ピークパフォーマンス Helium Hood Jacket ファーストインプレッション

ピークパフォーマンスといえばデザイン性と機能性を高い次元で融合しているハイクオリティブランド。そんなピークパフォーマンスで毎年ユーザーから支持されているのがダウンカテゴリーの「Helium(ヘリウム)シリーズ」である。オサレでカッコイイだけじゃない!フィールドでも使える高い機能性がそこにはあった!



素材・スペック

表面素材は超軽量で耐風性を持つ撥水性素材を採用。

中綿にはAllied Feather & Down社」製の高品質な700FPのダウン(ダックダウン90%、ダックフェザー10%)が詰め込まれている。

重量は実測282gと超軽量!(メーカー公称値320g)

フード付きでこの軽さはかなり魅力的。

特徴

特徴は何と言ってもこのウェーブ状のキルティングデザイン。

ウェーブキルトは、デザインがカッコいいこともさることながら、ダウンの偏りを防いでコールドスポットを減らしてくれるという利点もある。

もうこのウェーブデザインはピークパフォーマンスのダウンの代名詞になりつつあるね。

ウェーブデザインが特徴のヘリウムシリーズには、ジャケットタイプ(フードなし)やプルオーバータイプ、ハイブリッドタイプなど様々なシリーズが展開されている。

左は生地に「Pertex Quantum」を使用したハイスペックモデル。

レディースも同様にとてもオサレなシリーズが展開されている。

 

 

ポケットは全部で3箇所。

ファスナー付きの胸ポケットはスマホがちょうど収まる大きさ。

両サイドにはハンドウォーマーポケットがある。

2017-18年モデルからは胸ポケットがなくなった代わりにハンドウォーマーポケットがジッパー付きになった。

プリントから刺繍へと変更となったロゴは、袖から胸部分にデザインされるようになった。

袖口と裾部分には伸縮性素材が使われている。

こんなところにもロゴが型押しされている。デザインの魂は細部に宿る。

ドローコードレスの方が着用時のスタイルもカッコイイし、僅かながら軽量化にもなるしいいよね。

 

フードは調整箇所が2箇所あり、フィット感を細かく調整できる。

 

左ハンドウォーマーへ収納が可能なパッカブル仕様となっている。

チラッとピークパフォーマンスのタグが付いてるのもニクい。

インプレッション

保温性

マイナス15℃+強風、御来光待ち時にハードシェルの上から羽織る。

昨今のフィルパワー競争の中では700FPと聞くと特に目を引く数値ではないが、ダウンの質がいいのか、ウェーブパターンが影響しているかは定かでないが、約280gの超軽量ダウンにも関わらず保温力が高い。

本当に700FP?と思ってしまうほど、よく膨らんでいる。

パタゴニアのダウンセーター(800FP)と比べても遜色ないボリューム感である。

ちなみに、上の写真の時のレイヤリングは「ドライレイヤー+ベース(メリノ)+フリース(パタR1)+化繊インサレーション(パタ・マイクロパフ)+ハードシェル+ダウン(ピークパフォーマンス・ヘリウムフードジャケット)」。

手足の末端は冷えたが、ボディはガタガタ震えるほど寒くはなかった。(約15分間STAY)

こんなに軽いのに保温力が高いのには驚かされる。

詳しいギアログはこちらをどうぞ

2018.01.01 仙丈ヶ岳 アツシオガワ ギアログ

2018.01.12

900FPだ、1000FPだとダウンも数値合戦の様相を呈してきましたが、FPの数値だけにとらわれない方がよさそうだ。

着心地

173cm 72kg ガッチリ体型でMサイズ着用。

カッティングパターンと生地が素晴らしいのだろう、とにかく着心地が軽い!

同じような重量帯のインサレーションJKと比べても、明らかに着た感じが軽く感じる。

とってもしなやかで、何とも言えない表面素材のシルキーな肌触りも格別である。

モコモコのダウンって温かいけど肩凝るんで、最近はもっぱらこのダウンを通勤時のアウターとしてヘビロテしてます。

デザイン

ピークパフォーマンスといえば大人の色気を感じるデザイン性の高さ!

なんなんすかね、僕みたいな田舎臭いゴリ夫が着ても、スタイリッシュに見えちゃうオサレ感は。

北欧(スウェーデン)ブランドですが、日本人の体型に合いやすいサイズ感も◎。

まとめ

ピーク着てると流血しても騒がない大人の余裕が自然とうまれる。

山ではもちろん、街着としてもオサレに着られるデザイン性の高さはさすがピークパフォーマンス!

ロゴも控えめで「ドヤ感」がない、さり気なさが大人っぽくてカッコイイっすよね!

おしゃれなのに機能や素材は本格派。

まさに「City to Summit」

街からフィールドまで良き相棒になってくれること間違い無しのダウンジャケットです。

軽量ダウンをお探しの方は是非候補に入れてみてください!

以上、アツシオガワでした!

押忍!

 

※スマホの人は横にスクロールします。

アイテム名Helium Hood Jacket(17-18model)Helium Hood Jacket(16-17model)W Helium Hood Jacket(17-18model)W Helium Hood Jacket(17-18model)
アイテム画像
重量290g320g290g240g
サイズXS,S, M, LXS,S, M, LXS,S, M, LXS,S, M, L
カラー5色4色4色3色
メーカー価格33,000円+税33,000円+税33,000円+税33,000円+税
BUY NOW

※画像クリックでメーカーサイトへ

レディースがどのECサイトにも取扱がなくて残念。

メーカーサイトでは販売してます!

 

4 件のコメント

  • みんなの山道具シリーズを見ていて着用率が高いなーと思ったのがこのヘリウムジャケットでした。
    数年前まではド派手なカラー展開でしたが、今年はとても落ち着いたカラー展開で街や旅行にも
    活躍してくれそうでいいですね!

    • いつもありがとうございます!
      確かにちょっと前のピークってイケイケColorが多かったですよね。
      最近は大人っぽいシックなカラー展開がオサレですよね。
      軽くて温かいんで、最近は山でも街でもこればっか着てます笑

  • 押忍、レビューお疲れ様です

    僕もフード無しを愛用しております
    因みに171センチ、65キロでSサイズでございます。(ノースでは主にM)
    ホントにスペック以上に暖かいっすよね、しかもカッコええし。

    ちょとした不満は、フード無しの場合だと、ファスナーを首下位で止めた状態でいると、ネック部分が内側に巻いて来て首に当たるんです、少し不快感を感じる事がありますネ。

    然しながら、街着寄りではあると思いますがかなり気に入っております

    コレは買って損はしなっすよね。

    • 押忍!毎度ありがとうございます!
      カッコいいくせに軽くてあたたかい!
      ピークってオサレなだけじゃないとこがニクイっすよね。

      レビューありがとうございます!
      フードVer.もファスナーを上げると多少内側に巻いてきますが、そこまで気にはならないっす。

      僕も最近どこ行くにもコレばっか着ていってます笑
      きっとルーシーをたっぷり吸い込んでると思いますんで、シーズンオフにはしっかりメンテしてやろうと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ