ソフトでハードなニュータイプ!ティートンブロス ウィメンズTBジャケット

”ハードシェル” それは今や1着5万円前後が当たり前の高級品。でも、氷点下の世界に身ひとつで立ち向かうための大切なヨロイ。せっかく清水の舞台からダイブするなら、スペックも着心地もデザインも全部欲しい!と欲張りな私が運命の1着に選んだのはティートンブロス「TBジャケット」でした。舞台は厳冬期の谷川岳と唐松岳。見せてもらおうか、新素材「ポーラテックネオシェル」の性能とやらを!



脱・ゴア宣言

実は私、持ってるんです。Gore-Texのハードシェル。

パタゴニア「ピオレットジャケット」初めてのハードシェル。青にハマってた

しかも二着。

マムート「リッジジャケット」赤が欲しくて買ったけど、シャアのように3倍のスピードでは登れず。

堅牢なゴアメンたちは、いわば “頼れる九州男児” ハードな感触は、男気溢れる安心感。

でも、「黙って俺に付いてこい!」と言わんばかりに体にフィットするのを嫌がり、ゴワゴワ。シャカシャカ・・・。

女子心としては、もう少しソフトタッチの優男に柔らかく包んでほしーの♡と。

考えうる限りのワガママ女子っぽいポーズ。

また、汗っかきで冷え性の私は、シェルの内側がこもった汗でビショビショ→寒いというピンチに陥りがち。

レイヤードは完璧でも、せっかく吸い上げた汗がシェルで封印されるハメに。

蒸れにくくてソフトな着心地。なんて乙女のワガママを叶えてくれるジャケットはなかろうか・・・?!

 

そこで大好きなBBGの記事を漁ると、“ポーラテックネオシェル” なるものが目に留まる。

雨に唄えば〜ティートンブロス「ブレスジャケット」〜

2017.06.30

こんな四十肩のおじさんすらもドライに保ってくれるだなんて!

ティートンブロスのジャケットなら、きっとエアリーに包んでくれるはず!

というわけで懐のクルー(諭吉)たちに総員退避を命ずるのでした。

 

気になったティートンブロスの冬用ジャケットは「TBジャケット」と「ツルギジャケットKB」の2種類。



重量はレディースモデルのTB(左)が460g、ユニセックスのツルギ(右)が350g。

ツルギは冬用ジャケットの中でも最軽量の部類になりそう。

他メーカーでも400g前後の軽いジャケットはあるので、TBは平均値。



柔らかいので畳みやすいけれど、収納サイズも平均クラスでしょう。

コンパクトさと軽さを求めるならツルギだけれど、ヘビーで過酷なマゾマウンテンが大好きな私は迷わずTBジャケットをチョイス!

ツルギのレディース版、「レディバグジャケット」が新しく登場したようですが現物確認できず。残念・・・

ソフトなハードシェル

さて、日頃からフリース製品ではお世話になっているポーラテックさん。



ネオシェルは “ソフトシェルの透湿性とストレッチ性にハードシェルの防水性を合わせ持つ” のだそう。

この革新と進化の形、まさに素材のニュータイプかっ!

と思いきや、エッ?耐水性は数値で見ると標準値。

でも、平均値以上の性能は不要とティートンブロスの公式サイトにもガッツリ書いてあります。

数値が高すぎるのも、汗抜けが悪くなるので良くないんだそう。

出典:ティートンブロス

自分の汗で自滅なんて、冬山ではツラすぎるしね。

「必要以上の防水性より、透湿性」という、Gore-Texとは別の道を選んだポーラテックネオシェル。

防水性の違いが、戦力の決定的差ではないということを早くフィールドで試したくなってきたね!!

 

痛みやすいフード、ショルダー、ウエスト部分の表地にはサープレックスナイロンが使われています。

肩周りも立体裁断。そしてザックを背負った時に程よくコニャニャチワなロゴ

パタゴニアのバギーズショーツと同じ素材。

丈夫さはバギーズ2枚持ってる私が保証します!知らないうちに擦れたりして毛玉だらけ、なんてことは無さそう。

着てみた感触は、これがハードシェル!?ってくらいしなやかな着心地にビックリ。



それはもう思わず小躍りしちゃって山ガールを苦笑いさせるくらいだ!

体の動きに合わせてくれる生地と立体裁断で、フードを被っても動きやすい。



ニット帽やヘルメット装着でもつっぱり感は無くて、これなら別名「歩く顔面」のユーコンさんもきっと大丈夫。きっと・・・

アイスクライミングなど、上半身の動きの多いシーンでも活躍しそうです。

カラー・サイズ感

ティートンブロスのウェアは、日本の山岳シーンに絶妙にマッチする激シブカラー!

どことなく和のテイストが香るカラーバリエーションは、日本人にもよく似合う全7色。

私のような鼻ぺちゃ平たい顔族にはせめて立体感を・・・ということでツートンカラーのBrownに決定!

メンズでも同じカラーがありますが、レディースモデルのみジッパーの色がワイン色でセクシー仕様。



感じていただけますか?このお色気。この渋みカラー。いなせだね♪

サイズ展開はS.M.Lの3種類。

身長156センチの私が普段選ぶウェアはSサイズですが、中に着込めるようMサイズを選んでみました。



ゆったり目だけど見た目はすっきりダボついたりせず、むしろいつもより着痩せ効果!?

首、肩、裾などゆとりの欲しい部分はゆったり。

ウエストやアームなど締めたいとこは締めてることと、立体裁断の効果もありそう。

これなら結果にコミットしなくても大丈夫だね♪ というわけでいつものプシュ。



最近お気に入りのパタゴニアプロビジョンズ製品。

中でもこのビール「ロングルートエール」は絶品!

しかもロング缶がこのビールの標準サイズだ。私の中では『ロング イズ スタンダード』。



爽やかなホップと柑橘の香り、後味に感じるほのかな苦味とスパイス。

あぁもう今すぐ飲みたいな〜。ついつい話が脱線してしまうアル中。

あれこれ

特徴的なのはフロント左右にあしらわれた斜めのベンチレーション。



ほとんどのハードシェルは脇下にベンチレーションがあって、自分で開閉するのが地味にキツい。

私は毎回首がつります。

この独特な配置と形状は、片手で1人でも開閉が楽にできてザックやハーネスとも干渉しない!

オマケにミッドレイヤーのポケットにアクセスできちゃう便利さ。



寒さに弱いスマホやカメラのバッテリーは、体に近いところへ入れて保温しておきたいものですよね。

内側にはグローブ用のポケットが左右に1箇所ずつ。厳冬期はグローブも懐に入れて暖めないと、すぐに凍っちゃうよ!

憧れのFカップ風。ちょっとだけよ♡

厳冬期用のオーバーグローブはさすがに入れにくかったので、ゴーグルやサングラス、行動食のうまい棒くらいが適量でしょう。

カープ女子はモテるという浅はかな知識。

メッシュなので、雨や雪で湿ってしまったものを入れても大丈夫。

トレイルバターやスポーツようかんなど、凍ってしまうと食べられない行動食を入れてもGOODです。

フード部のフィッティングは、グローブをしていても片手で操作しやすいボタン式。

ドローコードは黒い金具の部分で下向きに引くとロックされるので、あとはボタンを押しながら引いて余った部分を調節。

説明書きがどこにもなくて数分格闘しましたが、慣れれば片手でもグローブしていても簡単。

袖はベーシックなベルクロタイプ。

袖口はだいぶ広めなので、オーバーグローブをしたままでも脱ぎ着出来ました。

袖がすごく長めの作りで手がすっぽり隠れるので『彼のシャツ借りちゃった♡』みたいな感じになるのがちょっとあざといですかね。

フィールドテスト

無風コンディションでの樹林帯のハイクアップは、気温が氷点下でも開始10分で早速大量スプラッシュ発汗マウンテンに。

これが汗っかきの運命。早くもテスト中断か、、、

ベースはメリノの長袖、ミッドはパタゴニアR2でした

と思ったけど、いつもと様子が違うのは大量に汗をかいてもイヤ〜なムワッと感が無いこと。

シェルの中はドライなままで、動くたびに湿気が放出されて行くような汗抜け。

それはもうソフトシェルとハードシェルの間のような着心地。

稜線に出てからは風も雪も強まって、山頂付近では吹雪に!

でもジッパーを全部閉めれば、風はしっかりとブロックしてくれる。

何と言うか、ゴア独特の張り付き感や「ヒヤッ」とした感触が無くて気持ち良い。

ゴアとは違うのだよ、ゴアとは!(アズナブル風)



稜線でベンチレーションを開けてみると、お腹の左右から風が通り抜けるので即クールダウン。

ここの配置、かなりベストポジション!

長めの着丈のおかげで、かがんだ時の背中スースー&ザックでずり上がってお腹スースーの心配もありませんでした。

万年ゲリ夫のユーコンさんも安心だね。



派手にズッコけても『NO MORE スースー』!!

 

下山時はミッドレイヤーにパタゴニアのナノパフを重ねました。

汗抜けの良いTBジャケットと、化繊のナノパフは汗をかく場面でも冷える心配が無く相性良かった。

しかし今回吹雪には吹かれども、雨に打たれることはなかったので防水性のほどは、、、

 

ひでぶっ!!!!

雪への耐性は全く問題あひまへんひた。

マイナス15度まで冷え込んだ夜は、ダウンを中に着込んで星空散歩へ。



停滞時もしっかり風を防いでくれて、寒くない!というわけで、雪でキンキンに冷やしたビールをやっつけながら撮影。

ロマンチックな夜空に映える、黄金の聖水。

それにしても、どうして外で飲むビールはこんなに美味しいのかしらね。止まらないから不・思・議♡

要望

    • 袖丈が長すぎるので、日本人の体型に合わせてもう少し短くなると腕周りがスッキリしそう。
    • お揃いのパンツがビブタイプ。気に入ったのでパンツも欲しいと思ったけれど、トイレが面倒問題(女性は毎回のことなので)。
      そうでなくとも、使うシーンはハードコンディションに限られそう。
      ティートンブロスさん!お願いします!お揃いのパンツも出してください!!
    • メンズのみ、ポーラテックネオシェルニットバッカーを使用した上級モデル「TB3ジャケット」がありますが、レディースでは作りがないようで。

チューバッカ的な響きのその新素材は、ネオシェルよりも更に柔らかくしなやか。

右がTB3、友情出演のダーヨシ氏。ザクカラーも良いね

背面やフロントポケットの作りなど、細部の仕様はよりアルパインスタイル向き。

しかしながら着心地はもはや街着のような快適さだそう。うーん、気になる。。

ティートンブロスさん!お願いします。レディースでもぜひ作っ(以下略

まとめ

アイテム名TB Jacket (Women’s)TB Jacket (Men)
画像
重量460g(M)545g(M)
サイズS / M / LS / M / L / XL
カラー全7色全7色
価格52,000円+税55,000円+税
BUY NOW

画像クリックでメーカーHPへ

私と同じ悩みを抱えたハードシェル難民の人にも、レインウェアで行ける雪山からステップアップしたい人にもぜひお薦めしたいティートンブロス。

国産ブランドならではの洗練されたデザイン、そして1度は袖を通してみて欲しいこの着心地♪ やみつきですよ。

ギアは日々進化している!

諭吉の遭難を恐れるなッ!!

BBG読者に栄光あれー!!!

親父にもぶたれた事のない「鬼ころしS」ことサキでした。

押忍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

鬼ころしS

カメラと雪山とテント泊が大好物で、ギア選びは常に遭難中。行く先々の天気予報をひっくり返す高気圧ガール。原動力はザックの中身の大半を占めるアルコールで、得意技はアルプス名古屋弁講座。山を愛しすぎて脱サラしたものの、今後の予定は本人にも分からない。