北アルプス最北端の絶景!朝日岳・雪倉岳縦走2泊3日 前編

「せっかく白馬へ行くんだから、帰る前に山に登りたい」というアツシオガワのひと言から始まった、OMMよりハードなロング縦走。レースの筋肉痛を引きずりながら目指す頂は、北アルプスの最北端”朝日岳”。高山植物の宝庫で大自然が織りなす絶景とハムストリングの痛みが交錯する前編を「BBG絡みで登る山はなぜか毎回男塾」鬼ころしSがお送りします。



プロローグ ぼくらの5日間戦争

事の発端は7月某日、初参戦のBBGチームにしてはまずまずな結果で終えることができたOMM LITEだった。

リーダーSHIMちゃんを筆頭に、炎天下の白馬を全力で走った2日間

それはレース2週間前に遡る。

「鬼ころしお前まだニートだろ?せっかくOMM LITEで白馬へ行くんだから、暇ならそのまま山行くぞ」というCEOの指令により、メインイベントのレースを上回る登山計画”朝日岳・雪倉岳縦走”が半ば強引に決定した。

朝日〜雪倉といえば、1日8時間以上の行動も含む3日間の工程となるロングコース。

しかし我々はOMM2日間での完全燃焼により、まさかの「全く足が残っていない状態」というバッドなコンディションでこの縦走をスタートする事になってしまった。

2日間でフルマラソンくらい走ったはず・・・

私に至っては「筋肉痛」「虫さされ」「藪こぎ傷」のトリプルパンチ、おまけに2人とも睡眠不足というマゾ祭り。

とにかくレースから間髪入れずに山に登ろうだなんて、若いうちならまだしも三十路女とアラフォー男には酷なことだとは・・・

この時の2人はまだ、知る由もなかった。

第1章 未踏の絶景へ

朝日岳へ行くには蓮華温泉、栂海新道、北又、白馬岳からとさまざまなコースがありますが、今回我々は北アルプスの新潟県側の玄関口である蓮華温泉から山頂を目指します。

三連休の最終日とはいえ、ここ数日好天予報が続いたこともあり駐車場はほぼ満車状態。

朝5時、身支度を整えて出発。後ろに見えるのは駐車場のトイレですが、ここのトイレは世にも珍しいほど綺麗!

年頃のレディーにとっては真っ暗闇のヤバいトイレで行うお花摘みほど恐ろしい儀式はないので、「トイレが綺麗」というのは小さいけれど車中泊には大事なポイント。

点呼は完了、天気は良好

初日は朝日岳を登頂し朝日小屋でテントを張り、2日目に雪倉岳を経由し白馬岳へ。最終日には白馬大池を経て蓮華温泉へと戻って来る周回ルートです。

駐車場からほどなくして ”秘境の名湯” ”絶景の野天風呂”と知られる蓮華温泉ロッジに到着。こちらで前泊されている方などで早朝から賑わっていました。

ロッジの脇から整備された自然歩道を歩いて行きます。まずは1時間ほど掛けて、標高差300mを下って行く。

えっ、早速くだり?となりますが、30分も歩けばこのお花畑!

朝の光を受けて輝く高山植物の数々。

朝露がキラキラと反射してとっても綺麗。

花より団子、花見でも花よりビールの私ですが思わず長いことこの花畑に滞在してしまった。

筋肉痛がヤバすぎるので、開始30分ですが私はもう8割がた満足です。もう帰りたい・・・笑

なんだかんだで沢沿いまで下りてきたら、もう後には引き返せない。なぜなら進んでも戻っても登り返しが待っているのだ、いよいよ腹をくくります。

避暑地の白馬ですらも35度を記録する酷暑となったこの数日、うだるような暑さが足の重たい我々の体力をさらに奪う。もう汗で目も開けてられません笑

しかしあまり馴染みのない山域な上に2人とも初めてのルートという事もあり、出会う景色はどれも新鮮。

苔むす森の風景はまるでジブリの世界観。

「大丈夫。ほら、こわくない。」とクワガタとコミュニケーションを図るナウシカオガワ。

私が感動したのはこの景色・・・でなくこの木道。

えっ、そこ?って思いますよね笑

私、ここの木道のある事に気づきました。

こ・・・この高さッ!計算されているなッッ!!

整備された木道ってちょっと高すぎる段差や広すぎる歩幅が多い中で、ここ朝日岳の木道はまるで人間工学に基づいたかのようなメチャクチャ気持ちいい高さと歩幅で出来ている。

一見普通の木道だけれど、登山道の整備に関わった方々の努力が伺えるとっても歩きやすい木道。ロケーションも相まって、その気持ち良さと言ったら私のこれまでの登山人生におけるベストオブ木道。

この気持ちよさ、ぜひ皆様にも一度歩いてみていただきたいものです。

第2章 奇跡の代償は

カンカン照りの気持ちいい木道を、引き続き朝日岳へ向かって登る。

そんな天国への道の脇には、見頃を迎えたニッコウキスゲが可愛くお出迎え。

これには「歩荷鬼六」「南米マフィア」「マウンテンゴリラ」と怖がられがちなコワモテのCEOもルンルンです。

しかし暑さと筋肉痛でペースが全く上がらない私、「景色に夢中で前に進めません〜」といまさら通用しない言い訳を続けては休憩をやたら勧めてみる作戦でしのぎます笑

そこへ救いの雪渓!吹き上げる風は冷たく、とにかく直射日光による暑さが和らぐだけでも復活。

朝日岳まではいくつかの雪渓を越えていく。10本爪を持ってきていたけれど傾斜は緩いので、我々はツボ足でした。

広い雪渓はこのベンガラの目印に沿って登ります。

初めて見たときは「火サス!?」と慌てた事もありました・・・

そして季節限定?の雪解け水がすごい勢いで足元を流れて行く。

水場の水もキンキンで気持ちいい!特にここ栂海新道分岐手前の水場は味も最高で、お腹の弱い私がガブガブ飲んでも大丈夫でした。

周りにはお花の名前に詳しい紳士淑女の皆さまがいらっしゃるので、知識ゼロの我々にも親切に教えてくださりました。

ワスレナグサにそっくりというミヤマムラサキ。

日本のエーデルワイス、ミネウスユキソウ。

知ってるぞ!イワギキョウ!と思ったら、毛がふさふさしているのはチシマギキョウなんですって。

こうしてお花ばかりに見とれていると・・・

このように帽子を飛ばされてしまうので気をつけましょう。

アツシオガワ
ムキーッ!買ったばっかの帽子が突風で飛ばされたぁぁ!!!

帽子、携帯、コンパス、ゴープロ・・・私が見る限りこのお方は毎度何かしら大事なものを紛失されてらっしゃいますね。

いつもは未遂だったけれど、今回ばかりは必死の捜索も空しく「お気に入りだったのに・・・」と本当に落ち込んでいる様子。

「ほら、見てください。帽子と引き換えにこの青空が拝めるなら安いですよ。」と精一杯の励ましの言葉(?)を掛けることしか出来ませんでした。

気を取り直して進みます。山頂直下の長い雪渓を昇りつめれば、本日の最高地点。

2,418m、朝日岳に到着!塩まみれなのがお恥ずかしいですが、本当に終始汗だくの初日でした。

景色は半分ほど雲の中。ここからは本日の幕営地、朝日小屋に向かって下っていきます。

コースタイムだと40分ほどの下りがハムストリングの痛みにより恐ろしく長いものに感じるけれど、そんな時は必死にビールのことを思い浮かべると不思議と元気になれます。

好きな人と一緒にいると、元気になったりドキドキしたりするのはアドレナリンによる効果です。

私にとってはそんな存在なんです。



第3章 最北の特等席

必死に恋人のことを考えているうちに朝日小屋に到着。

山は初日だけど足は3日目、体が重すぎて気付けば登山口から9時間半も経っていたなんて・・・

テントの受付を済ませたら、必死に考え続けたあのお方とのご対面。

恒例の儀式

ここは朝日岳、私は念願の「朝日でアサヒ」を頂くことができて大満足。

しかもラッキーな越冬ビールということで半額の400円!

お好きな方はもちろん、キリン一番搾りもお選びいただけますよ。

ビールといえば美味しいアテが・・・お腹もペコペコの我々。

こちら朝日小屋では、手作りの美味しいお食事が有名。食事だけでも予約が可能とのことだったので、テント泊の我々も小屋のお客さまと夕食をご一緒させていただきました。

鶏の甘酢あん、ホタルイカ、昆布じめ、茶そば、富山おでん、長芋サラダ お米も富山産

メニューは地元の名物を中心に、品数豊富でとっても豪華。なんと食前酒のワインとデザートまで!

管理人の清水ゆかりさんの音頭で、皆さん揃って乾杯!

周りの方々ともグッと距離が近くなるので、お話しやすい雰囲気のなか美味しくて楽しいひと時を過ごせました。

朝日小屋では私のお友達、かなこちゃんが働いています。

初めての出会いは冬の西穂高岳、可愛らしい外見とは裏腹に「友達2人とも来れなくなっちゃって〜」と1人で3人用テントを担ぐギャップには驚かされたもんです。そんなタフなかなこちゃん、ぜひ声をかけてみて下さいね。

管理人の清水さんはお食事の予約のメールにも丁寧に対応してくださり、当日も優しく迎えてくださいました。

「朝日小屋はどのルートから来ても遠い場所ですが、その分魅力は沢山ありますよ。」と

こんな嬉しいお気遣いも女性ならでは。疲れた時の糖分は生き返る〜。お言葉に甘えてひと粒頂きます。

売店には飲食物やTシャツ、手ぬぐいなどのオリジナルグッズがずらり。

こちらは談話室。運動不足の人はまずここには居ないとは思いますが、トレーニング機器も色々揃ってます。

大部屋は天井が高く、大きな窓があって明るく解放的。のんびり過ごせそうです。

最後に、私が朝日小屋に来てお食事と同じくらい印象に残った事を紹介します。

男らしさ溢れる「便所」の二文字

またトイレかよ!って言われそうですが、言わせてください今日だけは・・・!

これまで山の上で座ったトイレの中でもトップクラスに一番綺麗なトイレはここ、朝日小屋だと思います。

特に「ウォシュレット」というお尻への待遇の良さはもう感動に値します。いつでもサラサラヒップがキープ出来るなんて、山じゃあり得ないですよね?

こんなに綺麗にお手入れされて、トイレの神様も大喜びなはず。

さて、食事後は小屋の周辺を少し散策。18時を過ぎてようやく日が傾いて来ました。

山から海が見えるなんてなんだか不思議な気分ですが、それも北アルプスの最北端の山ならでは。

水面に反射して出来るきまぐれオレンジロードがとっても綺麗。

さらに金曜ロードショーを彷彿とさせる海辺の夕焼け。

指定席はございませんので、皆さんが思い思いの特等席でこのロードショーを楽しんでいます。

そしてお引越しをしなくても向こうから絶景がやって来てしまったラッキーなマイホーム。

初日にしてすでに縦走3日目のような足の重さで辛かったけれど、そんな疲れも忘れさせてくれる絶景。

きっとこれも飛んで行ってしまったお気に入りの帽子と引き換えに得た代償・・・どことなく切ない背中に感謝しながら心ゆくまで堪能しました。

夜、テントから顔を出すと空には天の川が!

さらに流れ星祭りで、かなこちゃんと一緒に時間も忘れて小屋の前で星を撮りました。

帽子の代償・・・

明日も良い1日になるといいなぁ。

後編へ続く。

10 件のコメント

  • お疲れさまでした❗
    サキさんのInstagramで少しは見てたけど
    どのも絶景ばっか写ってますね(*´∀`)
    それと蓮華温泉ロッジののあとのマウンテンゴリ…先住民との遭遇(((・・;)

    俺も白馬岳で帽子吹っ飛ばされるという事がありました、おニューの帽子は風に狙われやすいですね( ´_ゝ`)

    • ケンタさん、押忍!
      Instagramの方でもいつもコメントありがとうございます!
      そちらではとても出しきれないゴ・・・CEOの百面相&絶景写真の数々、楽しんで頂けて何よりです!
      そして言われて気付いてビックリな原住民、写真を見返してみたらしっかりと蓮華温泉ロッジを過ぎたところの入り口に「ヨソモノ、カエレ」と言わんばかりの原住民が写っておりましたね!笑
      こうなるともう、色んな意味で生きて帰ってこられてホッとひと安心です。
      もし万が一危機を感じた時には、そっと無言でバナナを差し出したいと思います。

      おニューの帽子を捧げる儀式は特に後立山連峰で盛んなんでしょうかね?笑
      もちろんケンタさんもお気に入りの帽子と引き換えに、白馬岳の絶景を楽しまれたことと思います(^o^)CEOのように、お安いものだと笑って許してあげましょう〜!

  • 点呼は完了、天気は良好 向かう先夏ならではの旅行
    山 川よりやっぱ海!ってなっちゃいますね その流れだと!

    海より山のが好きな自分としては最高の写真ばかりでしたが。
    朝日岳行ったことないですが、行ってみたいと思わせる写真が多かったです。

    それにしてもCEOも鬼殺しさんもタフですなぁ・・・
    自分にはとても真似できる気がしません!

    • 海苔さま、こんにちは!コメントありがとうございます!
      そして私が文面に込めたビートに乗って夏の思い出を満喫していただけるなんて感激です!
      ジャパニーズヒップホップ世代としては、いつかどこかの山で是非マイクバトルを申し込ませていただきたいものです。
      海水浴場にはここ10年ほどご無沙汰な私にとっても、「山、川、よりやっぱ山」と歌いたい時点でやぱり山が好きなのだなぁと実感しております。

      しかし山から眺める海というのは本当に新鮮な景色で、朝日小屋から眺める日本海の水平線には思わずジーンと来てしまいました!
      山好きな海苔さまにとっても、朝日岳の風景はきっと新鮮な気持ちで楽しんでいただけのではと思います(^_^)写真で少しでも魅力がお伝え出来たなら嬉しいです!

      タフだなんてとんでもないです・・・!私は開始直後から筋肉痛でヒーヒーでしたが、このように無茶苦茶・・・じゃなくて素晴らしい縦走スケジュールを立ててくださったCEOは本当にタフですよね!
      2日目の中盤あたり、何故レースの筋肉痛を引きずったままこんなに長いルートへ来てしまったのかと少し恨んでいたことは内緒です。。笑
      結果的にとても充実した山行となりましたので、これからもビシバシ男塾で鍛えて頂こうと思います〜!

    • テズリンYさん、こんにちは!
      昨日も昨日とて灼熱の名古屋CITYでしたね。
      ここ最近の気候と言ったら、一体どうなっているのでしょうか?
      山に居ても酷暑となった今回の山行を経て、少しでも涼を求めたい汗かきベチャ女にとっては、今後の地球が心配でたまりません・・・。

      今回の朝日雪倉岳においてもいつものように汗だくだったのですが、せめて写真だけでも爽やかな風景をお届け出来て良かったです!
      私も先日のオトノリ男塾の記事では、皆さまの涼しげな激流下りに笑いを・・・ではなく癒されておりました。

      後半もお天気に恵まれて、さらなる山々の綺麗な景色を撮影して参りましたので楽しんでいただけると嬉しいです(^_^)
      NO沈王のアツシオガワ氏が、今回のハードな5日間の日程を経て北アルプスの山中で沈するのか?なども併せてご覧いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします!

  • 朝日小屋でアサヒビールは秀逸です。自身はキリン一番搾り派ですが(笑)
    雪解けの水が割りと豊富でありがたいエリアです。
    残雪期の雪倉岳ダウンヒルも魅力的ですよ。

    • さらこさま、こんにちは!
      キリン一番搾りも美味しいですよね。私も個人的に昔ながらの居酒屋で出てくる瓶のキリンは最高に美味しいなぁと感じながら、毎度行きつけのお店では小さいグラスでチビチビと頂いております。
      また、なぜだか冬場にアツアツのおでんと一緒に飲みたくなるんですよね・・・キリン。
      ビールの事を考え出すと止まりませんので、この辺りで自粛したいと思います。
      ちなみに「朝日岳で朝日〜」と口に出しながらこの写真を撮影していたのですが、隣でキリンを飲んでいたご夫婦が「そういう手があったか!アサヒにすれば良かった!」とおっしゃっていて、なんだか申し訳ない気持ちになりました・・・。
      やっぱり好きな銘柄を飲むのが一番ですよね!

      初めての山域でしたので、雪解け水の豊富さには本当に驚きました。
      水場の水の美味しいことといったらもう、暑さも相まって皆さんがぶ飲みされていました。お腹の弱い私にとっても本当にありがたかったです。
      残雪の雪倉岳ダウンヒル!想像しただけで涼しくなれそうですが、残雪期も楽しめるエリアなんですね!雪のついた稜線はきっと魅力的なのだろうなぁと思います。
      この辺りはまた必ず訪れたいなと考えておりますので、是非楽しみ方教えてくださいませ!

  • OSU!!
    御無沙汰しております。
    驚邏大四凶殺を髣髴とさせる荒行、感服いたします。。

    でも、あんな満点の星を見れるなら、頑張れちゃいますよね。。
    写真の腕前にもいつも感心しっぱなしで行った気になって思わず
    次の行く先候補から外しちゃいそうです(汗

    重いし、上手く取れないからミラーレス止めて、コンデジにしたんだけど
    良い写真見ると戻したくなっちゃうんですよね~

    ともあれ、「トイレ情報」はかなり助かります!
    我が家もお手洗いの清潔度は気にする者が多く、実はなかなかWEBにないんですよね
    ピンポイントでのトイレ情報。。
    八ヶ岳の桜平(中)と根石山荘のトイレはかなりよかったので、うちの家族的にそのポイントで
    もう一度、行きたいと声が出ますし、かなり需要のある情報化と思います。

    女子目線の情報は山行家族プレゼンに助かります!
    今後もお願いします。。(トイレってわけではなく・・・)

    • 呉竜府さん、OSU!!
      ご一家皆さまお元気でお過ごしでしたか?

      愕怨祭(がくえんさい)のように団結して頑張ったOMM LITEはとっても楽しかったですが、私は驚邏大四凶殺に辛うじて生き残るほどのHPしか残っておりませんでした。
      その後お会いしていないので分かりませんが、CEOは無事に王大人に生き返らせてもらえたのでしょうか。でもタフなのできっと大丈夫ですよね!笑

      必死に這いつくばって星空など撮影しておりましたが、なんと逆に候補から外れるだなんて思いもよりませんでした!笑
      やはりユーコンさんの記事のように何も景色が見えないくらいの方が、平常時には一体どんな景色が見えるのか気になりますよね(笑)次回は晴れさせ過ぎず、少し包み隠して行こうと思います!
      本当、晴れ女すぎるのも困りものですね。←おいっ笑

      ミラーレス機もお持ちなんですね!そうおっしゃらず是非使ってあげてください〜!
      道中投げ捨てたくなるほどクソ重いフルサイズ一眼ですが、持ってきて良かった!と思える場面に出会うとやっぱり嬉しいものです。
      星空も稜線の絶景も、きっと呉さんに撮ってもらえるのを待ってますよ!!もちろん小さい塾生さんも(^-^)

      そして「トイレ情報」のニーズお伺いできてとっても嬉しいです!
      個人的にも山での「汚い名物トイレ」の情報だけがネット上に溢れていて、「綺麗な名物トイレ」にはスポットを当ててもらえないなんてあんまりだ…と切なく思っておりましたので、これを機にトイレ情報ももっと集めて行きたいと思います!
      桜平(中)と根石山荘のトイレ、未チェックでしたので私も参考にさせていただきます♪
      「何度でも座りたくなる山のトイレランキング」なんて言うのも面白そうですよね!
      ・・・ってついついトイレにフォーカスしすぎちゃいましたね。汗

      やはり男性の目線で書かれている山情報がほとんどで、私自身も実際行ってみないと分からない事って多かったなぁと思いまして(^^;;
      トイレやお食事、山小屋泊では寝具や個室の感じなど、ご夫婦やご家族などで女性と一緒に行かれる登山においても少しでも参考になれば何よりです!
      朝日岳は工程こそ長いものの岩場や危ない箇所がほとんど無いことと、季節によってはお花畑も綺麗なので、歩ける女性には全力でオススメさせて頂きたいお山です!プレゼン応援しております♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    鬼ころしS

    カメラと雪山とテント泊が大好物で、ギア選びは常に遭難中。行く先々の天気予報をひっくり返す高気圧ガール。原動力はザックの中身の大半を占めるアルコールで、得意技はアルプス名古屋弁講座。山を愛しすぎて脱サラしたものの、今後の予定は本人にも分からない。