激闘!信越トレイルスルーハイク 2〜地獄の直進行軍〜

運命の二日目がやって来た。本来であれば2日をかけて行く「31.6km 15時間」を1日で駆け抜ける肉体破壊男塾コース。しかも朝から容赦なく降り注ぐ冷たい雨。果たしてユーコンカワイは精神を破壊されることなく、最後まで歩き抜くことができるのか?いざ、限界突破の男塾名物「雨中直進行軍」の始まりだ!



信越トレイル2日目 赤池〜関田峠

第5章 希望の轍

ほとんど寝れてない状態で突入した二日目。

雨は思った以上に本降りで、しかも雪になる手前くらいのキリリと冷えた爽やかさ。

それでも今日も信越トレイルからの素晴らしい景色を求め、唇を紫色にしながら進んでいく。

 

やがて地図上で双眼鏡のマーク(眺望良し)の場所へと辿り着く。

ちょうど案内看板もあったので、私は目の前の景色と照らし合わせながら「ほほう、あれが妙高山であっちが火打山か。おお、日本海も見えるぞ!」と景色を堪能。

やはり朝日に照らされた妙高火打の眺めは素晴らしく、思わず朝から目頭が熱くなってしまう。

ほんと、こういう時の眺望案内看板って悪天候男の神経を逆なでするからやめていただきたい。

 

一応今日は「曇り一時雨」という予報だったんだが、起きてから一時どころか常時雨が降り続いている。

希望湖に到着する頃には完全なザザ降りと化し、希望のカケラもない状態に。

本来ならここから毛無山に登っていくルートが信越トレイルの本線なのだが、実は20分時間を短縮できるショートカットルートがある。

当初の計画では「当然信越トレイル本線でいくぜ!」と息巻いていたが、もはやこの時点では1mmの迷いもなくショートカットルートを選択していた。

そして少しでも早く先に進むため、雨の希望湖沿いをハイスピードで走って進む。

そしてだいぶ距離を稼いだ時点で気づく。

自分がルートから外れて全然違う方向に突っ走っていたことに。

結局また元来た道を走って戻ることになり、戻った頃には「30分」という時間をロスしていた。

20分巻くためにショートカットを選択し、散々走った上で30分経っても少しも先に進めなかった私。

こういうのを骨折り損のマゾ儲けと言うのだろう。

 

第6章 泥だらけのジャック

コースタイムでは15時間となっているが、そのまま行ったらテン場に着くのが夜になってしまう。

事前計画では、本日は「走れるとこは走って根性で3時間巻いて12時間でゴールする!」という強行軍予定。

しかし折からの雨で、道はすっかりゲリ道と化してとても走れる状態じゃない。

それでも先ほど湖で無駄な回り道をして焦っていた私は、「ぬおおおおお!」とバシャバシャ突っ走っていく。

 

その時である。

私は豪快にゲリに足をすくわれ、そのまま転倒して壮絶なスライディングをかましてしまった。

それはもうキャプテン翼並みのスライディングとなってしまい、「なにィ!」と叫びながらズッシャァァッッと約2mほど滑落。

キャプ翼スライディングをした痕跡を振り返る。

ショートカットルートを選択したことにより、湖で迷った挙句にゲリ道転倒というこの踏んだり蹴ったりさ。

思わずジャックバウワーのように「クソゥッ!」と叫んでしまったほどの厳しい時間帯。

だめだ、マジでもう帰りたい。

 

しかし諦めたらそこで試合終了だ。

いつか必ず来るであろう「晴れ」を目指し、たとえ「お先真っ白」でもとにかく先に突き進むしかない。

とにかく泣いたら負けだ。

って段階でまた余計な眺望案内看板。

私は「ほほう、千曲川越しに見える志賀高原の眺めが…」まで言うと、再び「クソゥッ!」と叫んで号泣。

今回の「24」は長く厳しいシーズンになりそうだ。

 

第7章 目指せ放尿

延々と続くゲリ道の中、相変わらず厳しい行軍が続いている。

「一時雨」予報の雨は全く止む気配はなく、永遠とも思える「一時」が続く。

私はここにハイキングを楽しみに来たはずだったんだが、いつのまにか何かの国家的特殊部隊の個人訓練でも受けさせられてるような気分になって来た。

そんな気分のまま、やがてスタートから4時間。

心身ともにボロボロになって来た段階で、ようやく雨宿りして休憩できるポイントに到達。

これは本当にありがたかった。

やっと雨に打たれずに座って休むことができたが、あまりの寒さに体がガタガタと震えている。

気温はおよそ8度。濡れてるから体感はもっと低い。

顔色なんてもうデスラー総統のように青ざめてしまっている。

我が相棒のバックパックも、ここまでの激戦のせいでいつのまにか「ハイパーライト マウンテン ゲリ」になってしまった。

実はあのキャプ翼スライディングの後も何度もゲリに足を取られて転倒を繰り返している。

もう正直トレイルっていうより、ずっと田んぼの中を歩いてる気分だ。

 

しかしここでもゆっくり休憩できない理由が私にはあった。

実はもう膀胱が破裂しそうなほど、おしっこが限界なのである。

この信越トレイルは環境保全のため指定のトイレ以外でのし尿は禁止されており、それ以外の場所では携帯トイレの使用を推奨している。

携帯トイレは持って来ていたが、荷物になるからギリギリまで頑張ってなんとかトイレだけで済ませたいのだ。

 

休憩もソコソコに、トイレポイント目指して激しい内股になりながらくねくねと進んでいく。

一応ここ池なんだけどもう何が何だかわからない。

走れるところは突っ走っていくが、すぐに勢いで「ピュッ」と出そうになってしまい、何度もその場でうずくまってかかとで肛門あたりをグリグリしてやる(これやると尿意が少し収まる)の繰り返し。

なんて過酷なセルフSMプレイなのか?

今もし急に鹿とか飛び出して来たら、びっくりしてジュンジュワーは避けられない。

しかし根性でケツ筋を引き締めながら、必死の思いで桂池のテントサイトに到達。

そしてそこのトイレで、今日一番の幸福の時間が訪れた。

まさにその瞬間を切り取った渾身の己撮り。

苦しい時間を乗り切った者だけが味わえる快感がそこにある。

おそらくこれでまた「卑猥で下品な記事」というお叱りを受けてしまいそうだが、これが信越トレイル、そして41歳の男のリアルなのだからしょうがない。

全てを伝えるのがジャーナリストである私の使命なのである。

 

第8章 立ち食いラーメン

その後も勢いを増す白の脅威。

もう数m先も見えない感じで、ここなんてとんでもない絶壁の道を歩いてる気分になって来る。

道のゲリ度も激しさを増し、もう吉本新喜劇レベルの頻度でズッコケては全身泥だらけに。

ドブネズミのような美しい生き様。

信越トレイルってこんなにハードな世界だったのか?

私の想像だと、もっとアハハウフフでピースフルな場所だと思っていた。

しかもあまりに長く続くこの辛さに、「なんでもないようなことが〜幸せだったと思う〜」というロード第2章のフレーズが頭の中でリフレインをやめてくれない。

ロングハイク中の脳内リフレインほど辛いものはない。しかも虎舞竜て。

そして歩けど歩けど、当たり前だが誰一人としてハイカーに出会わない。

というか虫すら存在せず、たまに1匹現れたカエルを寂しさのあまり抱きしめてしまいそうになってしまったほど追い詰められて来た。

やがて脳内ロードが第86章に達する頃、不意に霧の中に仙人が現れた。

ハイカーじゃなくてただのキノコ採りのおじいちゃんだったが、久しぶりに人に出会えて私は泣きそうになって思わず「写真撮らせてください」と言ってしまったほど。

しかし動揺のあまりiPhoneがバーストモードになっていたのか、「パシャシャシャシャシャ」と連写が止まらない。

結局このおじいちゃんの写真を62枚も撮ってしまい、一気にデータ保存容量が逼迫されてしまった。

 

それでも嬉しさのあまり話し込んでしまい、結局またここで貴重な時間をロス。

いい加減腹が減って死にそうなので、地図上にまた「東屋」のマークを見つけたのでそこを目指す。

しかしその東屋付近に到達したんだが、もはやホワイトアウト状態で東屋を見つけることができない。

方々探し回ったが結局最後まで東屋を見つけることができず、そのまま山道に入ってしまった。

また今日も昼飯が食えないハンガーノック一直線だ。

 

しかし途中で一瞬だけ雨が上がるというビッグチャンスが到来。

私はそのチャンスを逃してなるものかと、即座にラーメン用のお湯を沸かす。

するとその段階で「かかったな!」とばかりに輪をかけた土砂降りがスタート。

これは孔明の罠なのか。

結局沸騰してないお湯をラーメンにかけ、3分も待たない状態で「スピード立ち食い」する羽目に。

当たり前だがスープは人肌以下のぬるさで、麺はバリカタ状態。

でも食わなきゃ死んでしまうから、涙目になりながら立ったままバリボリと食らいつく。

この時だっただろうか。

心の中で何かがボキッと折れる音がしたのは…。







 

第9章 限界点突破

朝出発してから8時間くらいが経っただろうか。

ずっと冷たい雨に打たれ続け、何度も転倒してはまともな休憩をすることも許されずここまでやって来た。

気がつくと立ったままぼーっとしてることもあり、かなり厳しい状態。

そしてうわごとのように「誰か…抱きしめて…強く…抱きしめて…」などとブツブツつぶやき始める始末。

しかしそんなうわごとすら、台風並みに強くなって来た風雨が容赦なくシャットアウト。

まるで冷蔵庫の中にいるみたいに寒く、そして寂しい光景。

やがて根性だけで鍋倉山山頂に到達するが、正直セルフタイマーをセットするのが精一杯でポーズをとる余裕はない。

体も冷えて力が出ない。

そんな時は最終兵器のウイスキーをガッと体内に注入し、最後の火事場のくそ力を発動させる。

体がカッと燃えたぎり、その勢いを借りて一気に下っていく。

しかししばらく進むとどうも様子がおかしくなって来た。

この段階で、またしても道を間違えてるということに気づいて思わず頭を抱える。

慌ててまた鍋倉山山頂を目指してフンガフンガとハイクアップ。

そして山頂に戻って来てからまた気づいてしまう。

さっきの道で合ってたじゃないの!ってことに。

本日2度目のジャックバウワーが登場し、「クッソォォォッッッ!」と絶叫。

わけのわからん行ったり来たりの繰り返しだけで、貴重な火事場のくそ力を使い果たしてしまった。

それでも男塾仕込みの根性を発動させ、「みさらせ!これがユーコンカワイの生き様じゃぃぃ!」と叫びながら猛烈に突き進む。

しかしその余計な勢いのせいで、弁慶を倒木に猛烈強打。

悶絶が止まらない。

いよいよ本気で泣きそうになり、この時点で頭の中にもう一人の自分が現れて「もうよくやったよ。誰もお前を責めはしない。もう楽になっていいんだ。諦めてお家に帰ろうぜ。」と囁く。

しかし私は唇を真一文字に結びながら立ち上がり、足をひきづりながら愚直に前に進んでいく。

やがて本日最後の山、黒倉山に到達。

そして己を鼓舞するように「ここを乗り越えれば私はもう1つ上のマゾになれる!私も苦しいが信越トレイルも苦しいはず!ここ勝負だよ!信越ビビってるよ!」と叫びながらさらに歩みを進める。

こうして私は限界の先の住人と化し、本日のゴール「光原荘」目指して突き進んでいった。

 

第10章 光の射す方へ

ここまでいったいどれほどのエネルギーを消耗して来たのだろうか。

あまりにも腹が減りすぎるため、なんと4日分の行動食をついに食べつくしてしまったのだ。

完全な行動食計画ミス、というか想定以上のエネルギー消費。

こっから先はほとんど飢餓状態となり、道端に生えてるキノコを見ては取って食ってしまいそうな危険な状態。

しかし今日のゴールまであと少し。

ようやく山道を抜け、本日7つ目となる最後の峠「関田峠」に到達!

しかしここからテン場まではさらに延々とこの舗装路を歩いて行かなければならない。

アスファルトの道を歩き出すと、途端に足も膝も痛くなってくる。

景色もどっかの星にいるみたいで、完全に私の動きもC-3POのようにカクカクだ。

 

やがてはるか遠方に「光原荘」が見えて来た。

全然光ってないが、長時間山中にいた身にとっては光が射し込んでいるように見えた。

あと少しだ。

光の射す方へ、ただ一歩づつ、一歩づつ。

新品だったシューズも、もう10年くらい履き続けているかのようにボロボロだ。

そして朝、赤池の便所から出発すること12時間。

見事予定通り3時間タイムを巻いて、夕方17時にゴール!!

頭の中に流れ続けるサライ。

誰も出迎えてくれる人はいないが、半端ない達成感が私を支配していた。

 

そして中の人に「今日テントサイトを予約してる者ですが…」と言い、何のためらいもなく「今日はテントやめてここで素泊まりします。」と腑抜け宣言。

正直昨日より寒いし雨だし、このままテントでオーバーナイトしちゃったら100%明日の朝私は山を降りてしまうと判断。

鬼社長アツシオガワに「この腑抜け野郎!」と怒られそうだが、今の私はこのように生を繋ぎ止めることだけで精一杯だ。

入り口で売ってたこごみ笹竹を貪るように食い、生きるために黄金の聖水を必死で体内に流し込む。

こうしてやっと今日初めて「まだ人間として生きていいんだ」という快楽に溺れていった。

宿泊2,300円。+200円でシャワーまで!

頭の中では本日212回目の「何でもないようなことが〜幸せだったと思〜う〜」が流れ出す。

何でもない幸せ。

それを噛みしめるために私は信越トレイルに来たのかもしれない。

 

やがてヒーターでぬくぬくになっていく室内。

寒さと戦った昨日とは打って変わった天国の中、私は眠りに落ちていった。

 

しかしである。

夜中に「ピーピーピー」という音で目が覚める私。

何とヒーターが給油ランプ光って止まっちゃったじゃない。

管理人寝てるから起こすわけにもいかず、暖房を失った室内はみるみる寒くなっていく。

結局私はお金を払って快楽を求めた挙句、またしても寒さと戦うことになって眠れない夜に落ちていった。

給油…

しといておくれよ…。

 

 

こうして長い長い二日目の男塾名物「直進行軍」は幕を閉じた。

一番過酷な行程を、一番過酷な条件の日にぶち込んでしまった我が運命にただただ自分で感心するばかり。

この日、間違いなく私はワンランク上のマゾ野郎になった気がしてならないのである。

 

さあ、だからと言って信越トレイル完全踏破への道はまだ半ば。

過労死するにはまだ早い。

次回3日目4日目を一気に振り返る信越トレイル最終章。

 

果たして無事にこの信越トレイルを踏破することができるのか?

不幸と凡ミスの連鎖は止まらない…。

 

 

信越トレイル3へ 〜つづく〜

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

8 件のコメント

  • あれ…信越トレイルってこんなに危険な場所なんでしたっけ…?
    行った事はありませんが、僕のイメージでは「日本のさわやかで美しい森歩き」という感じだったのですが…
    完全に「死」のイメージが漂ってますよ!笑
    マゾ度も振り切ってますね…読んでいて痛かったです!
    男塾名物、油風呂のほうがまだ楽だったかもしれません笑
    ついにスピードの向こう側ならぬマゾの向こう側に行かれてしまったんですね…

    宿泊代安いですね!泊まってみたい!さすが信越トレイル、灯油の量もエコモードですね!笑
    最終回楽しみにしております!
     

    • コータローさん、僕も信越トレイルでまさかこんなハードマゾに巻き込まれるとは思ってもいませんでしたよ。
      正直今回は、面白い事も大しておきないだろうから、純粋に信越トレイルの背的さを伝えるつもりで行ったんですが、結局またいつものおっさんがいつものようにマゾってる回になっちゃいました。
      これ、もはや遭難記録ですよ。
      やってる方は永遠に感じるの長い時間の中での苦行ですからね。
      ほんとサクッと油風呂入って、血管からバット血噴いて終わらせたところでした。

      宿泊費は基本的に寝具がないんで(別途貸出あり)、元々シュラフとか持ってるハイカーには嬉しい設定ですよね。
      これが5000円とかだっら絶対泊まってないですもん。
      ただ安い分、灯油はほんとエコモードだったんすね。だったらもうちょっと大切に使ったんですけど。

      最終回は、今回とは違った形での悲惨の連鎖です。
      むしろ信越トレイル終わってからが一番慌ただしかったんで、ユーコンカワイ流の真の信越トレイルをご堪能ください。

  • いやー、コタツでぬくぬく記事を読んでいると思わず笑いが込み上げてきます。
    単なるスルーハイク記録ではなく、読み物としての面白さイイですね。
    私自身は本格的な登山、ハイクの経験はありませんが「ユーコンカワイと行く男塾マゾツアー」企画してもらえませんか?
    ぜひ参加したいです!

    • どうもです!大尉!わざわざ通りすがってもらって恐縮です!
      コタツでアイスを食べると美味しく感じるのと一緒で、この記事はぬくぬくとした環境で哀れみの目でもって優越感を感じながら読むと一層効果的でしょう。
      もはや信越トレイルの紹介というか参考には全くなってないですが(風景よりも放尿中の中年の顔のアップでてますし)、とりあえず「裏信越トレイル」って感じの目線でお楽しみください。
      ユーコンカワイと行く男塾マゾツアーやってもいいですが、散々悲惨な目にあって最終的に「お前のせいだ」と言われそうで恐ろしいです。
      いつか何かしらBBGと行くファン感謝マゾ祭りやりたいっすね。
      ひどい目に遭えば遭うほど「ニヤリ」とできることが参加条件です。

  • ユーコンカワイさん!二日目にそんなに過酷な目にあってたのですね!(笑)
    カワイさんが過酷な目にあってた時私はすでに早々と光ヶ原高原キャンプ場に到着して
    シャワー浴びてストーブに当たりながらビール飲んでぬくぬくしてましたw
    「もう一人の予約の人来ましたか??」
    と何回か管理人さんに聞いて「いえ、まだですよ。」
    と言われたので心配してましたよ!

    なんか記事見てるとお互いの時系列が頭の中で再生されて面白いw

    • たかにぃさん、まいどです。
      そうなんすよ、あの一番過酷な気候条件だったあの日に、あんな長行軍を強行してしまったせいでえらい目に遭いました。
      とてもじゃないけどあの流れのままテント泊なんて不可能でしたね。
      さてはたかにぃさんがストーブ当たってぬくぬくしてたのが、僕のあの部屋だったりして…
      だとすると夜に給油ランプついたのもその伏線だったり?流石にそこまでの偶然はないか。
      しかもそっちはちゃんと缶ビール飲んでたし!缶ビールないからって言われて翌日ビール抜きなったんだヨォォ。

      同じ信越トレイルでも、見える風景、感じることってのはずいぶん違うものになるねえ。
      多感な二十代と、いろいろ見てきちゃった四十代じゃまた感覚も違うやな…。

      • なるほどw

        部屋は違うと思います!(大きな部屋でした!)
        そうだったらまた面白かったのですが(笑)
        缶ビールの犯人は完全に私ですw
        ユーコンカワイさんの幸福350mlを吸収してしまいました(笑)

        • さすがに灯油犯人ではなかったか…。
          でも缶ビールは確実に証拠写真あるからな…。つっても野々海も俺的には寒かったんで別にビールなくてよかったんだけどね。
          後付けだけど、俺からの旅の選別ってことで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。