ドイツのライト兄弟 Ledlenser(レッドレンザー)からの刺客『MH5』

ヘッドランプの進化は止まらない。200ルーメンでおったまげてた時代はあっという間に過ぎ去り、今や単3電池一本で400ルーメンというとんでもないモンスターまで登場した。そんなゲルマンモンスターをBBGでいち早くチェックしてみました!(文・アツシオガワ)



MH5(TMEで)買ってみました

TMEでコータローとnagakenさんと3人で雑談をしているときにヘッドライトの話になった。

「単3電池一本で400ルーメンのヘッデンがレッドレンザーから新しく出たんです!」と。

単4電池を3〜4本使うヘッデンが多い中、たった単3電池一本で400ルーメンだと!!

な〜に〜。

こいつぁBBGでテストするしかねぇ!ってことでCEO初レッドレンザーでございます。

まずはパッケージから。

400ルーメン&7年保証が目に付くね!

パッケージからは特にゲルマン魂を感じることはなかった。

MH5 外観チェック

最近流行?の複数レンズではなく、男気溢れるひとつ目使用。

首振り(角度調整)は無段階使用。

電源ボタンも1つ。

LOW→HI→OFFという超シンプル設計。

おでこに当たる部分はスポンジ保護され優しくフィット。

バンド部分は特にリフレクターなどは付いていません。

フックパーツが付いている。

こんな風に引っかけることが出来るが、需要があるかは微妙である笑

レンズ部分を回転させることによりワイド⇔スポットの切り替えが可能。

レンズ部分のダイヤルをひねって飛び出す形にすると超スポット照射レーザービームモードです。

写真左側の接続部分(少し曲がってる部分)を持ち上げてやると

プレートからライト本体を取り外すことができます。

クリップが付いているのでザックやウェアなどに装着することも可能です。

ただ、この状態では角度調整出来ないのが残念。

プレートから外しても角度調整が出来たらよかったなー。

電池パックの開閉はクリップを回すと解除になり

取り外すことができます。

750mAhの充電池が付属される。

もちろん、充電器も付属。

充電方法はUSB-Cを使って行う。

充電器もたった12gしかないので、持ち運びが苦になるようなことはない。

ただ、欲を言えば本体に直接USBを刺して充電できたらよかったなーと。

この充電器、軽くてコンパクトでいいんだけど、なくす可能性大!笑

 

充電がなくなるとライトを4回点滅させて知らせてくれる機能も付いている。

充電中はレッドシグナル。

充電が完了するとグリーンシグナルとなる。

サイズ&重量

本体部分のみ(電池なし)で42g

本体部分+電池で63g

フル装備で91.5gです。

メーカーHP表記「92g」誤差なし!すげー。

サイズは幅6.8cm

レンズ部分の厚みが3.3cm。

装着するとこんな感じです。

単3電池を使うからか、本体の大きさは他のヘッデンと比べるとやや大きめ。

小走り程度の「ゆるナイトRUN」で使用してみたが、本体部分が大きいせいか若干揺れを感じた。

登山(歩き)であれば問題はないが、トレランのように走る場合は気になるかも知れない。

フィールドテスト

初めてのレッドレンザーに驚いたのが、隅々までムラなくクッキリの照射性能。

あいきょー!

これが世界唯一の特許技術「アドバンスフォーカスシステム」が発する光なのかっ!!

コレは確かに他のヘッドライトとはひと味違うぜ!

ちなみに、僕が今使っているPETZLのアクティック(MAX照射)だとこんな感じ。

そりゃーもう、アクティックもめっちゃ明るくて見やすいっすよ!

でも、比べるとMH5の光は輪郭がクッキリなのがよく分かりますよね。

そしてレザービームモードにすると・・・

あいきょーー!!

照射距離180mは伊達じゃないぜ!

これが単3電池一本でなせる明るさなのか!!

恐るべしゲルマン魂レッドレンザー!

しかし、残念なこともある。

それは、Lowの明るさが20ルーメンしかないこと。

Lowでも歩けなくはないが、最低限の明るさといった感じ。

できればPETZL「アクティック」のように「中」(100ルーメン前後)の明るさもあると使い勝手がよかった。

PETZL「アクティック」スペック表

実際、夜間歩行で「強」にすることは一瞬(ルーファイで遠くを照らしたいときだけ)で、ほぼほぼ「中」の100ルーメンで行動していることを考えると、やはりもう少し電池消費を抑えた「中」の設定が欲しかった。

MH5のスペック表

品名MH5
メーカーREDLENSER(レッドレンザー)
写真
光束(lm)パワー:400/ロー20
照射距離パワー:180/ロー40
電池専用充電池(Li-ion)/単3アルカリ電池x1本
重量92g(電池込)
防水等級IP54
価格5,940円(税込み)
BUY NOW

*画像クリックでメーカーHPへ

と、今回はここまで!

照射時間テストはしないのか?って?

やりますよ!やりますとも!

でも、どうせなら各社のヘッドライトも比較してみたいなーってことで、久しぶりにガチンコ比較記事を行おうと思います!

真っ暗な森の中、ヘッデンの明かりに照らされた森を何時間も撮影し続けるという過酷な現場。

通報されることなく、もしくはUFOに連れ去られることなく最後までテストをやり終えることが出来るかが焦点になります笑

ただ洗濯機に入れて耐水テストはするつもりありませんので、ご了承ください笑

栄えある第一回『ヘッドライト対決』を制するのはどの機種なのか!?

次回をお楽しみにー!

押忍!

6 件のコメント

  • 押忍!
    久々のCEO記事!!

    溢れ出る野性味・・・!ゲルマン魂にピッタリなCEOがっ
    ハァハァ
    失礼取り乱しました。

    以前のコータローさんの記事であるSPOT325より軽く、非常に興味がある品ですね。
    自分的に去年買ったPETZLのアクティックのサブ機を探していたのでホットな話題でした。
    CEOもおっしゃっていましたが、HIとLOWだけだと使いづらいので中も欲しかったですね。
    基本ご来光までの短い間の使用目的ぐらいだと、HIでの長時間使用はなかなかしない気がしますし。

    それにしても聞いたことがなかったメーカーだったので、さすがBBGと思いました!
    こうやって知らないメーカーを教えていただけるのが非常に助かる所です(笑)

    メーカー好評スペックでの詐欺あるあるとして、照射時間と耐水性が気になるところですね。
    やはり洗濯機テストもBBGのオリジナルテストとして公式化するべきなのでは・・・?(笑)

    夜間暗がりでヘッドライト一つの撮影
    一歩間違うとCEOが死体を埋めるヤ○ザと見えなくもない・・・!?
    まだまだ夜間は寒い時期続く中、過酷な時間との勝負・・・
    通報されないことを祈りつつ、お忙しいとは思うのでお体にはお気をつけて下さい。

    比較記事楽しみにしております!

    • 海苔さん!お返事遅くなりました!すみません!押忍!

      ちょうどテストに行った日の小倉公園(店から近所)は桜が満開を迎え、ライトアップされた桜はそれはそれはキレイでした。
      そんな中、夜桜に酔いしれるカップルを横目にライトアップされていない「闇」へと三脚と一眼を抱え消えていくヒゲ面の怪しいおっさん・・・。
      そらーもう、怪しいのなんのって。
      一瞬ザワつくのが背中からも感じ取れましたよ笑

      さて、ヘッドライト比較は僕も今から楽しみです!
      テスター(人間&ゴリ)の感覚だけで比較するのって中々難しい面があるのですが、数値化できるヘッドライトの比較は公平にジャッジが出来るので自信を持ってレビューできますしね。
      ペツル&BDの二大巨頭に他メーカーがどこまで張り合えるのか?、各メーカーの公称スペックは正しいのか?
      ガチンコテストしてみたいと思います!
      洗濯機テストは考えさせてください笑

  • レッドレンザーと言えば、MT10が記憶に新しいですな…
    あれ、欲しいのです…
    発熱ヤバそうですが…

  • MT10もゴイスーなスペックですが、どうなんでしょうかね?
    今回のヘッドライト対決には不参加です。すみません笑

  • アツシオガワ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ