2018.4.16-17 ユーコンカワイ 明神平 1泊2日テント泊 ギアログ

4月のポカポカ低山ハイクを楽しむつもりがやっぱり寒波さんに掴まって終始寒い山行となった明神平ハント。日中でも7℃程度までしか上がらず、風もあって体感温度は結構低かったから要所要所ウェアでうまく体温調節。しかしアミバの適当秘孔のせいで腸の調節がうまくいかず、いつも通りゲリを楽しんでしまった。今後は行動食をストッパに変えた方がいいのかもしれない。



タイラガハラハンターがゆく!明神平・桧塚奥峰・櫛田川の旅

タイラガハラハンターがゆく!明神平・桧塚奥峰・櫛田川の旅

2018.04.29

ウェア

上半身

171cm78キロ。痩せる気配ゼロ体系。

  • ドライ/ファイントラック「スキンメッシュT」M【楽天AmazonYahoo!
  • ベース/スマートウール「PhDライトフーディー」S【楽天Yahoo!】 ※レビュー記事はコチラ ※特集記事はコチラ
  • レインウェア/ティートンブロス「ブレスジャケット」M【楽天AmazonYahoo!】※レビュー記事はコチラ  ※特集記事はコチラ
  • ミドルインサレーション/パタゴニア「ナノエアライトハイブリッドジャケット」M【楽天AmazonYahoo!※レビュー記事はコチラ ※特集記事はコチラ
  • インサレーションジャケット/パタゴニア「マイクロパフフーディー」S【メーカーサイト】 ※レビュー記事はコチラ ※特集記事はコチラ
山で気温の寒暖差が出やすいこの時期は持っていくウェアも気を使う。こんな時期のベースレイヤーは速乾性のある化繊と保温性のあるメリノウールのハイブリッドベースがとても重宝。PhDライトフーディーはフード付きなので、上に何か羽織るまでもない時にフードをかぶるだけで結構あったかい。雨が降りそうな寒い朝は、濡れても安心で防寒としての保温性も高いマイクロパフはやはり持ってて安心の1着でしたよ。

マイクロパフのフードは顔デカ族に一切対応していないため、ジッパーが閉められずに七福神みたいに頭が伸びる。ぜひ松井秀喜モデルのフードを!

下半身

  • アンダー/マイパッケージ「アクティブシリーズ」asia M【楽天AmazonYahoo!】※レビュー記事はコチラ
  • ロングパンツ/マムート「ソフテックトラバースパンツ」asia L【楽天AmazonYahoo!
  • レインパンツ(出番無し)/ティートンブロス「ブレスパンツ」M【楽天AmazonYahoo!】※レビュー記事はコチラ
  • ダウン/ナンガ「スーパーライトダウンパンツ」L【楽天AmazonYahoo!
今回の旅で、開運パンツのマイパッケージの快晴効果は連続3回までと立証されましたね。ティンコの収まり具合は相変わらずいい感じっす。ストレッチ性が優れてて適度な防風&撥水性のあるソフトシェルパンツはこの時期手放せないっすね。

ヘッドウェア&グローブ

  • キャップ/サンデーアフタヌーン「エアトリッパーキャップ」【楽天AmazonYahoo!
  • ネックウォーマー/アイベックス「インディークイックリンク」【Amazon
  • サングラス(出番無し 涙)/オークリー「ピットブル」【楽天AmazonYahoo!
  • グローブ/ミズノ「ブレスサーモインナーニットグラブ」【楽天AmazonYahoo!
アップ写真が例の“コーヒースエット”飲んでるやつしかなかったんで表情が微妙ですが、メッシュ地のキャップは相変わらずいい感じで爽やかでございます。サングラスさんは再びザックの中で出番を待つだけの存在になってしまいました。

フットウェア

  • インナーソックス/インジンジ「ライナークルー」【楽天AmazonYahoo!
  • ソックス/ポイント6「ハイキングテックミディアムミニクルー」【Yahoo!
  • シューズ/ノースフェイス「ウルトラエンデュランスGORE-TEX」【楽天AmazonYahoo!】※レビュー記事はコチラ
下山の道迷いからの高巻き脱出時、脆く滑りやすい足場でウルトラエンデュランスのメガグリップがよく踏ん張ってくれました。インジンジのライナークルーの肌触りとドライさはもはや病みつきっすね。

バックパック&バッグ

  • バックパック/エクスペド 「ライトニング45」【楽天AmazonYahoo!
  • サコッシュ/ワンダーラストイクイップメント「カンパラパック」【メーカーサイト】 ※レビュー記事はコチラ
  • カメラバッグ/パーゴワークス「フォーカスL」【楽天AmazonYahoo!※リンクは現行品
  • 圧縮袋/グラナイトギア「eVent シルコンプレッサーS 13L」【楽天AmazonYahoo! ※レビュー記事はコチラ
  • ストラップ/ストラップギア「ストラップギア12インチ」【楽天AmazonYahoo!
今回初投入となったエクスペドのライトニング45。こいつが軽量な上にしっかりした背面システムが機能して背負いやすいったらないのね。メーカー公称の耐荷重は驚きの25kg。45L以上に物が入る印象だし、外付けの拡張性もあって何よりカッコイイ。かつて僕が軽量バックパック界の四皇に選んだだけの実力があり、長く愛されてる理由がよくわかった。こいつはいずれまた詳細レビュー書きますね!

クックウェア

実は今回の旅は、エバニューさんのUL湯沸かしセットのテストがメインで行ってたのであります。特に2018年新作の風防は、地味ながらもULファンには待ちに待ったアイテムじゃないでしょうか?俺だけ?新たにネオプレンの専用ケースも発売され、いよいよULクッカーセットの完成形が出来上がって来ましたね。これも近々詳細レビュー書きます!

防風と遮熱効果で160mlのお湯沸かすのに2分とかからない。収納性も秀逸。

食料計画

  • 昼:アルファ米+畑のカレー+(オクラ・パプリカ・サケ)

我が好物、アマノフーズ「畑のカレー」を乾燥食材で華麗にバージョンアップ!激ウマ!

カレー/アマノフーズ「畑のカレー」【楽天AmazonYahoo!

  • 夜:餅+味噌+春雨+(ネギ・オクラ・パプリカ・サケ)

いつものBBG鍋に加藤兵太郎商店さんの白味噌を投入。やっぱ餅には味噌が合う!

  • 朝:パスタ+素+(オクラ・パプリカ・サケ)+ポタージュスープ

焦がしサーモン味のパスタの素に本物の乾燥サーモン入れて豪華パスタ。麺は4分サラスパ。

  • 昼:リフィル+(ネギ・パプリカ・サケ)

櫛田川で食うつもりが食えなかったんで別日に家で。パプリカが彩りアップで食欲そそる!

  • その他:ビール350ml×2、ツマミ、エネルギージェル×2(うち1個はアミバ)、カロリーメイト
最近凝ってるお手製ドライフード。こいつを投入するだけで、パスタやラーメンなどのシンプル料理がすげえ豪勢になるから不思議。ドライフードは軽量だし長期縦走にも持っていけるから嬉しい。なかなか書けないけどドライフードに関してもいずれ書きますね!

こんな感じで、それぞれの料理ごとに袋分けして持ってけば楽。個人的には今サーモンが熱い。

スリーピングギア

  • テント/ゼログラム「エルチャルテン1.5P」【楽天AmazonYahoo!
  • ペグ/トークス「チタニウムフックペグ」【楽天AmazonYahoo!
  • ペグ/フリーライト「ウルトラライトネイルペグ」【メーカーサイト
  • シュラフ/シートゥサミット「スパークSp1」【楽天AmazonYahoo!】 ※レビュー記事はコチラ
  • シュラフカバー/SOL「エスケープライトヴィヴィ」【楽天AmazonYahoo!
  • ピロー/モンベル「U.L.コンフォートシステムピロー」【楽天AmazonYahoo!
  • マット/サーマレスト「リッジレストソーライト(120cmにカット)」【楽天AmazonYahoo!
  • 座布団/ビッグアグネス「サードディグリーフォームパッド」【楽天Yahoo!
  • ランタンシェード/モンベル「クラッシャブルランタンシェード」【楽天AmazonYahoo!※リンクは現行品
こちらもテストとして初投入となる軽量4シーズンテント、ZEROGRAMのEl Chalten1.5P。素敵な平らで野宿したいタイラガハラハンターにとって最も重要なアイテムだ。インナー素材に通気性と撥水性があるモノフィラメントが使用されており、噂通り全く結露しなかった。フライとインナーとフットプリントまでもが一体で立ち上がるため、設営も猛烈スピーディー。中も広く前室も十分あって入口も二つあって、それでいて実測1.4キロ。かなりアツいこいつのレビューも近々書きますねー。座布団は最近ずっとビッグアグネス の新作「サードディグリーフォームパッド」。サイズも大きめで効果的に空気の層を作って保熱するから結構気に入っている。

テントの玄関口に置くと何やら脱衣所にあるバスマットのよう。

その他

  • トレッキングポール/ローカスギア「cp3」【メーカーサイト
  • エマージェンシーセット
    包帯・ガーゼ・三角巾、ミニはさみ、靴擦れ用絆創膏、テーピング、トイレットペーパー、ライター、リペアシート、ガイライン、各種薬、保険証コピー。
  • 手ぬぐい/BEST BUY GEAR「BBGオリジナルTENUGUI」【購入ページ
  • ヘッデン/ブラックダイヤモンド「旧ストーム」【楽天AmazonYahoo!※リンクは現行品
  • ランタンシェード/モンベル「クラッシャブルランタンシェード」【楽天AmazonYahoo!※リンクは現行品
  • 一眼レフカメラ/ペンタックス「K-S2」【楽天AmazonYahoo!
  • 三脚/ベルボン「キューブ」【楽天AmazonYahoo!
  • カラビナ時計/ラドウェザー「センサーマスター4」【楽天AmazonYahoo!
  • モバイルバッテリー/RAVPower「6700mAhモバイルバッテリー」【楽天AmazonYahoo!
ユーコンカワイの七不思議。それはこんなにお腹が弱いのになぜか下痢止め薬は持っていかないってこと。漢たるもの、いつだってピーピーどんどんで生きていきたいのである。

TENUGUIはいつも枕カバーになってます。ひとりぼっちでもモリオと一緒だから寂しくないぞ!

室内灯はヘッデンに装着した超軽量ランタンシェード。まあ無くても困らないんだけどさ。

今まで使ってた5400Ahが壊れたから6700Ahに買い換えた。それでも前と同重量。軽量化が進んでるねえ。

 

ってな感じの明神平1泊2日のギアログでありました。

今回はおニューアイテム目白押しでございましたね。

本来であればここに櫛田川パックラフトの川下りアイテムも載るはずだったんですが、まあバシャ降り食らったんでしょうがないっす。

山から川にかけての大人の優雅な旅をお見せしたかったんだけど、結局いつも通りのひどい展開になってしまいました。

最終的にはうんこですからね。

またユーザーさんから「卑猥でお下劣な記事」とお叱りを受けてしまいそうですが、これが“42歳のリアル”なのでしょうがないのであります。

 

それではまた、次は川かな?でお会いしましょう。

美味しいコーヒーが飲みたかった…。

エアコーヒーマニア・ユーコンカワイがお送りしました。

押忍!

8 件のコメント

  • 以前、問い合わせ、からテントについて相談させていただいた者です。
    その際にチヌークとこのゼログラムのEl Chaltenについてお聞きしましたが、両方についてのレビューが見られることになるとは思いませんでした。
    El Chaltenについて別途レビューがあるようですが、ついては、チヌークとの違い、二人で使う場合1.5でも問題ないか(2の方がいいか)、耐久性(カタログ通り4シーズン使えそうか)、El Chaltenについては1.5と2で素材が違うようですが、そのへんのわかること、あたりについて考察いただけると嬉しいです。
    長文、失礼しました。

    • 匿名さん、どうもです!
      まだテント悩みの沼の中にいるんですね。
      ある意味一番楽しい状態ですよね。

      ざっと感じたチヌークのと違いですが、印象としては3本目のポールが長くて地面でペグが打てるチヌークのが耐風性には優れてると感じました。
      ただ設営の速さはその分エルチャルテンのが早く、かつフットプリントもすでにセットされた状態なので相当楽です。
      居住性に関しては同じ1.5だとチヌークに軍配が上がりますね。
      前室潰してフロアを拡張できる分、やはり二人使用でも広々快適でしょう。
      エルチャルテン1.5で二人は全然行けるんですが、チヌークに比べたらほんの少しだけ狭さは感じるでしょう。

      4シーズンってことで冬季仕様を考えた際ですが、結露問題にナーバスであればエルチャルテンのが圧倒的に結露はしないです。
      ただその結露対策用のインナー素材(モノフィラメント)は、メッシュに比べたら全然風を通さないですがそれなりに通気性があるんで冷気は感じやすいです。
      そういう意味では、上部メッシュを開け閉めできるチヌークは安心感があります。
      細かいけど縫製もチヌークのが丁寧な感じです。

      こうしてみるとチヌークのが良いって感じですが、エルチャルテンが高レベルに良いテントなのは間違いないです。
      軽さと快適性のちょうど良いラインを求めるならエルチャルテン、多少重くてももう一つ上の快適性をっていうならチヌークですかね。
      およそ1万円チヌークのが高いってこと考えると、エルチャルテンのコスパの高さ(しかもフットプリントつき)はなかなかなものがあります。
      このあたりのバランスをどう考えるかですね。

      エルチャルテンの1.5と2で素材が違うってのは一回メーカーさんに確認してみますね。
      インナーがモノフィラメントかどうかがわからないですが、単純に全体的に耐水圧上がってよりハード仕様にも耐えられそうですね。

      • 詳細、ありがとうございました。
        逆にソロで使う場合は、チヌーク2Pだと広すぎ、エルチャルテンも2だとやや広すぎるかなという雰囲気でしょうか?
        まぁ、雨の日などは広いに越したことはないのでしょうが(特に二人の場合)。
        素材違いの件、またわかりましたら教えてください。

        • ソロで使うこと考えたらエルチャルテンで十分すぎるほど快適ですよ。
          広すぎるってほどでもないですが、十分すぎるっていう表現っすね。
          多少形状が違うんで(エルは長方形でチヌークはちょっと変形型)一概にサイズだけでは判断できませんが、一個だけ判断基準としてあげるとしたら長さがエルの方が20cmほど短い210cmです。
          僕は171cmなので全く窮屈には感じませんでしたが、180cm以上の人には多少は長さに物足りなさを感じるかもしれませんね。
          どちらも十分な前室があるんで、雨の日でも安心ですね。
          素材の違いに関しては、2のが先に出て1.5Pのが後発だった事で2の方が最新素材(モノフィラメント)が採用されてないないって事でした。
          他の生地自体もスペック上は2の方が防水性は高く、インナーがモノフィラメントじゃなくて通常のソリッド素材で、状況に合わせてメッシュにできるタイプです。
          冬季に結露よりも冷気を抑える方に重きをおくなら1.5より2のが優れていますね。
          要するに2は2として完成されてて、1.5Pは2をより軽量にして結露対策が施されたもので、同じ名前だけど若干コンセプトが違うって感じですね。

  • 私もエバニューのアルコールストーブ持ってるだけに記事見たときはめっちゃ気になりました!
    あんないい感じに全部収まるならソロはあれでいいやんって感じですよね(^o^)/
    レビューわくわくしながら待ってまーす!

    • エバニューのアルコールストーブ持ってるなら、ぜひ軽量コンプリート達成して欲しいっすね。
      もう湯沸かしのみの人は相当な軽量化ができる時代。
      僕の体重もあやかりたいっす!

  • EXPEDのライトニング45Lがめちゃめちゃ気になっています!
    当方小柄のため、軽量ザックでも背面調節と腰荷重ができるモデルに興味があります!
    fast&lightを標榜するザックは身長160㎝代だとなかなかフィットするものが無くて…。
    レビューを心待ちにしています!

    • ムササビジャンプさん、コメントありがとうございます!
      ライトニング45、こいつカッコいいし背負い心地も個人的には好きな感じでなかなか良いっすよー。
      腰加重は人によってはパッド部分に「存在感」を感じてしまうようですが、僕は気になりませんでした。
      むしろそのおかげでしっかり腰で支えられてる感あっていい感じです。
      背面調節も無段階で細かく簡単にできるんで、160cm台でも問題ないようには感じてます。
      ライトニング45は発売されてからそれなりに日は経ってますが、それでもまだ一線で売られてるのにはちゃんと意味がありますねえ。
      もうちょっと使ったら近いうちガッツリレビュー書きますね!
      しばしお待ちを!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。