映画「クレイジー・フォー・マウンテン」半端ないって!

皆さんはなぜ山に登りますか?

「いい景色が見たい」「達成感」「そこに山があるから」etc…

山に登る理由は人それぞれありますが、山に魅せられたきっかけはこの映画に登場するクレイジー野郎たちも最初は同じだったのではないでしょうか?

大自然が造り出す圧倒的スケールの絶景

人間がいかにちっぽけな存在なのかを思い知らせてくれる山に自分の生命を再確認するため挑む冒険者たち。

ただ登るだけでは生きていることを実感できなくなった、山に取り憑かれたCRAZY GONNA CRAZY野郎たちが山に挑戦し続ける究極のリアルドキュメンタリー。

「クレイジー・フォー・マウンテン」

2017年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録したこの夏大注目の「山映画」です!

「クレイジー・フォー・マウンテン」は7月21日より、東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開されます。

公開劇場情報はコチラ

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

■映画「クレイジー・フォー・マウンテン」概要

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
制作:2017年オーストラリア 英語
上映時間:74分
公式サイト:http://crazy4mountain.com

 

■お問い合わせ

アンプラグド
TEL 03-6434-7460

3 件のコメント

  • 押忍!
    オーストラリアにも男塾があったなんて…
    これにフィジカルエリートの敏腕CEOが挑戦するんですね
    EXTREME HAMMOCKなら是非ご一緒しましょう!

    • 押忍!いつもありがと押忍!
      世界各国の「OTOKOJUKU」野郎たちはクレイジーっすよねー。
      BBGの男塾が幼稚園のお散歩程度に見えてしまうので、程々にしていただきたいです笑
      僕が挑戦すると2秒であの世に行ける「クレイジーヘブン」にタイトルが変更になってしまって趣旨が変わってくるので遠慮しておきます。
      エクストリームハンモック、絵的に地味そうだけど面白そうなんでやりましょう!笑

  • いまさっき観て来ました〜!!
    映像はもちろん最高でしたが、

    ナレーションの、
    そこはもっとも輝ける試練の場所。
    危険に近いほど得られる、生きているという実感。
    山は誰に対しても平等であり、山は我々に対して常に無関心だ。
    いま我々に必要なのは山の自然だ。

    うーむ、刺さりました!
    観てよかった〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ