PETZL ペツル『BINDI ビンディ』ファーストインプレッション

ペツルからまたまたとんでもない飛び道具が現れた!わずか35gにして200ルーメンの明るさを誇る超小型ヘッドライト!『BINDI ビンディ』!ザックインの時間が長いアイテムだからこそ、このスペックは見逃せません!秋はお財布のUL化も止まりませんねー(T^T)(文・アツシオガワ)



重量・サイズ

ビンディの魅力はなんと言ってもその驚異的な軽さ。

重量はわずか『35g』

あいきょーー!!

めっちゃんこ軽い!!

こんなに軽くてコンパクトなのにも関わらず、光量は最大『200ルーメン』!!

あいきょーー!!

こんなサイズで200ルーメンなんて信じられない!

スペック

スペックはご覧の通り。

超軽量ボディからは想像できないスペック!

ちゃんと照射レベルも変えられるし、赤色灯も使える。

でも、気になるのはやはり照射時間の短さ

暗闇を行動するのに照射レベル中の100ルーメンで十分だったが、それでも3時間と短め。

このあたりは、軽量コンパクトとのトレードオフなので、致し方ない点ではある。

特徴

ビンディはライト部分が360度回転する。

好きな角度で止めることができる。

この回転式を利用した面白い機能が『ロック機能』。

フレーム部分に鍵マークが刻印されている。

クルンっと回転させてフレームにスイッチが隠れるところでカチッと止まってロックがかかる。

このロックというのは、物理的なロックのこと。

間違って押されないよう、フレームがスイッチ部分をガード?ディフェンス?する仕組み。

この状態で、無理矢理指を入れてボタンを押せばスイッチは入るが、闘莉王バリのディフェンスをしてくるので、誤操作で電源が入ってしまうことは少ないだろう。

だが、攻撃的な闘莉王はザックの中で前線に上がってロックが外れてしまうこともなきにしもあらず。

そこは、ご安心を。

最後の砦に守護神『楢﨑 正剛』がいて、ボタンを長押しすればしっかりロックがかかる仕様になっています。

バンドはコードストッパーで調整するだけ。

本体は充電式。

フル充電(0⇒100%)にかかる時間はおよそ4時間。

万が一「充電し忘れた!」って時も、モバイルバッテリーを使って充電が出来るのが便利。

USB端子がむき出しになっていますが、IPX4(全天候型)です。

装着イメージ

タイミング良く、「あいきょー!」でおなじみ「スナフキンN」が事務所に遊びに来たのでモデルやらせました。

坊主は、ヘッドライトの大きさが分かりやすいなー笑

バンドの角度も分かりやすいぜ!

んー、頭の形いいね笑

装着したイメージはこんな感じです。

Thank you!スナフキン!

リクエスト

ナイトハイク&RUNするほど長時間&激しく使用していないにもかかわらず、フィット感が気になった。

ちょっとずり落ちてきやすい印象。

せっかくここまで軽量なので、RUNに使いたい人もいると思うけど、激しく動いたときのフィット感がイマイチなので、その点を改善して欲しいです。

BBGからの勝手な提案①

水中ゴーグルのような仕様にしてみては?

試してみないとこれでズレにくくなるかは分からないけど、安定はすると思う。

こういうイメージ?

出典:speedo

で、コードじゃなくてゴーグルみたいな平打ち麺タイプの方が摩擦抵抗も増えてズレにくくなるんじゃないかなー?

BBGからの勝手な提案②

おでこに当たるフレーム部分に滑り止めのシリコンゴム的なのを付けて欲しい。

このプラスチックがスベるのでおでこでピタッと安定しない。

まとめ

品名BINDI ビンディ
画像
BUY NOW

フィット感への改善リクエストをしたが、朝晩のテン場で使用したり、トイレに行ったり程度であれば全く気になることはない。

日帰り登山やRUNのエマージェンシーライトとしては、非常にオススメです。

個人的には、『BINDI +』?のようにして、よりアクティブに使用したい人向けのラインナップがあっても面白いんじゃないかぁと思いました。

以上、アツシオガワでした!

押忍!

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ