオリジナル素材の「Point Zero」を使用。

表面はしっとり系のツルツル系でとにかくしなやか。

実際には撥水力はそこそこでしかないので、表面生地の撥水力を高めたい場合は撥水スプレーを使用するといいだろう。

防水・撥水スプレー最強決定戦!徹底比較テスト2017

2017.09.10

中綿には「プリマロフトGOLD」を使用している。

プリマロフトGOLDは濡れた状態でも通常の保温力の90%以上を保つという羽毛に代わる超微細マイクロファイバー素材。

GOLDはプリマロフトの中で最高の保温力を誇る。

柔らかく保温性に優れ、水にも強いインサレーション。

現在、様々なODメーカーが化繊ジャケットなどに使用するハイテク素材である。

このプリマロフトGOLDを表面と足元には分厚めの60g、背面はロフトが潰れてしまうので40gのシートが使い分けられている。

入ってみた感じ

軽量化のためにかなりシェイプされたデザインなので、窮屈かなーと思っていたが、特にストレスを感じるほどではない。

おデブちゃんのユーコンにも入ってもらった

アツシオガワ
どすか?
ユーコンカワイ
うん、見た目より窮屈な感じはないね。ジッパーも短めだけど入るのに苦労することはないね。
ユーコンカワイ
ただ、ペラペラで不安感がすごいね・・・。
アツシオガワ
デブなのに寒がりっていう面倒くさい体質ですもんね。
ユーコンカワイ
俺はアルプスで使うには躊躇しちゃうな・・・。
アツシオガワ
フットボックスもちゃんとあります。
ユーコンカワイ
冷え性の私にはありがたいです。
アツシオガワ
相変わらず顔デカめっすね。
ユーコンカワイ
顔面デカ男でもちゃんと入れるよ。ってオイ!

一般的な化繊シュラフのメリット・デメリット

メリット

  • 濡れても保温力が落ちにくい
  • 手入れ(洗濯)がしやすい
  • ダウンのように偏らないのでコールドスポットが少ない
  • 乾きが早い
  • 安い

デメリット

  • かさばる
  • 保温性が低い
  • 重い

一般的なメリット・デメリットはこんな感じだが「MountainRaid 1.0」には当てはまらない点がいくつかある。

①安くない

通常化繊シュラフの方が安いイメージだが、ハイクオリティなプリマロフトGOLDを使用しているため「¥30,000+税」と同スペック程度のダウンシュラフよりも高い。

②軽くてコンパクト

かさばって重いというのは当てはまらない。

ただし、軽量化=保温力低下を意味するので、この軽さの化繊シュラフでどこまで対応できるかが気になるところだ。

フィールドレビュー

では実際にフィールドでの使用感をレポートします。

使用したフィールドは以下の通り。

  1. 7月末 南アルプス 長衛小屋テン場

    べっちょり結露のシェルター内でも化繊は安心して寝られる。

  2. 8月上旬 北アルプス 烏帽子小屋テン場

    この日は朝晩も15℃と高めだったため、パンツいっちょで寝られた。上半身はちゃんと着てます。

  3. 8月下旬 南アルプス大縦走

    10℃以下になってくるとさすがに少しアンダースペックに感じる。

  4. 8月下旬 前鬼川 河原

    シュラフカバーもせず、朝まで爆睡。インサレーションJKは着用。

  5. 9月上旬 北アルプス 唐松五竜 五竜山荘テン場

    猛烈な結露と朝晩は5℃まで冷え込んだが、インサレーションJKとシュラフカバーでなんとか寝られた。この日はマットがペラペラだったため背中が寒かった。

皆さんが一番気になる「こんな軽くてコンパクトな化繊シュラフで寝れるの!?寒くない!?」ってとこですが、僕的には十分アルプスでも寝れました!

ただ前提条件として、化繊のジャケットを着てということになります。

どのフィールドでもテン泊するときには何らかの防寒着は持って行くので、特別な条件ではありませんが。

使用する前は「夏の低山用かなー?」なんて思ってましたが、なんのなんの、以外と夏のアルプスでも大丈夫です!

ただ、この辺の体感温度的なものは、ものすごく個人差がありますので誰でも大丈夫という訳ではありませんが、比較的寒さに強い僕は上記のシチュエーションで寝ることができたのは事実です。

僕の感覚では少し厚めのインサレーションJK(OMM MountainRaid Jacket)着用、シュラフカバー(SOL プロヴィヴィ)なしの場合で快適温度域は12〜15℃。

シュラフカバーを併用すると快適温度域は12〜7℃。って感じでしょうか。

どんなマットに組み合わせるかにもよるので、あくまで参考までに!

 

Good

これだけ軽くて温かいのにはダウンシュラフには真似出来ないGoodポイントがあります。

  1. ダウンのようにキルトボックスの中で偏ることがないのでコールドスポットができない。
  2. シート状のインサレーションが導入されているため、キルトボックスを必要とせず縫い目が最小限ですむ。

この2点は化繊シュラフにしかできないアドバンテージ。

ダウンシュラフは、ダウンを閉じ込めるためにボックスを作る(縫製する)必要があり、若干の重量アップにつながってしまう。

一方、化繊シュラフは偏りや抜ける心配がないため縫い目が最小限で済み、軽量化&コールドスポット減につながっている。

 

NoGood

唯一気に入らない点は「ジッパー」。

45cmしか開かないが、特に出入りに問題はない。

ジッパーの位置もここは開け閉めがしやすく、とてもいい。

ただSP1のように内側からも開けやすいジッパーになっていないので、上まで閉じた状態の時に開けにくいのなんのって!

内側からジッパーを下ろせないから、わずかな隙間から手を外に出してジッパーを下ろさないといけない。

SP1のジッパーはちゃんと内側から上げ下ろしがしやすいジッパーになっている。

でも、気に入らない点はそれぐらいで、他は概ね満足しております。

 

アンダー400gシュラフ比較

ブランド OMM イスカ モンベル ナンガ SEA TO SUMMIT Western Mountaineering
商品名 MountainRaid 1.0 Air 150X アルパインダウンハガー800 #7 MINIMARHYTHM 180 Sp1 セミライト
画像
中綿 プリマロフトGOLD 800FP+(ホワイトグース) 800FP EXダウン 930FP(シルバーグース) 850FP+ ULTRA-DRY Down 850FP+(グース)
撥水
中綿量 150g 180g 180g 225g
下限温度 +14℃ +8℃ +8℃ 0℃(快適) 8℃ 不明
価格 ¥30,000+税 ¥18,500+税 ¥17,900+税 ¥46,500+税 ¥38,000+税 ¥31,000
重量 345g(実測) 375g(実測) 371g 325g 376g 370g
収納サイズ 22×15cm 11×19cm 12×24cm 13×20cm 11×20cm 13×25cm
BUY NOW

※横スクロールできます。新商品の「セミライト」良さそう…。

400g以下のシュラフ(他にもあるけど)を比較してみます。

やっぱりダウンは化繊に比べてあったかいっす!

そりゃー、SP1と比べてもこんなにロフトが違うわけですからね!同じような重量でも温かさは違います。

値段もAir150Xやモンベルの#7の方が1万円以上安いです。

OMMは濡れても保温力落ちないぜ!って言っても最近はSP1のように撥水ダウンを使用しているダウンシュラフも多く、大きなアドバンテージになりにくくなっているのも事実。

ダウンの方が暖かくて、濡れにも強いってなったら化繊シュラフを選択する理由はあまりありません。

よほど過酷な環境下での使用を前提としていない限り、化繊シュラフを激推し!とはやっぱりなりません。







提案

僕は前々からシュラフのスペックを上げるのを疑問視してきました。

それよりも防寒着のスペックを上げた方がメリットが大きいと思うからです。

だって、寒い中メシ食ったりトイレに行ったり星をみたりするときに、シュラフに入ったままできますか?できないですよね。

結局シュラフって寝てるときだけ保温してくれるものでしかないんです。

だったら寝てるときも起きてるときも保温してくれるジャケットやパンツのスペックを上げた方がずっとよくないですか?

あのパタゴニアだってハイスペックなダウンジャケットと組み合わせるハイブリッドシュラフを提案してます。

クリックでメーカーHPへ

僕もこの方法に賛成です。

シュラフは最低限のスペックにしてその分、防寒着のスペックをあげる。

これがベストではないかと僕は思います。

まとめ

この手のキワモノギアはやはり割り切りが必要です。

これだけ軽くてコンパクトな化繊シュラフならペラペラで当然。

保温力も同じ重量帯のダウンシュラフに比べて落ちるのも事実。

じゃあ、選ぶ理由は?ってなると、どんなシチュエーションでも使える「安心感」ってとこに尽きると思います。

結露や雨でべっちゃべちゃのシェルター内でもダウンは濡らすとアウトですが、化繊なら濡れても保温力が落ちにくく、乾きも早いので安心感が違います。

特に縦走時は初日にダウン系を濡らしてしまったら最後、途中で乾くことはほぼないでしょう。

でも、化繊なら例え濡れても乾きます。

そういった意味で緊急時にも対応できる化繊は心強いアイテムです。

それに防寒着で保温力をカバーすればいいので、シュラフは化繊のペラペラでもいいと思ってます。

汚れたり匂いが気になったりしたら洗濯機でジャブジャブ洗える点も楽でいいです。

キャンプ、低山、アルプス、沢登りまでどんな環境でも使えるマルチ&タフな化繊シュラフ「OMM MountainRaid 1.0」。

防寒着、シュラフカバー、マットとの組み合わせで、こんなにペラくてもある程度の温度域まで攻めていけますよ!

 

BUY NOW

 

 

2 件のコメント

  • 毎度!

    私もシュラフの対応温度域を一つ下げて、その分ダウンジャケット、ダウンパンツにコスト、重量、体積を割り当てる考えに賛同です。

    以前はモンベルの3番にブレスサーモ上下で寝ていました。
    その時、ふと横を見ると、丸められたULダウンジャケットとダウンパンツが無造作に放置。
    「これって、無駄じゃね?」と。

    メーカーは売りたいばっかりだから、夏の北アは最低3番必要だよ、ご来光見たけりゃダウン上下いるよ、全部持って行くなら体積、重量制約あるから高FPの上質ダウンでなけりゃね…と。

    まんまと踊らされるワケですよ。

    で、悔しいながらもエア130Xを買い足して、夏場はダウンJKPT着たままに130XでOK。

    冬場は元あった3番に130を重ねて保温力UP、と。(これは息子用、自分用はちゃっかり0番持っててヌクヌクと。)

    シュラフもレイヤードですかね。

    でも注意点があります。

    余りに高FPダウンのJKPTだと、シュラフカバーにシュラフにと重なった結果JKPTのロフトが潰れて保温力ダウン。

    お値段する割には残念な結果に…。

    特に肩や腰、膝など突っ張りがちな部位が寒かったですね。

    各ダウンや化繊綿の「一定荷重を掛けた時のロフトの潰れ具合」を比較すると、また違った事象が見えてくるかもしれませんね。

    「テン泊最強寝間着はどれだ?」とかね。

    • 毎度どうもです!

      この辺の体感温度的な企画(記事)はほんと難しいです。
      僕がOMMの化繊シュラフに防寒着でアルプス大丈夫だったと言っても、寒くて寝られないって言う人も当然いると思いますので・・・。
      ある程度経験した上で、シュラフと防寒着の自分にベストな比重を導き出すしかないですよね。

      重ね着しすぎても、思ったより温かくならないんですよねー。
      ロフトを潰さない上手なレイヤリングが難しいです。
      確かに僕も膝が冷たく感じることが多々あります。あと肩・首周り。
      ただ肩・首周りの冷えはネックウォーマーをして寝るだけで全然違う(温かい)ことが分かりました。

      「テン泊最強寝間着はどれだ?」
      耐えられるなら「パンイチ」が一番気持ちいいです笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ