ドライ感と動きやすさを兼ね備えたMILLET ミレー ドライナミックメッシュをレビュー

若干釣り気味のアイキャッチ画像を使ったことはお許し頂きたい。

 

今回ピックアップするアイテムはミレーの「ドライナミック メッシュ 3/4 スリーブ クルー」。

「ヤマケイオンライン・ブランドアワード2016」「アウトドアインダストリー2016」をダブル受賞した、今や飛ぶ鳥をさばく勢いのMILLET。

賞獲得の立役者が何と言っても今回ピックアップする「ドライナミックメッシュシリーズ」である。

出典:MILLET

ファイントラック社の「ドライレイヤー」の大ヒットで今やドライアンダーカテゴリーは群雄割拠。

そんなライバルひしめく中、ユーザー満足度の高いドライナミックを筆者も先日の伊吹山で試してきたのでレビューする。

と、言っても先日初めて試して書くような浅いレビューではない。

すでに2015年の10月頃から手にしており、春・秋・冬と3シーズン ガッツリ使用してきたので、ご安心いただきたい。

 

他社のドライアンダーと違うところ

出典:MILLET

Point①メッシュが大きく嵩(かさ)がある
個人的にココが一番優れている点だと思っているが、メッシュが大きく嵩(かさ)があるため肌とベースレイヤーとの間に空間を作る。このおかげでベースレイヤが肌に直接触れず、ドライ感をキープ。さらにこのわずかな空気の層があたたかさを感じさせてくれる。

Point②ポリプロピレン素材
水分保有率がゼロに近いポリプロピレンを使い毛細管現象で上に着たベースレイヤーにぐんぐん汗を送り届ける。

ここで注目したいのがPoint②ポリプロピレンという素材。

結局のところドライナミックメッシュは、ベースレイヤーに汗を送り届けるつなぎ役なのである。

ということは、このドライナミックメッシュを活かすも殺すもその上に着るベースレイヤー次第なのだ。

検証

メリノ好きの私は「ドライナミックメッシュとメリノをレイヤリングしたら最強じゃないか!」と考えた。

しかし、実際に試してみると「おかしい・・・背中がヒヤッとする・・・」

そう、乾きの遅いメリノではドライナミックメッシュを活かしきれないのである。

ぐんぐん汗を送り届けてもメリノの汗処理は追いつかない。

メリノを着る場合は、ドライナミックメッシュを挟まず直接着たほうが汗冷えを感じなかった。

ほんでもって先日の伊吹山登山で再検証。

吸水速乾に定評のある「Polartec PowerDry」を使ったパタゴニアの永久不滅アイテム「R1」とタッグを組んだ。

オガワは173cmでドライナミックメッシュはL-XL、R1はMサイズを着用。

乳首は自主規制する。

結論から言おう、ドライナミックメッシュとR1は

 

ザ・ロード・ウォリアーズだ!!!

そう、まさに最強タッグ!(ロード・ウォリアーズがどれだけ最強だったかは割愛する)

ここが最強タッグ

ミレーの公式HPでも推薦されているように、Polartec PowerDryの速乾性は素晴らしい。

今回の伊吹山では、わざと厚着をして登り始めから汗をかいてみたが、ドライナミックメッシュがぐんぐん吸い上げた汗を見事に処理していた。

またR1の良い点が程よい厚みと、みぞおち辺りまで開けられるフロントジッパー。

行動中は暑いが止まると寒いという、春の難しいレイヤリングにR1は適度な保温性とフロントジッパーを大きく開けられることによる、行動中の熱換気に優れている。

そんなR1と組めば春のレイヤリング王座最強タッグ決定戦はベルトに手が届いたと言っても過言ではないだろう。

 

R1は中間着的な役割が多いと思うが、寒い時期はベースレイヤーとして使用することもおすすめしたい。

 

要望

とても気に入っているドライナミックメッシュだが、1つ要望がある。

それは袖が3/4スリーブという中途半端な長さ。

ユニクロのヒートテックのようなデイリーに着用するものは、シャツの袖口から見えないようにということで短めの丈になっているが、ドライナミックメッシュを積極的に普段から使用する人は少ないはず・・・。

であれば、フルスリーブにするか、フルスリーブバージョンも出してほしい。

だって手首が寒いんだもん。

手首には大きな動脈が走っているので、寒さを感じやすく体を冷やしやすい。

 

結論

メリノウール素材ではなく、吸水速乾に優れた素材とレイヤリングすれば高い満足感を得られるだろう。

乳首は透けるが役に立つ。以上、押忍。

 

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

2 件のコメント

  • ドライメッシュ系はファイントラックもミレーも両方使っていますが、それぞれに長所短所ありますねぇ。
    で、流石ヘビーユーザー、的を得ていますねぇ。
    私のノッケでコメントするなら、PP素材は20年以上使っているのですが、(カヌーイストkawaiさんなら、ご存知かな?ハンセンのPPアンダー。私はGW時代のブツを未だ現役使用中)お肌に合う合わないがある素材なので敏感肌の方は要注意かな。
    あと、試して良く判った使用方法として、ベースレイヤーの保水力が重要ですねぇ。
    私はベースにジオライン使っていますが、以前は冬でも「厚いと暑いので汗かいちゃうから」とLWを着てましたが、ゴアのシェルの内側がビタビタに濡れて、停滞時に汗冷えして大変でした。
    で、ミッパラのmbスタッフに相談したら、「厚めのMW!」と推されて、ホンマかいなと試したら、シジオラインがしっかり汗を保水してくれて、肌はドライ、ゴアシェルの内側もドライとなりました。
    ここらへんの加減が難しいですねぇ…。発汗量、運動強度はその人、その状況次第ですからねぇ。

    さてさて、ところでですが、キャッチ画はヤバいですわぁ。
    仕事休憩中にPCで何気に見てたら、背後のドアが開いて同僚が入室。
    慌ててスクロールしてロード・ウォーリアーズの画を出して「漢」な感じを装うも、サブな感じや薔薇な感じに染まった空気は浄化されず・・・。
    多分、明日から目を見て話をしてくれませんわぁ・・・。

    • いつもありがとうございます!
      僕もドライメッシュ系好きでファイントラック、フェニックス、ノースフェイス、ミレーと色々使用してきましたが、ミレーが一番完成度高いかなーと。
      おっしゃる通り、速乾性の高い厚めのミッドウェイトとの相性はバツグンですね!今後このカテゴリーは大きくなる気配がありますので、各メーカー面白い商品を出してくれることを期待したいですね。
      あたふたすると余計怪しいですよ〜。堂々とアイキャッチ画像を見てる方が本物の「漢」感が出ると思いますので、是非明日実践してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年生まれ。世界中を旅するアウトドアライター、冒険家。
 単独・無酸素で「槍ヶ岳」「燕岳」といった名だたる名峰を制覇。 著書「夢とザックはデカくてなんぼ」「料理とウェアは素材で決まる」など。
 と売れっ子アウトドアライターになった妄想をして楽しむ担ぎ系塩とんこつヒゲ男子。
 特技:アルプスマッサージ