北欧からの匂わぬ刺客!「ACLIMA WOOLNET SINGLET 」アクリマ ウールネット シングレット

ファイントラック スキンメッシュから始まり、近年ミレーのドライナミックが勢力を高めつつあるドライアンダー群雄割拠の最中、バイキング発祥の国がJAPAN特別仕様で送り込んで来た刺客 ACLIMA アクリマウールネットシングレット。汗冷え腹冷えの名手、平成最後のハセツネ初挑戦初完走の鈍足ランナー、東のユーコンことすけが初レビューさせて頂きます。(文・すけ)



はじめまして

BBGを御覧頂いている皆様、初めまして。

そして既にご存知の方も多少はいらっしゃるかもしれません。

BBGライター「ドンタコス・コータロー」の実兄、すけと申します。

似てませんが、血は完全に繋がっております。

(左コータロー・右すけ)誰がどう見てもコータローが長男と言われる自分の兄貴感のなさよ…そして後方にはどこまでも広がる絶景よ。

家族で僕だけ唇が分厚いのは何故でしょう。

思春期の頃何度も「僕だけ養子なんじゃねぇか」と思ってました。

唇はさて置き、いつも本当に弟がお世話になっております。

この場をお借りして深く御礼申し上げます。

BBGに出逢ってから弟が生き生きしております。

そしてより生き急いでおります。

特攻の拓ヨロシク、幻の6速でギア購入回数は加速し、弟の主食は今やふりかけご飯か閉店前の割引ピザ🍕です。

BBGでは、何度かコータローを手伝う内にいつのまにか隠れキャラ賑やかし要員みたいになり、今のような中途半端なポジションになりました。

純粋なBBGファンです。以下主な登場記事です。

ティートンWRF(その2ヶ月後に僕のWRFは陣馬山の何処かに飛んで行きました…)

ウインドシェルのファイナルアンサー!ティートンブロス ウインドリバーフーディ&パンツ(前編)

2018年3月27日

オフザグリッド(インド式英語を駆使してアジアのULメーカーの方々の通訳や各ブースでの撮影、マイルストーンさんでは取材を忘れヘッドランプに一目惚れしその場で予約し翌日からお昼代を削る日々

コータローが行く!Off the Grid潜入記!前編

2018年6月28日

箱根外輪山(待ち合わせ場所に向かう道中でお腹が痛くなりゴ…🦍CEOや鬼ころしちゃんら初対面にも関わらず完全に遅刻し冒頭から土下座🙇そして翌日の休みが取れず初日最終バスで離脱という中途半端さ)

箱根外輪山一周トレイル男塾 前編

2018年6月14日

アークテリクスノーバン17(商品撮影多摩川ロケ撮影時寝坊してすっぽかす。挽回しようと東京駅でのスーツ姿でノーバン撮影時に足が攣るまさか)

ランだけじゃもったいない!マウンテンオールラウンダー!アークテリクス NORVAN14 ファーストレビュー

2018年4月26日

bbp Mizunara40&30・Miyama20(ハセツネで使用予定だったザックが売り切れというまさかの際、絶妙なタイミングでモニター機会頂き結果大助かり)

挑戦者達のバックパック!『blooper backpacks ブルーパーバックパックス』3モデルご紹介!!

2018年11月29日

こう振り返ると…案外出没していましたすいません…。

括弧書きの通り、日々色々やらかし、いつからか「東のユーコン」という喜ぶべきか微妙なあだ名を付けられました(本家からも正式なお墨付きを頂いております)。

この度の寄稿にあたり大変緊張しております。

ビビってます。

お腹がイタイです。

何せこちらにご登壇されてる皆様や、いつも有難いコメントを頂いているBBGユーザーの皆様に比べると、登山歴は3年足らずと圧倒的に経験値が少ない若輩者でございます。

普段は毎週末高尾、奥多摩エリアを中心にのんびりトレイルランニング、なんちゃって軽量化登山に勤しんでおり、年に何度か関東圏以外の山へ遠征に出掛けるというスタンスです。

昨夏ハセツネコース試走時。この後、木の根につま先引っ掛けて豪快にコケました。

昨秋奥多摩ハイク。七ツ石山頂上から広がる絶景に感動のあまり言葉が出ず、暫く立ち上がれませんでした。

小さい頃から持久走は比較的得意(いや、これしか出来ませんでした)やったのと、社会人になってからは健康維持の為、自宅周辺や川沿い(昔は鴨川、武庫川、今は多摩川)をたまにランニングしていた程度ですので、全く予備知識ゼロからの山行&コータローの影響で持ち物は比較的軽めのものが多いです。

そして財布の中身が通年ウルトラライトです。

元々独身時代は「部屋とワイシャツと私」を、「服と革靴と鞄」に替え歌しながら安月給を注いでいた浪費家ゆえ、結婚後はクレジットカードやら通帳やら一切合切取り上げられお小遣い制の日々。

今の楽しみは誕生日と賞与月に奥さんから支給される臨時お小遣いで少し高めのギアを買うことと、「3月のライオン」と数年ぶりに連載再開した「ワールドトリガー」と「ガンダム」と「ジョジョ第5部アニメ放送日」が生き甲斐の男です。

昨年、平成最後の記念にと奥さんに頼み込んでハセツネCUP(正式名称:日本山岳耐久レース、奥多摩約72キロを24時間以内に完走する昨年で20年目を迎えた男塾感満載の山岳競技大会)に初参戦し、何とか完走しましたが、順位は遥か後ろから数えた方が圧倒的に早い鈍足ランナーです😓。

完走疑惑払拭の為証明書を添付致します。メチャ遅いですが…しかし暑かったです…。

という訳で、大した実力・経験がまだありませんので、至らない点が多々あると思っております。

一所懸命懇切丁寧心がけますが、何卒お手柔らかにお願い致します。

はい?何でしょうか?文体をコータローやユ○コンさん寄せている気がすると?…すみませんその件についてのコメントは忖度して下さい。

では本題に入ります。

アツシオガワ
すけさんゴメン。自己紹介長すぎて飛ばしちゃった。

アクリマウールネットとは?

アクリマそのものについては、以前ネチャ男さんがグランダッドシャツを紹介した際に詳細がありますので割愛いたします。

ACLIMA アクリマ『GRANDAD SHIRTS グランダッド シャツ』〜紳士の肌着〜

2018年11月12日

今回紹介するウールネットシリーズは、グランダッドシャツとは趣向が180度異なる完全男塾仕様です。

代理店フルマークスさんの商品HPには以下の記載が。

ACLIMA の名を一躍有名にした、ユニークなメッシュ構造をしたメリノウールの シングレットです。120g/m2 ウェイトのメリノウールとポリアミド/エラスティン混紡素材を使用しています。ボディ部分のメッシュ構造は、ボディと衣服のコンタクトポイントを少なくすることで、体から発する蒸気を外へ最大限に逃がします。ロングトレイルや冬のアクティビティから、ハンティングやエクスペディションまで、あらゆるシチュエーションでメリノウールの保温性を最大限に引き出し、驚異的な暖かさを身体に生み出します。(フルマークス商品ページより)

フルマークスHPより

ほうほうナルホド、ACLIMAの商品写真は相変わらずケンシロウみたいな筋肉隆々モデルですね。

ノースリーブタイプは日本向けの別注使用らしく、確かに本国のACLIMA サイトにはありません。

しかし、これを自分が着ると…

身長171cm 体重58kg XSを着ています。ランナー体型痩せの大食い。

なんか胸元に一つ目妖怪が居るみたいに見える…

ガリガリじゃねぇか!!

貧相極まりない…でも筋肉質な人ばっかりが着るわけじゃないんですよ。

このシャツのルーツは…
こういった網タイプのドライアンダーですとミレーのドライナミックが有名ですが、なんか見たことあるなと思っていたら、昨年文庫本で復刊した『バックパッキング入門』に類似した肌着の掲載箇所がありました。

引用:芹沢和洋著 「バックパッキング入門(山と渓谷社)」より

執筆時は『ストリングシャツ』『フィッシュネット・ベスト』と呼ばれていた模様です。

当時の素材は綿とポリエステルですが、網型形状で嵩を増して保温性を高める工夫は昔からあるんですね。

これなんか実家の屋根裏でみたことあるようなないような…しかしこの本、どこから読んでも本当に面白いです。

パッケージ
ウールネットは四角い箱に入ってます。

パッケージ右下に貼ってあるステッカー「SCANDINAVIAN OUTDOOR AWARD SOG」ってなんでしょねこれ?

ロゴだけ見ると攻殻機動隊の新シリーズみたいでカッチョ良いです。

スカンジナビアのベストバイの証

調べてみると、S.O.G(スカンジナビアンアウトドアグループ)というデンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、アイスランドの5カ国に中心拠点のあるアウトドアブランドから選ばれる賞。

そうです、米国バックパッカー誌『エディターズチョイス』や、こちらBBGでも毎年開催されるBBG『GEAR of the YEAR』の北欧版にACLIMA ウールネットシリーズは、最優秀ギアなんで賞(WINNER OVERALL)を受賞している証なんです。(取得年度はわかりませんでした…)

このアワードサイトには、日本ではKANKENでお馴染み狐マークのFJALLRAVENや、BBGでも取り上げたTHULE、HOGLOFS、はたまた木繊維を使ったコップのKUPILKA等このサイト見るだけでも北欧エリアのギア事情が垣間見れて楽しいです。
(今年の最優秀賞はなんとフローティングロープナイフ、視点が面白いぞ北欧)

ウールネットを買った理由

過去BBG記事でも、「ベースレイヤーを笑う者は山で死す」(民明書房刊「魏志倭人登山伝」より)とも言われる大変地味ではあるが重要なジャンル。

現在日本国内ではウールネットシリーズは全14型展開しています。

今回自分がシングレット(ノースリーブタイプ)をチョイスした理由は、

  • 基本寒がりなんで真夏の低山以外ならどのシチュエーションでも着れそう。
  • 襟ぐりが詰まってないのでTシャツ・ノースリーブの下からでもハミ網せず合わせやすい。
  • 匂い&汗冷え問題を同時に解決出来そう。(1泊2日の山行やハセツネ完走後、ドライナミックが壮絶な香りに…)
  • 冷え性なのでとにかく汗冷えを避けたい。

特に汗冷え問題は切実で、そのせいで過去…、

・学生時代付き合っていた彼女に「身体が冷えるから冬は手を繋ぎたくないしどこにも触らんといて」と言われそのまま春を待たずにフラれる。
・スーパーのレジ店員さんにお釣り渡された時に手が触れてしまい「冷たっ」とドン引きされる…。
・奥さんにも敬遠され、冬は同じベッドで寝れずACLIMA と同じ北欧IKEAのソファが今の就寝場所。ダウンとウールの靴下を履かねば寝れない。

という始末。

だが、個人的に躊躇ポイントなのが…少々お高い。

このノースリーブタイプでも約1万円(税込9,720円)するんです。

これだけ出せばTシャツ2枚買えるし、もう少し頑張れば神田の聖地さかいやでセールになったアルトラかスポルティバのシューズ買える…と躊躇していました。

しかし、昨年末京都遠征時に立ち寄ったトレランショップ「モンキークルー」さんに偶然置いてあるのを発見したのです。

場所は阪急京都線 西京極駅近く。店主の上野さん非常に紳士かつ、最高な品揃えです。

店主の上野さんから「保温性間違い無い。向こうでは軍隊でも採用されているから品質はお墨付きだ」という有力情報。

そして何より店の閉店後に訪問&買わないと示しがつかないくらい長居して色々話し込んで試着しまくっている私…幸い遠征資金をコツコツ貯めていたお陰で財布にもギリギリ余裕がある。

という訳で清水の舞台ならぬ桂川へダイブする勢いで購入に踏み切った訳なのです。

外観(ミレー ドライナミックと共に)

ここからは、ぱっと見だと区別がつかないミレードライナミックと比較しながら紹介したいと思います。

サイズ感
改めて身長171cm、体重58kgがXSを着用しています。

ドライナミックだとSMサイズです。

ぴったり感はドライナミックのほうがあります。

キツすぎず緩すぎない感じです。

コータローサイズの方、申し訳ありませんがイマジンお願い致します。

サイトではMサイズは売り切れています。

かなり伸縮するので小さめでも大丈夫かと思います。

気になる方はサイズ表を目安にしてください。

サイド・肩部分はメッシュにはなっていません。これがザック装着時余計なスレを起こさず着心地の良さに繋がっていると感じました。

腰をひねる、角度をつけるJOJO立ちだって即座に追従

アツシオガワ
ちなみに、アツシオガワ(173cm、72kg)は「S」サイズです。窮屈な感じは全くありません。
アツシオガワ
噂のTMEでも「AKLIMA」扱います。どうぞご贔屓に🙇

【重量】
XSサイズで105g。

フルマークスさんの製品HP上では152gと記載ありますが、

どのサイズを言ってるんでしょう??

【素材】
120Gソフトメリノウール。91%メリノウール、7%ポリアミド、2%エラスティン。

ポリアミドはナイロンなので耐久性、エラスティンはポリウレタン系の伸びる素材なので、伸縮性をプラスしていると考えられます。

上段:ウールネット 下段:ドライナミック 網目部分を見ると、ウールネットはまさに縄状の網目で厚さを作ってます。ドライナミックの網目は平面的ですがウールネットより厚みがあります。

【着丈】

長いです。

胴長の僕でもお尻付近まで確実にカバーしてくれます。

(上段:ウールネット/下段:ドライナミック)伸縮性はドライナミックのほうがあり、太もも付近まで伸びます。

これにドライナミックのパンツを合わせると…

余りにも酷すぎた為、撮影はやめました。通報レベルです。

もしも、これ着たまま信長協奏曲的に戦国時代にタイムスリップしてしまった場合、これは鎖帷子で拙者は尾張の忍者だと言いましょう。なんとかなるはず。

フィールドテスト

12月初旬に購入し、購入翌日の霊仙山登山から即テスト開始しました。

それから約1ヶ月間、高尾、箱根、須磨アルプス、多摩川、平日仕事中にもとにかくほぼ毎日着用していました。(夜手洗いすれば翌朝には乾いてしまいます)

  1. ドライナミックとの吸汗性、汗冷え、オイニー比較
  2. ベースレイヤーとの組み合わせ比較(高尾山、箱根外輪山)

を実施してみました。

①ドライナミックとの比較

オイニー勝負
心は永遠の18歳爽やかチェリーボーイ🍒だったとしても、気付けば嫌なオイニーがする男は敬遠されがちなアラフォー世代。

平日5日間着用し続けました。

着用時間は1日12時間程度、移動距離は徒歩、早歩きで毎日8〜10キロ前後、通勤、屋内での事務処理、緊張する(脇汗かく)商談・会議・謝罪(滝汗かく)等々、そこそこ日常もエクストリーム。

ウールネット:金曜日を撮り忘れたのは決戦(忘年会)があったから

ドライナミック:月曜日と金曜日の写真が無いのは再び決戦(クリスマスと年末納会)があったから

結果

ウールネット:全く臭わず。ビックリです。

ドライナミック:4日目で匂い始め、5日目で普通に汗臭い。

WIN AKLIMA!

吸汗性勝負

ランニングマシーンで30分、傾斜MAX15%、4km/1時間ペースで運動時の吸汗性を比較。

上に着るベースレイヤーはパタゴニアのナイントレイルズシャツXSサイズで統一。

同日に連続してテストした為、各テスト前にウォームアップ15分、開始前にポカリ250ml摂取。

1着目テスト後インターバル30分取り、なるべく同様の状態で実施。

左ACLIMA 右ドライナミック ナイントレイルズシャツは同じXS サイズ

なんか…ゆってぃとサンシャイン池崎たして割ったみてぇな姿だな…

アツシオガワ
すけってぃ!

ザック容量は2.6kg 一応30キロくらいの走行距離装備想定してパッキングしてます。

ウールネットテスト終了!!

つ、疲れたぞ…

30分休憩後、ドライナミックテスト開始。

ランニングマシンの傾斜を15%にした事を完全に後悔。。。

ドライナミックテスト終了!!

シャベーーーッ👅

DNFするかと思った… ※DNF(did not finishの略で、レース中に途中棄権、リタイアする事を意味します)

吸汗量結果(Tシャツとドライアンダー運動後の合計数値です)
ウールネット:50g
ドライナミック:70g

ウールネット

 

ドライナミック

吸汗量はドライナミックに軍配。

体感でもドライナミックの方が「汗吸ってるぜ!ベースレイヤーに汗送ってるぜ!」感がありました。

WIN ドライナミック!

保温性勝負

お互いそこまで変わらないっていうのが正直なところです。

若干アクリマに比べ、カサのあるドライナミックの方があたたかく感じました(あくまで主観ですが)。

②ベースレイヤーベストマッチ選手権

ワインと料理のマリアージュのように、どんなに良い食材も合わせるモノによっての相性を見極めなければ最大限の効果を発揮できないじゃないですか。(お酒飲めませんけど💦)

という訳で、以下のベースレイヤーの中でどれが1番相性が良いかを高尾と箱根で試してきました。

化繊、ハイブリット、ウールの3種類との「お見合い大作戦」

ナインティナイン佐藤B作加藤紀子も見守る中、ウールネットにアプローチしてきたのは化繊、ウール、ハイブリッド各々特徴を持つ以下4選手

◼Teton bros ティートンブロス サラトガフーディー:2014モデル ポーラテックパワードライを使用した化繊モデル。

◼Teton bros ティートンブロスパワーウールライトフーディー:以前BBGで紹介したタイプより生地が薄くグリッドも細かいライトウェイトなウールと化繊ハイブリッドモデル。

◼Answer4 アンサー4 パワーグリッドフルジップフーディー:ポーラテックパワーグリッドを使用したWジップの化繊モデル

◼icebreaker アイスブレーカーズ  テックトップLSハーフジップ:メリノウール100%、260g/m2の厚手の生地を使用した厳冬期モデル
※自身の保有ベースレイヤーから選出した為、古い製品が混じっている点は御勘弁下さい。

上段左:Tetonサラトガ 右:Tetonパワーウールライト 下段左:answer4 右:アイスブレーカー

それぞれの裏地。右上のTetonパワーウールライトフーディーは目の細かいグリッド状になっています。

高尾クリスマス爆走編

外気温:10度、
走行距離・ルート:メジャールートの高尾山口駅から稲荷山コースで高尾山、小仏城山から日影沢林道を通り高尾駅迄の約14km。
着用状態:ウールネットの上に直接着用し、各種約30分ずつ使用。
ザック重量:日帰り想定の6.7kg。

巷はクリスマス、なのに高尾はいつも混ンデマス凹。パッキングは日帰り想定6.7kg。今回はガッツギア無し。

登りはパワーウォーク。下りは小走り。

箱根ガイリーン年末激走編

外気温:0度、山頂付近は風もあり本当に寒かったです。
走行距離・ルート:箱根湯本から反時計回りで金時山方面に向かい芦ノ湖キャンプ場迄の約25キロ。
着用状態:ウールネットの上に各候補のベースレイヤー、更にインサレーション(HoudiniC9ジャケット着用)を着用。
ザック:トレラン想定しての3.4キロ(重いのはテスト用のベースレイヤー入ってるからです💦)

着替える度に悶絶。上段左:Tetonサラトガ 右:Tetonパワーウール 下段左:answer4 パワーグリッド 右アイスブレーカー とにかく止まると途端に冷える箱根ガイリーン。。

とにかく箱根は着替える度に「クゥゥゥーーーッ」と叫ばずには居られない寒さでした…。

 

お見合いの結果、

見事ウールネットのハートを射止めたのは……

 

Answer4 パワーグリッドフルジップフーディー!!!

 

この時すけさんは既に、「アクリマ✖︎answer4 ✖︎高尾最高か★」と思っていたのだ!!

高尾の単体テスト、箱根でのインサレーションとに組み合わせの際も、適度な保温力・汗抜けのバランスが丁度良く。ベタつく前に汗を放出してくれました。

2番手はアイスブレーカー。保温性は分厚いだけあって飛び抜けて良く、かといって汗のベタつきもそこまで気になりませんでした。

少し余裕のあるサイジングが行動中逆に衣服内の通気を促してくれたのかもしれません。

より寒い時期の登山となると自分はこれをメインに着ることになりそうです。

3番手はTetonのパワーウールライトフーディー。

汗抜けはイマイチですがウール素材の恩恵か保水する水分が体温と相まって保温性はありました。

しかし単体テストの際は風が吹くと保水した部分から気化熱で体温奪われて冷えました。

最後の4番手となったTetonサラトガフーディー。

元々最近着てなかった理由そのままに、汗抜け処理が追いつかず、高尾での単体テストだと汗を保有したままどんどん冷えてました。

箱根でもインサレーションの下で汗吸ったままの汗ビチャ男状態で不快感が有りました。

最新モデルは、パワーウールグリッドを使用しているので印象は全く異なると思います。

アツシオガワ
同じポーラテックでも「パワードライ」と「パワーグリッド」で全然違うんだねー。僕もパワーグリッドには絶大な信頼を寄せてます。

ここがgood

  • とにかく匂わない。
  • 肌触りがとても優しい。結局テスト終了してもほぼ毎日着てます。
  • 保温性が適度にあり、汗をかいても冷えを感じにくく、体幹部の保温性が一定。
  • 夏でも着用出来る薄さと形状

ここがもうちょい

  • お値段が少々お高い。ドライナミックに肉薄する値段だったらもっと気軽に選択肢に入ると感じました。
  • 縁取りをフラットシームにしてほしい。やっぱり肩の縫い目がちょっときになります。
  • 耐久性。使用1ヶ月間ではまだ何とも言えない。

こんなアナタにベストバイ

  • 自分含めオイニー問題に悩まされている方。
  • 縦走等、長期の山行に臨まれる方で荷物を減らしたい方。
  • 激しいアクティビティの中でも汗冷え、腹冷えを避けたい方
  • 優しさに包まれたい方

まとめ

色々テストしておいて何ですが、正直に言うとオイニー問題以外ではドライナミックと大差なかったというのが個人的な印象です。

日帰りメインの山行や匂いが気にならない方であれば、どちらを選択しても良いかなと思いました。

一番安価なノースリモデルで試してみて、気に入ったらウールネットの長袖タイプやパンツタイプを検討するのもいいと思いました。

また、レディースモデルあるので、冷え性の女性にはもってこいだと思います。

ご自身の山行に合わせてチョイス出来る選択肢が沢山あるモデルです。

ただし、着心地が良くて匂わないからと普段も着用し、アプローチ大作戦が成功し意中の子とゴールイン出来る可能性のある日は絶対に着用しないで下さい。

年末の笑ってはいけないトレジャーハンターに出演された高嶋兄と同類に見られる可能性があります。

自分は汗冷え軽減、オイニーについてはほぼ解決できたので、なんだかんだであれから毎日着ています。

少しでも皆さんの参考になれば、年末年始にひたすら網姿で高尾や箱根で脱いで醜態を晒し、自宅内で徘徊して奥さんに気持ち悪がられた甲斐があります。

飼ってる猫もなぜかウールネット姿だと寄り付きません。

又、記事上でお会いする機会があれば宜しくお願い致します。
(記事不評の際は、隠れキャラに戻ります。)

ブランドAKLIMA(アクリマ)
品名ウールネット シングレット
画像
重量105g(XSサイズ実測)
カラーJet Black
素材120G SOFT MERINO WOOL, 91% Merino Wool, 7% Polyamide, 2% Elastane
BUY NOW

※画像クリックでメーカーHPへ

さいごに

今回ウールネットを着用し続けた事で、あの男塾最終究極奥義を単独でも会得することができました。

なので、最後に今年の山行安全を切に願い、披露させて頂きます。

 

見さらせぃ!これが男塾名物・慕屁魅暗裸婦蘇泥(ボヘミアンラプソディー)じゃいィィッー

 

押忍

奥義により、雲に包まれた霊仙山山頂から遠く北アルプス迄一気に晴れ渡ったという。(民明書房刊 「平成最後の男塾 東海編」より)

来月2/10(日)ショップオープンします! 当日はお馴染みのBBGメンバー達にも会えるらしいですよ!皆様のお越しをゴ…🦍CEO始めお待ちしています。 (スペシャルサンクス:若旦那 箱根ガイリーン時撮影手伝ってくれて本当にありがとうございます!)

16 件のコメント

  • 押忍!
    ドライナミックメッシュ、スキンメッシュ以外の選択肢を提示して頂きありがとうございます!

    ドライナミックメッシュはオイニーだけが最大にの欠点だったのでそれがなくなるのであれば
    縦走などで荷物が減らせていいですね。。。
    どうしても我慢できず、オイニー問題のために毎日そこだけは替えるために2枚、3枚持っていっていたので軽量化出来そうですし!

    ただ自分鈍感そうに見えて、敏感肌なものでメリノウールだとたまーにチクチクするものがあるのでそこが気になりますね。
    本当ものによるので、だいたい出ないのですけどね。。。

    なんにしても、試着してから買いたいのでTMEで試着購入ですかね!

    詳細レビューありがとうございました!

    • 海苔さんこんにちは。

      本日もウールネット着用すけでございます。

      コメント有難うございます!!
      嬉しいです。
      そうなんです、同じくオイニー問題に悩まされていた自分としては、正にそこに光明がさすギアでした。

      ウールネットの上に重ねるベースレイヤーも同じくウールでレイヤリングすれば、オイニーと共に着替えぶんは確実に削れると思います。(確かベースレイヤー沢山お持ちでしたよね?)

      肝心要のウールのチクチク感ですが、
      僕は敏感肌ではなく混合肌でチクチク嫌いですが、そこまで気になりませんでした。

      ただ、ドライナミックに比べると着心地に若干ゴワつき感を感じるかもしれません。肌面がフラットではない為だと思います。
      でも着てるうちにすぐ慣れて気にならなくなりました。多分何度か洗って柔らかくなったのもあると思います。

      もし、即購入ではなくお待ちいただけるのなら、
      TMEにお越し頂き試着してみて下さい。
      ゴ…CEOも当日着用しているハズですので色々聞いてみてください。
      歩荷鬼六並の追い込み接客に屈せず、気に入らなかったら買わないで下さい(笑)

      関東からTMEへの最短到達時間は海苔さんのドラテクに掛かっています。

      鈍感に見えて実は繊細で細やかな気遣いの出来る海苔さん(勝手なキャラ設定すいません)には、
      是非検討して欲しいです。

      引き続き、宜しくお願い致します‼️

      押忍

  • 押忍!!

    いや~~なげぇ!!兄弟そろってなげぇ(笑
    読み終わた後の感想が、坂の上の雲と同じで「なげぇ~こまけぇ~」でしたよ
    実直な長文レビューお疲れ様です!!

    某所でフレディ―すけさんが着ているのを見かけてから気になっているアイテムでした。
    ドライナミックを愛用しているので、差が「臭い」って所がガチな意見として刺さりました!

    一時は「TS DESIGN TS DRY」と安価で同等な性能の類似品に流れておりましたが・・・
    やっぱ所有欲は大事!!これ重要なんですよね~。アクリマはその点に関しては
    価格はさて置き、ドライナミックより心をくすぐるな~。

    最終的には長く使えるかって所で費用対効果が出てくると思うので、耐久性はかなり気になりますね。
    あとドライナミックは水の豊富なテン場とかでは、テン場でジャブジャブすれば次の日には乾いているけど
    アクリマではどうでしょうね?臭いが気にならない時点で洗う必要すら無い?

    耐久については追加レビュー頂けたらありがて~っす。

    次のレビューにも期待してます!

    • 呉さんこんにちは。

      コメント有難うございます‼️
      そのツッコミ、必ずや何方からくると、いやツッコんでもらわねば困ると心待ちしておりました笑

      一足先にあの姿はとある場所でお披露目してしまっておりました。その節はお見苦しい姿複数名で晒してしまい失礼いたしました(笑)

      司馬遼太郎先生の大作に例えて頂き大変な誉れです。

      ただ、先生と異なるのはその半分以上がアクリマと関係ないくだりというマサカ。

      実は最初の段階では1.5倍の文字数でした。

      今回のレビューにあたり、ドンタコスコータローからアドバイスを貰おうとした安直な兄に対し、
      「俺はレビュー書く時の心構えだけしか伝えない。内容に関しては一切タッチしないし見ないしそれをするとアニキの記事じゃなくなる。」
      と突き放され(今思うと相当カッコいい台詞です)、ううむならばと悶々と考え書いて削った結果がコレ…結局長い…血は争えませんでした(笑)

      ドライアンダーの類い、「TS DESIGN TS DR」はじめメッシュタイプは安価なものも乱立してきましたが、

      やはりウール素材となるとアクリマが有力だと思います。

      所有欲という点で見れば、
      確かに俺はアクリマだぜ…いいぜこいつはと言えるのですが、自分の場合その堪能場面は、

      ・自宅で鏡を見ている時(洗面所で堪能してたら奥さんが突然ドア開けてドン引かれる)
      ・高尾山口の極楽湯でドライナミック着た方に遭遇した時(お互い気まずくてすぐに脱ぐ)

      そう、外から見えないギアである以上は自己満以上の何者でもないんです。

      耐久性については呉さんおっしゃる通りまだ何とも言えません。
      耐久性が伴えば、十二分に元は取れるギアだと思います。

      引き続き着用しますので、追って耐久性報告する機会があればと考えています。

      又、洗濯ですが、
      日数少なければ着たまま、
      長期山行の場合はじゃぶじゃぶして夜干せば朝には乾くと思います。

      レビューには載せませんでしたが、一応ドライナミックと一緒にネットに入れて手洗いし、手で絞ってから乾きを比べたところ、
      室温20℃でドライナミックは2時間くらい、ウールネットも4時間あれば完全に乾いてしまいました。

      なので春〜秋の低温下・悪天候ではない山行であれば洗っても問題ないかと。

      あと、アクリマ着用5日目の際、オイニーは問題ないのですが、
      汗ではなく自身の皮脂でちょっとだけベタつく印象がありました。

      なので、洗う目安としてはちょっとベタつく感出てきたなぁと思ったら洗ってしまう位のスタンスで大丈夫だと思います。

      又レビューする機会頂けるのであれば、
      短めを心掛けたいと思います。

      引き続き宜しくお願い致します!

      押忍

  • スケ兄さんこんにちは。
    自己紹介からしっかりと笑わせていただきました、掴みはバッチリOKです、笑。
    フィールドだけでなく、ジムや職場での自撮り&実戦テストもお疲れ様でした。ワイシャツ脱いだら新年会で即、QUEENのナンバーを熱唱できそうな仕様もマルです。

    カヌー時にラッシュガードの下に着ると良い感じだと複数の方から聞いて、昨夏からメッシュ系が気になってました。ノースリーブならパドリングの妨げ(脇ズレ)にもならず良さげですね〜。
    TMEで買ったらその足で長良川でテストして、またご報告したいです!!

    • テズリンy さんこんにちは!
      もうこんばんわですね

      コメント有難うございます‼️

      レビュー開示前の昨晩は、
      ドキドキして無駄に寝付けず…果たしてこのレビューでよかったのだろうかどうなんだとIKEAのソファの上で悶々と過ごしておりました。

      yさん含め温かいお言葉、
      兄はもう泣きそうです。
      (実際ちょっと泣きました今日は)

      忘年会新年会でよっぽど脱ごうかと思いましたが、これまで培ってきた信頼とイメージ(ドジはするが真面目な人だと思われてます)が完全に崩壊すると思ったので、ギリギリ踏み止まりました笑

      ドライアンダー、ノースリーブタイプは確かにパドリングの際にも気にならないと思います。
      自分はトレラン用途でも使いたかったので、袖があると腕振って走る時にどうしても気になってしまうんです。
      ただ、平日商談で滝汗かいた後、外に出て強風に晒された時はカバーしてない両脇が急激に冷えました(笑)

      こういうシチュエーションに供えて長袖も検討するべきか…とも。

      カヌーの場合ですと、
      濡れる前提だと思うのですが、
      フィールドテストで汗びちゃおになった時も、ウールネット始めドライアンダー着用すると軽減される可能性高いと思いますし、
      ラッシュガードだけでなくウエットの下でも保温性はある程度は担保してくれるかと思います。
      ドライ着用(川の場合は冬ドライスーツとか着るんですかね?)の場合はより保温をブーストしてくれるかと。

      ただ、濡れ続けた状態がどうなるかは僕もまだテストしてない(自分の今のアクティビティではこの時期試すとヤバそう)ので、

      TMEにて購入後は、是非そのままフィールドテストで使い心地を教えて下さい‼️

      ショップの場所から長良川が近いことを最近知りました。
      (お店連れてって頂いた時は土地勘わかっておらず…)

      是非川遊びする方々にも寄って頂きたいです‼️

      引き続き、宜しくお願い致します❗️

      押忍

  • お疲れさまですどーもです。
    プロフィールの「幼少期を過ごした長崎県五島列島ではアウトドアに開眼せず」に手抜きの出来ない性格、実直さをビリッビリに感じました。

    • フジタさんこんにちは。

      コメントありがとうございます❗️
      プロフについてご指摘頂けるなんて、
      流石フジタさんと言わざるを得ません。

      当初の文量は勿論倍近く、
      そんな自己紹介誰が読むんやと削った結果でこの長さ凹

      五島時代は、近くの低山、川や海で鼻水垂らしながら遊んだ記憶もあるのですが、

      とにかく本土に比べると虫やらナメクジやらトカゲやらが大きくて毎回ビビってました。

      夏にそろばん教室から帰ってきた時、
      玄関先に留まっていた蛾の大きさは今でもトラウマサイズです。

      思えば、土地によって生態系が異なるのだということを初めて実体験したのはここでした。
      あと、新聞に夕刊というものがあるのを知ったのも島を出てからです。
      (朝刊がお昼過ぎに届きます)

      という訳であんな自然の宝庫にいたのに素晴らしさに気付いたのはだいぶ先でした。(笑)

      五島列島には、世界遺産に選ばた教会もありますし、標高の高い山はありませんが自然の宝庫です。
      いつかアウトドアに開眼した者として訪れたいと思っていますし、
      その時はきっとウールネットを着用していると思います…多分。

      今後ともよろしくお願い致します❗️

      押忍

  • 押忍!
    最近、ネオプレンソックス、マットに溜まった汗と連続で異臭騒ぎを起こしてついに温泉からも出入り禁止(定休日)を喰らい続けてるスナフキンです
    この調子なら前厄ついでにウェアが臭う順番でしたが
    臭わないんですね
    いつもミレードライナミックばかりで洗濯の怪しい冬場には困ってたところです
    BBGショップで取り扱ってほしーなー

    • スナさん押忍です!

      コメントありがとうございます。

      スタバ作業お疲れ様でした‼️
      グランデサイズ2本の画に震えました…。

      ネオプレンソックス、スイッチバック匂い騒動、どうやったら匂いとれますかね…
      ソックスはワイドハイター粉末漬け込み作戦で何とかなるかもですが…

      ウールネットのナチュラルな保温性と臭わなさにより、本日も着用していました。
      もうすっかり日常着になってしまってます。
      (さっき手洗いして干しました。)

      TME(BBGショップ)でもアクリマ取扱い予定ですよ‼️

      いつの日か、ドライアンダーの集いをしましょう。

      10人集まれば凄い画になります。
      (10人集まるでしょうか)

      通報されるかもしれません。
      ゴ…CEOが逮捕されるかもしれません。

      でも、そんな機会があったらプライスレス

      六甲縦走レポート楽しみにしてますね❗️

      押忍

  • 最近長袖買いました。
    袖なしは脇汗をかいたときにタラっと垂れる感覚がありそうで敬遠したんですが、その辺はどうですか?
    なければ袖なしも買いたいです。

    長袖の耐久性ですが、初脱ぎで脇の下に1cm程の穴が空き、袖口付近も割とすぐ連続した4カ所が切れかかりました。
    今は着るときも脱ぐ時もかなり気を遣っているのでそれ以上に被害は拡大していないんですけど、う~ん。
    褒められたものではない。

    あと優しさに包まれたい人はフーディニのウーラーをより強くお勧めします。
    目に映る全てのことがメッセージに見えるレベルです。

    • 新人アクリマンさん

      コメントありがとうございます‼️
      ペーペー新人アクリマンすけでございます。
      (お返事遅くなりすみません、金曜夜から風邪で寝込んでおりました凹)

      ウールネット長袖、
      初逢瀬の際に穴が空いてしまうとは…袖の部分は時計か何かで引っ掛けてしまったのでしょうか?

      耐久性について、
      同じウールネットシリーズをお持ちの方からのコメント頂けるとは、非常に有難いです❗️

      いや、どんなコメントも本当に有難いです(笑)

      ちょっと不安になりますよね。
      確かに伸びはするものの、網部分もウール糸を編み込んだタイプで、何かトンがったりしたもんや猫の爪で引っ掛けられたら危ないなってのと、脇部分の接合部はチョット大丈夫かなと思っていましたが…着用時気を使う必要があるギアですよね…。

      ご質問の脇汗タラリ問題ですが、
      汗量に個人差があるので断言はできませんが、
      脇部分に余裕があるタイプのベースレイヤー又はTシャツを着用した場合、
      僕の場合は垂れる可能性はあると予想されます。

      ウールネットの上にどんなタイプを着用するかにもよってタラリ具合は左右されるかもしれません。

      というのも、今回のテストでは、比較的脇周りもフィットするベースレイヤーを選択した為、脇汗かいた際もベース側がすぐに汗を吸ってくれたのでタラリは特に気になりませんでした。

      又、タラリとは関係ないかもですが、平日着用時に商談後の脇汗(滝汗)が上に着ていた薄手ウール長袖Tの脇部分にじんわり拡がり、商談後強風吹きすさぶ東京砂漠に出た途端にスーツの胸元からウールネットでカバーされてない脇に吹き込みかなり寒かったです凹
      脇だけ汗かいていたので余計にそう感じたかもしれません。

      流石に今の時期は屋外半袖では冷え性すけ走れないので、
      近々屋内のランニングマシーンで走れる時にチョット試してみますね。

      HOUDINIのウーラーフーディー気になってました❗️
      さかいやで見ましたがやっぱり良いんですねあれ❗️
      むちゃ欲しいです…でも半端なく高くて定価では中々買えないんすよねぇHOUDINI…
      C9保有していますが、セール価格でやっとこさ昨年冬のお小遣いで買えた財力です

      でも、全てのことがメッセージに見えるならアリですねぇ…

      ほんで、
      (晴れなくて)おちこんだりしたけども、わたし(すけ)は元気です。

      って言いたいです(笑)

      参考にならない意見でしたら本当に申し訳ありません。

      今後紹介するギアについても、私はこう感じたぜ、ここは追加でいいねorもうちょいポイント等ありましたらお気軽にコメント下さい。
      (勿論それ以外のコメントでも!)

      今後ともBBGとTMEを、引き続き宜しくお願い致します!

      押忍

      • アクリマンレッドに相応しい熱い返信ありがとうございます!
        とても参考になりました。
        私はこれからアクリマンブルー(青ウールネットに青ウールシェル持ちなので)、そしてティートン兄弟の末っ子(コータローさんの記事をみてWRH買いました)として兄貴達の記事に引き続き注目していきます。

        脇汗問題は上に着るもの次第で解決できそうですね!
        ノースリーブを買う決心ができました。
        私もピッタリ目のパワーグリッドのフリースと組み合わせて着たいと思います。

        破れ、解れは「普通」に脱いだだけでなってしまいました。
        普通のベースレイヤー感覚で脱いだ私も悪いのですが、一回脱いだだけで破れると文句も言いたくなります。
        今は細心の注意を払ってクロス脱ぎしてます。

        ウーラーですが裾があまり長くはないので、ガンガン動くとお腹が出ちゃってトイレで神に祈りを捧げることになります。
        なので60%オフのセール時に買ったウーラーよりも、ウールネットの方がコストパフォーマンス、パフォーマンス共に良いと断言します。
        ただウーラーは素肌の上に着ると肌触り最高なんです。
        フワッフワなんです。

        • アクリマンブルーさん
          返信コメント有難うございます‼️
          お返事遅れすいませんレッドすけです。

          まさかレッドの称号頂けるとは大変な誉れです。

          どちらかというと自分は黄色か緑のポカキャラですが…やっぱり憧れはレッド。

          戦隊モノ、
          サンバルカン、5人組ならゴーグルファイブ、ダイナマン、バイオマン、ジェットマン、ジュウレンジャー、カクレンジャー…
          やはり特撮モノは変にCGとか使わずに爆薬やジオラマでどっかんどっかんやっていた頃が1番好きです。
          変身グッズや合体ロボやら買ってほしいと散々駄々こねまくっても買ってくれなかったあの頃の反動がきっと今ギア欲に出てるんです。厳しかった親のせいです。

          脇汗タラリ問題、参考になって頂けたなら本当に良かったです。

          しかし、初回で破れてしまうのは何ともいえへん気持ちにならますよね…
          僕は新品のWRPウエストのハトメ部分が調節の際に外れた時もそこそこ衝撃でした…。

          引き続きクロス脱ぎを心掛けこれ以上の侵食を防ぎましょう!因みに僕もゆっくりクロス脱ぎです笑

          又、WRHも参考にして頂き有難うございます‼️
          僕は昨年陣馬山の何処かに奉納(紛失)してきましたが、本当に良いウインドシェルです。

          HONDINIのウーラー、まず60%オフならたとえトイレの神に祈っても登りで腰曲げた時にハミパンしようとももう買いです。
          やっぱり肌触りいいんですねあれ…HOUDINIは
          なんしか女性的なデザインなので、
          素肌にとなると…むぅあの女優さんが素肌にウーラー着ると…間違いないっ‼️

          と勝手にイマジネーションが働いてしまいます。
          (因みに必ず、石田のゆり子氏と麻生の久美子氏が候補に入ります)

          今後もブルー(末っ子)として引き続き応援下さい‼️

          宜しくお願い致します。

          押忍❗️

  • 米出遅れました某スタグラムでお世話になってるmountainsheepことよーいちです。
    レビューデビューお疲れ様です‼ユーコン氏へのリスペクトを感じる記事にいつズボン脱ぎ出すかハラハラしながら記事スワイプしてました(笑)

    2tacsのメッシュウールに比べてアクリマのウールネットは丈が長いのでより山での実戦寄りなアイテムだなぁと思います。いつの間にかパンツから脱げてベースレイヤーの中でダブつく心配も無さそうですね。

    何日着ても臭って来ないのは日常着としても本当に有り難いですよね~お陰で下着のミニマリスト化が捗っております。因みに白シャツ着た時の透け感は如何でしょう?社畜ハイカー的に気になります。

    • よーいちさん

      こんにちは!
      某スタグラムsuke._.sunすけでございます。

      コメントありがとうございます‼️
      遅れたなんてトンデモない。コメント非常に有難いです‼️

      撮影時、絵的にはアリかナシか…と念の為ドライナミックのおパンツも履いていましたが、
      その絵面たるや良心と常識を超えた為、自主規制致しました。

      その判断、今でも間違えてなかったと思います。

      恐らく掲載した時点で僕は追放と通報セットで社会的制裁を受けることになったハズかと。

      ウールネット、確かにお尻迄隠れますので、
      今の所ずり上がりはありません。

      ただよーいちさん、
      改めて言いますが2-tacsのメリノ持ってる時点で僕は激しく羨ましいです。
      ズリ上がろうが何だろうが、あのワッフル生地感、所有欲という点では完全に満たされる要素満載だと思います。
      何より単体でもあれ着れそうですが、ウールネット単体を素敵に着こなせるのはフレディ位です。

      僕は多摩川丸子橋飛び降りるの勢いがあったとしても値段で躊躇してしまいます…

      ご質問頂いた透けネット問題ですが、
      ウールネットに直白シャツ直オンは、完全アウトでした。

      一枚間に噛ませないと透け網感満載です。

      この為、
      薄手のウール長袖クルーネックTシャツをベースレイヤーとして着用し、
      その上から白シャツです。
      (Vネックでもノースリタイプは襟元広いので何とかなると思います。)
      もしくは、どうしても直接シャツにしたい場合は、
      ・透けない濃い目のシャツを選択する(グレー又はブルー系)
      ・白シャツの上にカーディガン又はVネックセーター、ベストを羽織る。

      ならイケると思います。

      ただ、ノーネクタイの場合はVゾーンからどうしてもハミ網のリスクが生じます。

      又、ワイシャツはブロード生地では無く、鹿の子っぽい生地の方が相性が良いと思われます。

      年末忘年会時、
      僕は散々直に着て脱いで披露するか迷いましたがやめました。

      翌日以降の周りの目が変わってしまうことを恐れた
      小さい男です。

      自分もサラリーマンすけ耕作、
      長いものには巻かれるだけ巻かれ、
      職場では円滑な人間関係をモットーにしております。

      こんなんで参考になるでしょうか?
      不安になってきました。

      週今週は関東も冷え込むようなので、引き続きウールネットを着用て出勤しました。

      今後とも宜しくお願い致します!

      押忍

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    幼少期を過ごした長崎県五島列島ではアウトドアに開眼せず、30年を経てコータローに2015年末陣馬山へ連れていかれ覚醒。トレランメインだがハイクも大好き。 気に入ったギアは新旧重量値段問わず永く大事に使うがモットーだが、無くす落とす壊すが常の為、弟に「東のユーコン」と呼ばれ兄の威厳はゼロ。関西生活長かったせいで標準語が上手く話せず東京に未だ馴染めない多摩地区在住。