大人のコーヒーギア「RIVERS(リバーズ)」ウォールマグ スリーク

皆さん、コーヒーは好きですか?僕は山で飲むコーヒーが大好きです。冷え込んだ朝、気合いでシュラフから這い出し、寝ぼけた体のスイッチを入れてくれる目覚めのコーヒー。山頂で頭を空っぽにして飲む豊かなコーヒー。僕の山旅にコーヒーは欠かせません。そんな僕と同じ珈琲野郎、珈琲娘にオススメしたいドリンクウェアブランド「RIVERS(リバーズ)」から、山でも日常でも使えるコーヒーギアを紹介します。(文・アツシオガワ)



WALLMUG SLEEK(ウォールマグ スリーク)

まずはじめに紹介するのが「ウォールマグ スリーク」。

素材は、軽量で割れにくいポリプロピレン(プラスチック)。

350ml(実容量300ml)

大きさは、コンビニコーヒーなどのテイクアウトカップサイズ。

フタはスクリュー式。

シリコンゴム(パッキン)で中身がこぼれにくくなっています。

本体は2重構造になっていて、熱々のお湯を注いでも、そのまま素手で持つことができます。

飲み口にもフタが付いています。

ちゃんと飲み口のフタも反対側にカチッと止められます。

飲んでる最中にフタが戻ってきて顔面にヒットすることもありません。

気になる重量は

117.5g。

同じような素材でいうと「DINEXマグ」が比較対象になるのかな?ちょっと違うかな?笑

品名DINEX MUG
画像
BUY NOW

DINEXマグは重さ約80g。

可愛いデザインが多くてDINEXマグも好きなんだけど、フタがないっていうのと、パッキングするときに持ち手が邪魔くさく感じることがあるので、多少重くても個人的にはウォールマグスリークの方が使いやすいかなーと。

カラビナでザックに外付けしたい人は、ハンドルがないとダメだね。

デザインも僕が買った熊さん意外にもオサレなデザイン多くてGoodです。

品名WALLMUG SLEEK
画像
BUY NOW

※画像クリックでメーカーHPへ

MICRO COFFEE DRIPPER

次に紹介するのが、ドリッパーです。

シリコン製のホルダー(左)とステンレス製のメッシュフィルター(右)のセットです。

ホルダーにフィルターを差し込むだけの簡単設計です。

重さは37.5g。

これをマグの上にポンッと置くだけ。

これで準備完了です。

その他のドリッパー紹介

代表的なペーパーレスのドリッパーと言えばモンベルの「O.D.コンパクトドリッパー2」かな。

品名O.D.コンパクトドリッパー2
画像
BUY NOW

※画像クリックでメーカーHPへ

その重量わずか4g。かっる!!

ただ、ドリッパーを置くのに箸や木の枝を使うから、4g+αって感じだね。

まあ、なんにしてもウルトラライトだけど。

もう一つは、先日スナフキンNがギアログで公開してくれたGSIの「ウルトラライト ジャバドリップ」。

品名ウルトラライト ジャバドリップ
画像
BUY NOW

画像クリックでメーカーHPへ

こちらは、ちゃんと足付きでわずか17g!軽い!

 

ペーパーレスにこだわらなければ、MUNIEQのチタン製なんていかがでしょうか?

品名MUNIEQ Tetra Drip 01T (Titanium)
画像
BUY NOW

画像クリックでメーカーHPへ

重量わずか16g!

折りたためばこの薄さ!

出典:MUNIEQ

ペラッペラ!

驚くのは、まだ早い!

お値段、税抜き8,000円!ドーン!

しぇー!

RIVERSセットのGood Points!

ペーパーフィルター不要

ペーパーが不要ということは、単純にエコで経済的というメリットがあります。

ゴミも減らすことができますしね。

ペーパーを使わないとフィルターを洗ったりする手間はあります。

ペーパーレスドリッパーで入れると珈琲の味が変わります。

バカ舌の僕でも味の変化に気づきました。

このマイクロコーヒードリッパーで煎れると、いつものコーヒーより濃く?感じました。

ペーパーを使った方がまろやかな気がします。

バカ舌なんで、なんとなくです。なんとなく…。

ドリッパーが収納できる

ホルダーがシリコンなので、折りたたんでカップに収納する事ができます。

壊れる心配がないのもいいですね。

山ではある程度雑に扱えるギアの方が気が楽です。

行きも帰りもマグに全て収納できるので便利です。

液漏れしない

一番僕が気に入ってるところが、カップの密閉度が高いところ。

コーヒー(液体)が中に入った状態でひっくり返してもこぼれません。

飲み口から漏れてきそうなものだけど、不思議なことに全然漏れてこないんですよね。

この状態で激しく振ってみたりもしましたが、大丈夫でした。

飲み口のキャップになる部分がゴムになっていて、ぴたーっと密着します。

自動車部品並みの精密さ。さすがや。

中華製にはマネできないだろうねーって製造国見たら「Made in China」と。

中国4000年恐れ入りました!さーせんしたっ!

 

しっかり密閉できるので、入れ終わった豆をそのままフィルターごと収納して、持ち帰ることができます。

ザックの中で万が一蓋が開いたりしてこぼれるのがイヤだったので、念のためジップロックに入れて下山しましたが、一切中身はこぼれていませんでした。

ジップロックは「M」サイズ。

ただ、振動などでフタが緩んでしまうことは十分考えられるので、中身がこぼれて困るような場合は、念のためジップロックなどに入れることをオススメします。

そこそこ冷めにくい

保温効果の高い素材ではないため、過度な期待は禁物だが、二重構造になっているため、思いのほか冷めにくい。

コンビニでマイカップ

コンビニによっては持ち込みが禁止のところもあるようだが(ミニストップは禁止)、ローソンは10円引きになったりとメリットも大きい。

熱くて持てなかったり、こぼれたりする事もないから、コンビニコーヒーをよく利用する人は、日常でも積極的に使いたいですねー。

その他のRIVERS Goods

他にも素敵やんなコーヒーギアが沢山あるリバーズさん。

日常使いはもちろん、そこまで重量を気にしなくていいキャンプなんかで使いたいコーヒーギアをいくつかご紹介します。

WALLMUG DEMITA(デミタ)

前半に紹介した「ウォールマグ スリーク」のライト版?って感じかな。

フタはスクリュー式ではなく、はめ込み式。

シリコンパッキンは付いているけど、逆さにするとさすがにこぼれました。

本体はこちらも軽量で割れにくいポリプロピレン(プラスチック)。

同じく2重構造になっているので、中身が熱くても、そのまま素手で持つことができます。

フタの部分をスライド(回転)させて飲み口を開閉します。

ストローバージョンにも対応していて、子供や口紅が気になる女性にも優しい設計。

もちろん、マイクロコーヒードリッパーが使えます。

CAVE REVERSIBLE&POND

シリコン製のリバーシブルドリッパー「ケイブ リバーシブル」。

これもマグに収納する事ができました。

 

表裏で異なる2種類のリブが、コーヒーの味を変化させてくれるという面白いドリッパーです。

出典:RIVERS

出典:RIVERS

A面:12本の太くて短いリブ 抽出スピードは緩やかになり、酸味特性の強い豆などの酸味を和らげられます。浅煎りコーヒーを上手く淹れられない場合など、お試しください。
B面:24本の細くて長短のリブ 抽出スピードが少し早くなり、強い苦みが軽減されたバランスに変化します。苦みの強いコーヒーが苦手な人におススメ。

実際に両面飲み比べてみましたが、僕のバカ舌では「言われてみればなんとなく違うような…?」程度にしか感じませんでした笑

「違いがわかる男」への道のりは長く険しいっすね。

 

ウッドのドリップホルダー「ポンド」も雰囲気あって可愛い。

2色展開で写真は「ブラウン」。

「ナチュラル」も優しい雰囲気で可愛いです。

品名DRIPPER CAVE REVERSIBLE
画像
BUY NOW

※画像クリックでメーカーHPへ

品名POND
画像
BUY NOW

※画像クリックでメーカーHPへ

まとめ

いかがだったでしょうか?RIVERS(リバーズ)のオサレなコーヒーギア。

どの商品もハイセンスなのに、買いやすい値段設定も魅力的ですよね。

RIVERSで秋の夜長に素敵な珈琲タイムなんてのもいいんじゃないでしょうか。

以上、アツシオガワでした。

押忍!

 

8 件のコメント

  • アツシサンコンニチワ!
    以前僕もオリジナルのDEMITAを作りました。山でコーヒー飲むときは必ず持っていきます。
    SLEEKもいいですね。参考になりました!

    • つたのはさん、こんにちは!いつもありがとうございます!
      オリジナルDEMITAですか!さすがプロ!
      いままでスノピのマグ持って行ってたんですが、ハンドルがカシャンカシャンうるさいんすよね。
      前室に置いとくとよくこぼすし・・・笑
      その点、SLEEKはハンドルもないし蓋があるんで倒してもこぼれない&砂埃も入らないでGoodです。
      DINEXみたいにウレタン挟んでくれたら最高なんですけどね!
      プロが使うコーヒーギアレビュー(紹介)して欲しいなー笑
      またのぞいてくださーい!
      押忍!

  • 押忍!
    敏腕CEOの見かけによらない乙女のような繊細なレビュー
    爽やかです

    コーヒー…非常に難しく、また楽しい問題ですね
    うちにはドリッパー含めてコーヒー液抽出器は、アウトドア用に限っても10個以上あります
    どれも一長一短あり、また味や向いている豆が違うため
    ベストを決めるのは無理な話です

    リバーズの製品は、使って迷いのないところがいいですね
    なんなら、ペーパーと併用してもいいわけですしね

    コーヒーは拗らすと、「この豆の場合、妥協出来ない。重くてもいいから犬印のケトルと温度計持っていこう」とかになるくらい業の深いアイテムなので、楽しいですね
    今日も台風画来るのを分かっていながら本州の西端で、お外コーヒーを淹れています

    • スナさん、押忍!
      顔出さないと爽やかでしょ?笑
      顔出すと急にゴリラ感が出ちゃうんすよね・・・。
      これからなるべく顔出さずにレビューしようと思います笑

      すげー!ドリッパーだけで10個以上っすか!
      こだわりコーヒー野郎Aチームですね。
      今度、珈琲野郎&珈琲娘 集めて「珈琲王決定戦」しましょう!笑

      僕の知人は、コーヒーが好きすぎるあまり脱サラして豆の輸入始めました笑
      しかも、くっそこだわってるんで、届いた豆を一粒一粒選別する作業をしてからパッケージにして販売してます。
      くっそこだわったコーヒーを飲ませてもらいましたが、スーパーすっきり!雑味なし!って感じで、美味しかったんですが僕的には全く物足りなかったですね笑
      洗練されたお嬢様よりも、足が傷だらけのおてんば娘の方が僕の性に合ってます笑
      まあ、僕は山でコーヒーが飲めればインスタントだろうとOKです笑

  • いつも楽しく拝見させていただいてます。
    コーヒー中毒者にはたまらんレビューでした!!
    山コーヒーにどのギアを使うかはなかなか答えの出ない難問であります。ユニフレームのドリッパーを使っていましたが、こんなお洒落なグッズもあるんだなと驚きです!
    これからも定期的に中毒者を悩ませるレビュー、お願いしまーす!

    ps.ヤーコンさん生きてますかー??

    • よーさん、いつもBBGをご覧いただきありがとうございます!
      よーさんもコーヒージャンキーなんですね!やっぱり珈琲中毒者多いなぁ笑
      確かに、外で飲むコーヒーってやみつきになりますよね。

      僕もユニフレーム使ってましたよー。
      あれ意外と重たいんで最近はRIVERS持って行きます。
      デザインもオシャンなんで、山でも日常でも使えるのがGoodですよー。

  • いつも楽しく拝見させていただいてます。
    私は山登りを始めるまでコーヒーを飲む習慣がありませんでしたが、最近はテン泊時に山での便秘解消のため、インスタントのものを飲み始めるようになり、今回のコーヒーギアはすごくタイムリーなネタでした。
    凄く参考になります!

    • ヤマールさん、いつもありがとうございます!
      山行くと便秘になりますよね笑
      汗をかいてマグネシウム不足になるのが便秘になる原因のひとつらしいです。
      ミックスナッツ系を食べると食物繊維も入ってるし、ミネラル系も補給できるので便秘対策にいいですよー。
      コーヒーにもよくあいますしね。
      これからもBBGをよろしくお願いしまーす!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ