THE 日本のULザック『山と道 MINI2』レビュー

日本のガレージメーカー『山と道』の大人気バックパック『MINI2』のレビューがBBGフレンズの「まっすー」から届きました!日帰りハイク&登山からテント泊まで、オールマイティーに使える『MINI2』の実力を徹底レポートしてくれています!



はじめまして

はじめまして。カメラを始めてから平地の風景だけでは物足りず、山の絶景を撮るために登山を始めました、まっすーと申します。

無類のギア好きである私が実際に使っているファストパッキングのギアなどの使い勝手を皆様に少しでもお伝えできればと思い、レビューを書かせて頂くことになりました。

今回は、私の登山で一番使用率の高い『山と道』の ULザック、「MINI2」について使用感などをレビューします。

山と道のザック

『山と道』は鎌倉を拠点としている日本のU.L.HIKE&BACKPACKINGのガレージメーカーさんです。

出典:山と道

『山と道』の商品は、経営されているご夫妻が実際の現場で何度もテスト&試作を繰り返してから商品化するため、細かいところまでユーザーのために配慮された製品が多いのが特徴です。(台湾にも取扱店舗があり、海外でも愛用者が!)

衣類なども取り扱っていますが、メインであるバックパック(ザック)は既製品とカスタムオーダーできるものがあります。

セミカスタムオーダーの製品に関しては受注期間が決まっており、さらに届くのは発注してから半年後くらいと、すぐ使えないのが難点ですが、忘れた頃に届くサプライズ的な演出になり、喜びを倍増させてくれます。

BACK TO HIKEと文字が入った袋でやってきます。届いたザックで早く山へ行きたくなります。

鎌倉のショップに実際の商品が置いてありますが、来店にも予約が必要で土曜日のみ。

実物を置いているショップが少ないので、実際の背負心地を試すことがなかなかできないのも難点ですが、非常に使いやすいバックパックが揃っています。

価格もわりと高価(ザック関係25,000円くらいから)でありながら、人気の商品や人気のカラーはすぐ売り切れてしまうほど。

山と道で取り扱っているザックの種類は4種類。

  • MINI(25-30L)/デイハイクから1泊2日くらいまで汎用性の高いザック。8〜10kgくらいまで
  • MINI2(25-35L)/MINIをよりウルトラライト・ハイキングやファストパッキングに特化したULザック。8〜10kgくらいまで
  • THREE(40-45L)/MINIシリーズより一回り大きい中型ザック。10kg程度
  • ONE(50-55L)/カーボンフレームが入った山と道の中で最大容量の長期縦走も可能なザック 11〜13kgくらいまで

そのうち私はMINI2とONEを持っていて使い分けています。

この2つのザックがあれば日帰り登山から2泊3日程度の縦走など、私のほぼすべての山行はカバー可能です。

左がセミカスタムオーダーしたONE(カラーはコヨーテブラウン、サイド部分ブラック)で右が既製品ラインのMINI2(Taupe、旧カラー)

背面部分、ONEのほうが一回りくらい大きい

 今回は『MINI2』をレポートさせていただきます。

重量、サイズ感

ザック自体の重さは350g(付属品を除く)で実測値 約414g(背面フレームとして4つ折りにしたスリーピングパッド、Minimalist Padの53g含む)

MINI2はフレームレスのザックですので、スリーピングパッドを4つ折りにしてフレーム代わりにしてザック自体を軽量化しています。

こういった1つの物が複数の役割を兼ねることにより、軽量化がはかれています。

出典:山と道

サイズ感は、 164cmの私が背負うとこんな感じ
MINI2は1サイズ展開ですが海外のバックパックに比べてショルダーストラップが短くなっているので女性や小柄な方でも背負うことができます。

素材

ザックの本体部分は30デニールのナイロン生地にシリコンとウレタンコーティングしたスカイライトと呼ばれる素材が使われています。

よくあるスタッフサックなどに使われてるようなペラペラでつるつるした素材です。

防水素材ではありませんので、別途レインカバーなどが必要です。

私は軽量化のため、レインカバーを使わず、ザック内で防水のスタッフサックを使用してます。

光をかざすと生地がスケスケ。 スケスケって言葉は男のロマン。

また、MINI2の大きな特徴であるフロントポケットは普通のメッシュより耐久性の高いハードメッシュが採用されています。

そしてボトムは耐久性がありそうな、ごわごわとした感触の素材『X-PAC VX21』が使われてます。

特徴

MINI2の特徴はなんといってもフロントの大きなメッシュポケット。

登山中、よくつかうものをガンガン収納可能です。

メッシュポケットは

  • 目視しやすく、収納したモノが取り出しやすい。
  • 濡れたウェアやテントなどをメインの収納部分を濡らすことなく収納できる。

というメリットがあります。

びちゃ男の私は登山中にすぐ汗だくになるので、ウェアの脱ぎ着が頻繁です。

そんな時も大きなメッシュポケットに適当にウェアを放り込めるのはとても便利です。

汗で濡れたウェアなども通気性のいいメッシュポケットに入れておけば、すぐ乾いてしまうところもお気に入りです。

この大容量メッシュのポケットはほんといい仕事してくれます!

よく使う「てぬぐい」やら「グローブ」やら「レインウェア」をぶちこむ

大きなメッシュポケットは、私が使ってる自立式テントNemoTani2Pとグラウンドシートがすっぽり収まるサイズ。

メッシュポケットの開閉操作も楽ちんです。

メッシュポケットはこの紐を引っ張ると口を絞れる

 

この赤いプルタブをひっぱるとガバッと開く

外から中身が丸見えなので、鼻をかんだティッシュとかは ぶちこまないほうがいいかもです。

メイン収納口は吹き出し部分が長いロールトップ構造なので、荷物の量に合わせてパッキングが可能です。

これにより日帰りから1泊から2泊くらいまでを可能にしていて、非常に汎用性の高いザックとなっています。

長い吹き出し部分、トップはひもによる巾着式

トップは大きく開いて入れやすい

ロールトップを最大まで伸ばすと、フリーザ第三形態みたいになる

また、私が特に気に入っているのが、2本の500mlペットボトルが収納可能な大容量のサイドポケットです。

500mlぺットボトルとほぼ同サイズのs’well water bottleを収納した状態

ゆとりのある大きさのサイドポケットなので、傘と三脚を同時に挿したりできるのでとても便利です。 

またMINI2はフロントポケット両脇にループ式のコードがあるので、トレッキングポールなどの長物もサイドポケットと併用して取り付けることが可能です。

このコードを絞ってポールなど長もの系を固定

軽量三脚、傘、トレッキングポール2本、500mlペットボトル2本、スリーピングパッドなど、これだけのものを外付けできるのでザックの容量以上の荷物が収納できてしまいます。

さらにさらにメッシュポケットの外側のバンジーコードも使えば、マットを追加でくくりつけたり、

レインウェアなどもざっくりとバンジーコードに外付できるので、ウェアの着脱が頻繁でも楽ちんです♪

外側のバンジーコードはワンタッチで外せるフック付き、便利!

さらにMINI2はオプション品も豊富で、自分なりの使い方にカスタムできるのも魅力です。

中でもザックの上に9リットルの容量が増やせる『Stuff Pack XL』はオススメです。

出典:山と道

荷物が増えるテント泊などの時にも『Stuff Pack XL』を取り付ければ簡単に容量をアップさせることができます。

パッキングを済ませ、最後にテントをこいつにズドン!とぶっこんで、ザックとマッスルドッキングすれば面倒なテントの撤収作業も楽々です♪

防水性と耐久性に優れたX-Pac生地を使用しているので(完全防水ではない)、濡れたレインウェアやテントなどをガンガンぶっこむことができます。

遠目からみるとミッキーの耳みたいなので、「きゃあ、ミッキーのザック可愛い♡一緒に歩きませんか?」と山ガールが寄ってくること間違いなし。

他にもクランポンやスノーペグを運ぶためのStuff Pack S/Lや

出典:山と道

ウエストベルトに2つの収納を追加できるZip Packなどもあり

出典:山と道

自分のスタイルに合わせて、カスタマイズできるのも汎用性が高いザックといえます。

他には細かい機能として、メッシュポケット部分内にキーフックがあったり、

ハイドレーションシステムに対応してたり、

ハイドレーションのチューブを通す穴

と機能が満載です。

背負い心地

肝心の背負心地ですが、パッキングした後に上部のロールトップとサイドをとしっかりとコンプレッションすることにより、体に密着して荷物がぶれないので走れるザックになります。

背中上部に吸い付いているような感じ。これがとても快適です。

このように背中にぴったり張り付くため、走ることもできます。

実際に、TJAR 2016(アルプスを縦断しながら415kmくらい走るトレイルランニングレース)でも山と道MINI2を採用している選手が数名いました。

 ショルダーパッドの厚みもしっかりしていて横幅もあるため、長時間背負っていても痛くなりにくいです。

ショルダーパットの横幅は胸ちょい上あたりのところで約7cmくらい 結構横幅が広めです

2本のショルダーパッドの横幅がザックの横幅の2/3くらい

 

また、このザックは8kgくらいまでのパックウェイト(水、食料なども含む総重量)であれば、上半身で荷重を背負うため、ヒップベルトは要らない設計になっています。

実際、私もチェストベルトだけで快適に使っています。

チェストストラップはオレンジ色の部分が緊急用ホイッスルになってます。

一応、取り外し可能な簡易的なウエストベルトもついていますので、走る際など荷物がぶれないようにすることもできます。

パッキング例

MINI2にどれだけ物が入るのかパッキングしてみます。

無雪期12

レインウェアの下を入れるの忘れました…テヘペロ。

これに水500ml×2を入れて約7〜8kgというのが、無雪期12日の標準的な装備(重量)です。

積雪期12日(低山)

積雪期1泊2日を想定したパッキングはこんな感じです。

一度、積雪期のテント泊もMINI2で経験しましたが、やはり軽アイゼンや冬用のダウンシュラフなどの持ち物が増えるため、このザックの最大荷重であるパックウェイト10kg以上になってしまい、背負心地がだいぶ変わりました。

具体的には約13kgの荷物を背負った際、チェストストラップへの食い込みが痛かったです。

上半身で背負うMINI2は腰に重量を分散できないので重い荷物の時はあまりオススメできません。

当然ですが、メーカーの想定パックウエイトを守るのがベターです。

MINIとの違いについて

形やサイズが似ているMINIMINI2ですが、主な違いはメイン収納部分の素材がMINI『70Dシリコンコーテッド・リップストップナイロンに対して、MINI2『30D スカイライト』

また、フロントのポケットもMINIX-Pac VX07』が採用されているのに対して、MINI2『ハードメッシュ』になっていて、比較するとMINI2の方がよりULライクなザックになっています。

左がMINIで右がMINI2 。見た目もMINI2の方がよりULライク 出典:山と道

が、しかし!

以外な盲点が!

なんとペラペラULライクなMINI2の方が10g重いんです!

MINI 340g、MINI2 350g

おそらくハードメッシュ部分が重量増に影響しているものと思われます。

価格と色

20181月現在、オンラインショップで購入できるカラーはGreenTanBlack3色展開。

価格は25,500+tax

色違いが欲しくなる…。画像クリックでメーカーHPへ   出典:山と道

気になった点

  • 荷物が少なすぎるとザックの形がきれいじゃない。

ザックのメインの素材がペラペラ系なのでフレームの形になってしまう。MINIの方のX-Pac VX07の方がまだしっかりとした生地感のある素材なのでこうならないのかも。

フレームだけ飛び出してて、すげーかっこ悪い(笑)

  • 極薄素材に気を使う

メイン部分がペラッペラの袋みたいな素材なので、ピッケル、トレッキングポールの先端など鋭利なものでひっかけないか気を使う。他にも藪漕ぎや岩場などが多い場所の登山での破損が心配。MINI2自体外付けを沢山するザックなので岩場や藪漕ぎは引っかかってしまうので向いてません。

  • 修理が大変

上記に通じるところですが、いざザックが破れたりした際に、素材であるスカイライトはシリコンとウレタンをコーティングしてあるため、リペアテープが使えないので、修理が大変。直す場合は、シリコンベースの『SIL NET』という接着剤を使用します。

BUY NOW

 

ウレタンベースのシームグリップだと補修できないっぽいです気をつけて下さい。私の使い方ですと今のところ特に破損などはしてません。

  • サイドポケットの位置

ペットボトルを取ろうとしたときに、サイドポケットが垂直気味かつ背中の高い位置にあることもあいまって、私みたいに体が硬かったり、ユーコンさんのように四十肩だったりすると苦労します。対応策として、ちょっと面倒でもショルダーストラップを緩めて取るのが一番です。

  • 背中の蒸れ

上半身でぴったり背負う機構でスリーピングパッドが入っているので、登山中は背中が蒸れます。私みたいな夏でも冬でもAlwaysびちゃ男はザックを降ろした時の背中の汗冷えが尋常じゃありません。これはオプションのMINI2用『背面ブレスパッド』というものがあり、フレームの4つ折りスリーピーングパッドと替えることで多少改善されます。

出典:山と道

ただ欲を言えばこの背面ブレスパッド、オプションじゃなくて標準で付けて欲しいです!(笑)

『MINIオプション背面パッド』2,300円+Tax、『Stuff Pack XL』3,300円+Tax、『Zip Pack』3,000円+Tax…オプションを色々加えていくと高けぇっす…。

もうちょい安かったらうれしいなー。

 

まとめ

MINI2はこれらの気になった点が些細に感じるほど、とても良くできたバックパックです。

機能やオプションが豊富なので、使っていくうちに自分色に染まっていくのも愛着が湧いてGoodです。

日帰りハイキングから1泊2日のテント泊までいける非常に汎用性の高いザックですので、これから少しづつ荷物の軽量化をするためにULザックを検討している方への第一歩としても、おすすめできるザックだと思います。

MINI2の大きなメッシュポッケットや、ペラペラの生地がいかにもUL!って雰囲気でカッコいいんですよ〜(笑)

雪山にも映えます

私は他にも山と道の製品を多数使っているので、また機会があればご紹介できればと思います。

以上、まっすーがお送りしました。

押忍

 

6 件のコメント

  • 分かりやすい説明で読みやすかったです!
    私もMINI愛用してます。2は進化してますね〜。
    日帰りでしか使ったことなかったのですが、1泊2日のパッキングの仕方は参考になりました。
    Stuff Pack XL買い足して、テン泊装備チャレンジしてみようと思います♪

    • Mさんコメントありがとうございます!
      以前AtomLTのレビューにtomでコメントさせてもらいました〜
      MINI持ってらっしゃるんですね、Stuff Pack XLはテン泊の朝の撤収時、濡れたままでも気にせずしまえて、便利です!
      パッキング例のご紹介は需要がありそうなので、より詳しい自分なりのやり方など今度、Instagram(https://www.instagram.com/tom.masu/)の方で紹介したいと思います!

      • tomさんでしたか!
        私がtomさんに返信したコメントの、「万人が使えそうな化繊」の「万人」が「番人」と誤字ってるとユーコン氏に指摘をもらったので、よ〜く覚えてますよ。どんだけターゲット狭いんだと 笑

        instagram早速フォローさせていただきました!
        パッキングの紹介楽しみにしてます♪

        • 『番人』が使えそうな化繊ウェアはターゲット狭すぎてとっても売れないですね笑
          Mさんコメント返信でも持ち前の才能が冴え渡ってます!とても笑いました笑
          Instagramのフォローありがとうございます。
          これからもよろしくおねがいします!

  • まっすーさん初めまして。
    本体の内容はもちろんのこと、ラインナップやオプション品、修理の方法に至るまで、欲しい情報と写真が満載で、購入検討者以外でも読んでいるだけでタメになるギアレビューでした〜。
    これは元祖・本家のお二人もうかうかしてられないかもですね、笑。次のギアレビューを楽しみにしています。

    私も写真が好きなので機材パッキング関係とか、撮影小物などのネタも興味があります〜。

    • yama-san初めまして。嬉しいお言葉ありがとうございます!
      いや、本家のお2人の腹筋崩壊並みの威力のユーモアあふれる文才には敵いません笑。
      ガレージメーカーが作るギアって機能が満載で、実際使っている内に色々と気づく事も多いので、今後もBBGならではのフェアで細かいギアレビューが皆様の参考になればと思います!
      また今度、登山におけるカメラの携行方法やカメラ機材パッキングの自分のこだわりなんかもご紹介しますね。
      yama-sanはパッククラフトされているんですね、興味があるので拝見させていただきます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    まっすー

    趣味でカメラをはじめて、平地の絶景だけでは満足できず、より素晴らしい絶景を求めて登山にハマる。登山で重いカメラ機材を携行するため、装備の軽量化、ファストパッキングやウルトラライト化に猛進する。英検3級の頭脳とグーグル翻訳を駆使し海外のギアレビューまで読み漁る無類のギア好きメガネ男子。