ビッグアグネス インシュレーテッド AXL エアー ファーストインプレッション

お客さん!いいエアマット入ってまっせ!アメリカ Backpacker誌「Editors’ Choice 2018」にも選ばれたビッグアグネスの新作エアマット「インシュレーテッド AXL エアー」だよ!軽くて温かいってほんとー?ってことで、サクッとLet’s ファーストインプレッション!(文・アツシオガワ)



AXL Air

ビッグアグネスから今シーズン新たに登場した注目のエアマットが「AXLエアー」と「インシュレーテッド AXL エアー」である。

出典:ケンコー社

この時点である数字をガン見してしまった方も多いのではないだろうか?

そう、重量がクソ軽いのである。

ケンコー社さんお得意の誤記じゃないの〜?(←ケンコー社の方が自虐で言ってたんでお許し下さい笑)

とも思ったのだが、この重量で間違いないらしい。

これは是非試してみたい!ってことで早速お借りすることができたので、サクッとファーストインプレしたいと思います。

残念ながら、4/20の時点で「AXL エアー」は未入荷だったので、インシュレーテッドの方だけご紹介します。

重量と収納サイズ

指紋ベタベタ(拭いてから撮れよ!)のiPhone Xとのサイズ比較。

収納サイズは約7.5×13cm。

重量は333.5グラム。

全身サイズ&中綿(プリマロフト シルバー)入りでこの軽さ!

カタログの301グラムは本体だけかな?(スタッフサックの重さも計っとけばよかった…)

バルブ

逆止弁付きの大型バルブが付いているのでセッティング(膨らます)も楽々です。

出典:ケンコー社

オプションの「ポンプハウスウルトラ」を使えばあっという間に膨らますことができます。

逆止弁が付いているので、口で膨らますことも比較的容易ではあるが…やっぱ大変w

抜く時はキャップのつまみを差し込みます。

寝心地

厚さが約9cmもあるので、肘をついたり座ったりしても底づき感が殆どないので快適。

コレだけ分厚いとどうかな?と思ったけど、フワフワすることもなく寝心地はかなり良かった。

僕は空気パンパンに入れる派。

表面にすべり止め加工もされているので、マットから落っこちることもなかった。

引き裂き強度に優れるランダムリップストップナイロンを使用。

表面に雪が乗っちゃうと溶けて水になり、シュラフを濡らしてしまうので注意が必要。

温かさ

寝る直前の気温は5℃。

夜中にはもう少し下がった気がする。

ME「クラウドセーター」+WM「セミライト」+SOL「エスケーププロヴィヴィ」という就寝スタイル。

背中が冷たくて目が覚めるようなことはなかったが、きもーち冷たさは感じた(半シュラだからかな?笑)。

マイナス9℃〜2℃まで対応とあるが、過度な期待はしない方がいいかもしれない。

この重量から考えればプリマロフトの量もしれてるだろうしね。(R値非公表)

静音性

保温性を上げるために反射材が入ってるとガサガサうるさかったりすることもあるが、AXLエアーは全く気にならなかった。

寝返り打つたびにガサガサいうの周りの人にも迷惑だしね。

まとめ

保温性に関してはR値の公表もなく、体感ではイマイチ評価しづらいところではあるが、実際 北アの残雪期に半シュラで寝れたわけですから、無積雪期の3シーズンであれば余裕でしょう。

気になるのは価格設定が少しお高めかな?ってこと。

この値段ならポンプサック付属してくれたら嬉しかったかな。

ただ、この軽さでこの保温性と寝心地は事件だと思います。

是非マットの購入を検討している方には、候補の1つにしていただけたらと思います。

以上、アツシオガワでした。

押忍!

4 件のコメント

  • 軽いっすね!StSの2気室のマットと悩んでしまいます。
    そして、寝てる姿が最近の自分のスタイルに激似です。
    ME「クラウドデュベ」中華メーカー「半シュラ」SOL「エスケープビビィ」にStS「ULインサ」。しかし、全部アツシさんよりも重い…。クラウドデュベはアツシさんの記事を見て買いましたが、モコモコでめっちゃいいですね。寝具メインに考えたので、前後逆にキルトのように着れるフルジップのデュベにしました。

    マットがそれだけ厚いとビビィの中に入れるのは無理ですかね?

    • 毎度ですー。

      インサレーションなしならもっと軽いっすからね。
      シートゥもBAもいいマットだと思いますが、バルブの出来はシートゥですね。
      入れるのには大差ありませんが、抜くのはシートゥの方が一瞬で抜けます。撤収が楽っす。
      ほんとだ、ほぼ一緒じゃないっすか笑
      MEのクラウドシリーズのモコモコはやべーっすよね。
      こいつがあるおかげで半シュラ=軽量化できてます。

      >前後逆にキルトのように着れる・・・
      なるほど!そんな使い方もアリっすね!でもフードが邪魔くさくないんスカ?笑

      さすがにビビィの中に入れるには厳しいでしょうね。
      ガリガリ君ならまだしも、スナフキンNさんのようなガチムチだと磔(はりつけ)の刑状態になりかねないと思います笑

      • >でもフードが邪魔くさくないんスカ?笑
        フードは胸側(背中側?)にインしてダウン増量してます。
        生地が10D?15D?でサラサラ柔らかなお陰でガサガサもしないっす。
        MEクラウド、そしてアツシさんの提唱する「行動着を大事にするスリーピングシステム」はやってみて本当に効果を実感してます。あんたゴイスーだよ!

        >さすがにビビィの中に入れるには厳しいでしょうね。
        ボクはヘタレなのでエアマットをなるべく保護したいんですよね。グラウンドシートだけだと、枝でも刺さったらどうしよう!?って過保護なので、先日もSOLビビィにエアマットだけインしてその上で寝るという本末転倒な事をしてしまいました。一緒に寝るには脂肪のUL化が急務ですね。

        • なるへそー。それならフードが邪魔どころか、保温性アップにもつながるってワケだ!あんたゴイスーだYo!
          確かにエアマットがパンクした北アルプスの夜は寒いし、背中が痛いわで地獄でした。
          僕もパンクが怖いのでタイベックシルバーをグラウンドシートに、SOL「スポーツユーティリティブランケット」をテント内に敷いています。
          SOLのブランケットかさばるし、重いから他に変えようと思ってます。何かいいのないかなー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ