2017.08.29-30 ユーコンカワイ 前鬼川沢登り ギアログ

前半は前鬼ブルー天国、後半は激しい男塾となってしまった前鬼川。ここの前半戦は湧水の水なんでそりゃあもう冷たいのなんのって。もはや氷水です。沢を歩いてる分には涼しかったけど、高巻き中は暑く、そして夜は涼しく、朝は寒かった。そんな中で行われた8月末の沢登り1泊2日ギアログでございます!



前鬼川沢登り

前鬼川沢登り 前編〜アトム&アラーキーのお清め前鬼ブルー〜

2017.09.06

前鬼川沢登り 後編〜アトム&アラーキーの青鬼男塾〜

2017.09.07

ウェア

【上半身&下半身】

  • インナー/モンベル「アクアボディロングスリーブシャツ」【A
  • ベース/ファイントラック「フラッドラッシュジップネック」【A
  • ウェットスーツ/モンベル「パドリングジョン」【A
    前鬼川の冷たさはやっぱウェットがベストでしょう!前鬼ブルーを楽しむ必需品!
  • ハーフパンツ/モンベル「パドリングトランクス」【A
    スライダーとかするから古いのか安いので十分ですよ。
  • ハーネス/ブラックダイヤモンド「モーメンタムDS」【A

【ヘッドウェア&グローブ】

  • キャップ/マムート「MTR Cap」【A
    速乾性あってあんま保水しないランキャップが便利っす。
  • ヘルメット/プロテック「Ace Water」
    カヤック用は水はけが良くて横衝撃にも強し。
  • グローブ/NRS「ハイドロスキングローブ」
    ついに指んとこハサミで切ってやった。やっぱ指出てた方が細かい作業が楽で断然良い。

 

【フットウェア】

  • ソックス/ノースフェイス「アルパインクライマーソックス」【A
    ネオプレンソックス無しで沢はハイパーマゾ行為。これがなきゃ成り立たない。
  • ウェーディングシューズ/エアリスタ「ULウォーターサンダル」【A
    2度目のテスト。このラバーソール、はっきり言ってフェルトより滑らないんじゃね?サイコー。でも相変わらず小石入ってくるのがうざい。※レビュー記事はコチラ

 

【リラックス】

  • ベース/フォックスファイヤー「SCガイドフーディ」【A
    蚊対策で持ってきたけど、淀んだ水が少ないせいか虫はほとんどいなかった。※レビュー記事はコチラ
  • ベース/パタゴニア「キャプリーン・デイリー・グラフィック・Tシャツ」【A
  • インサレーション/パタゴニア「ナノパフ」【A
    そこまで冷えなかったから出番なかったけど、持ってくなら沢はやっぱ化繊が安心ね。
  • インナー/ノースフェイス「ドライショート」【A
  • ロングパンツ/ノースフェイス「昔のクライミングパンツ」
    どうせ焚き火で穴開けるんだから使い古しでオッケーです。
  • ソックス/ポイント6「ハイキングテックミディアムミニクルー」【
  • サンダル/ダイソー「250円軽量サンダル」

 

バックパック&バッグ

  • バックパック/ハイバーライトマウンテンギア「2400ウィンドライダー」【
    本格的な沢登りでは初の使用。リザーバーの穴があるから完全防水じゃないけど、この軽さでこの頑丈さはやっぱサイコー。※レビュー記事はコチラ
  • サコッシュ/ワンダーラストイクイップメント「カンパラパック」
    ハウジングカメラの携行用&釣り時のサブバッグとして。沢でもガンガン使えるサコッシュって素敵。※レビュー記事はコチラ
  • ショルダーケース/グレゴリー「パデッドケース」【A

 

その他&カメラ

  1. エマージェンシーキット
    包帯・ガーゼ・三角巾、ミニはさみ、靴擦れ用絆創膏、テーピング、トイレットペーパー、ライター、リペアシート、各種薬、ポイズンリムーバー、保険証コピー。
  2. ヘッデン/ブラックダイヤモンド「ストーム」【A
  3. カラビナ&スリング
    特にスリングはお助け紐としても薪集めの時もスーパー便利っす。
  4. レスキューロープ/ファイントラック「ゴージュバッグ25」【A
    今回は滝つぼ吸い込まれ防止用にしか出番なかったけど、保水しないこのロープはちょっとした沢ではとても便利に活躍してくれますよ。

  5. テンカラ竿/ダイワ「テンカラ33」&毛針とか【
    前鬼川は釣れん!チキショー。
  6. ジップロックに入れた遡行図
    やっぱ薄い小さいジップロックが浸水しました。遡行図ビッチョビチョ。
  7. コンデジ/ソニー「RX100」【A
  8. ハウジング/ソニー「MPK-URX100A」【A
    結局水滴が移りまくってダメダメだったなあ。車用のガラコ塗ったけどダメだった。やっぱり防水コンデジしかないかぁ…。
  9. モバイルバッテリー/RAVPower「5600mAhモバイルバッテリー」

 

クックウェア

  1. 浄水器+水筒/カタダイン「ビーフリー」【A
    沢での水分補給はやっぱこいつに限ります!バックパックのサイドポケットに常時空の状態で携帯。※レビュー記事はコチラ
  2. スキットル/スタンレー「SSフラスコ0.23L」【A
    焚き火の最強のお供です。そしてやはり深田恭子は最強です。
  3. ウッドストーブ/トークス「BPウッドバーニングストーブ」【A
    初投入。木が濡れてたのもあるけど最初は着火に手間取った。ただ炊飯はちょうど良い感じで完璧にこなせる。※レビュー記事はコチラ
  4. コッヘル/ロータス「アルミポット」【A
    もうすっかり縁が変形して密閉度がなくなってきてしまった…。そろそろ2台目買うかなあ。でも愛着が…。※レビュー記事はコチラ
  5. シェラカップ/ベルモント「チタンシェラカップ深型480フォールドハンドル」【A
    ※レビュー記事はコチラ
  6. ハンドル/エバニュー「ハンドルショート」【A
    ※レビュー記事はコチラ
  7. ノコギリ/アルティメイトサバイバルテクノロジー(UST)「セイバーカットソー」【A
    初投入。男心くすぐるチェーン式ノコギリ。でもあんま切れ味は良くない。そして腰が痛くなる。※レビュー記事はコチラ
  8. 火吹き棒/VARGO「アルティメットファイヤースターター」【A
    こいつを持ってしても今回の濡れ木の着火は大変だった。でもこれなかったらもっと大変だったろうな。※レビュー記事はコチラ
  9. 着火剤/SOL「ファイヤーライト」【A
    初投入。付属の着火ライターが調子いいし小さくて軽いから、それ目的だけでも買う価値あり。※レビュー記事はコチラ

  10. 軍手/軍手
  11. 塩&コショウ入れ/MSR「アルパインソルト&ペッパー シェイカー」【A
    結局今回もイワナ用ではなく、ヒル撃退用でしか出番なかった。※レビュー記事はコチラ
  12. スクレイパー/MSR「アルパイン ディッシュブラシ/スクレイパー」【A
    焦げてこびりついた米はこいつで全て削ぎ落とす!※レビュー記事はコチラ
  13. ゴミ袋/モンベル「O.D.ガベッジバッグ」【A
  14. ナイフ/オピネル「ステンレススチール#8 」【A
  15. 箸/割り箸
  16. 食料等/無洗米2合、ラーメンリフィル×2、ビール×3、パン、ツマミ、コーヒー、エネルギージェル×1

 

スリーピングギア

  1. マット/エバニュー「FPmat125」【
    川原での使用は初だったが、硬い素材のおかげでそこまで石の突き上げは感じなかった。バックパックの背面パッドとしても活躍。
  2. タープ/ローカスギア「タープX・デュオ・シル
    ※レビュー記事はコチラ
  3. シュラフ/シートゥーサミット「スパークSp1」【A
    撥水ダウンだから水辺でもシュラフカバーなしで安心して使えましたよ。※レビュー記事はコチラ
  4. シュラフカバー/SOL「エスケープライトヴィヴィ」【A
  5. 圧縮袋/グラナイトギア「eVent シルコンプレッサー」【A
    ※レビュー記事はコチラ
  6. 座布団/サーマレスト「Zシート ソル」【A
  7. シート/デュポン「タイベックシルバー」【A
  8. ピロー/モンベル「U.L.コンフォートシステムピロー」【A
  9. 防虫ネット/シートゥーサミット「モスキートヘッドネット」【A






 

ベースウェイト

今回はベースウェイトってより、もうパッキングしちゃった後だったんで総重量で。

食料もビールもカメラも含んで「9.38kg」。

沢泊の場合総重量10キロオーバーはやっぱしんどいんで、こんなところでしょう。

どう考えても、やっぱ酒やつまみを減らすわけにゃあいかんでね。

 

ってなわけで8月末の1泊2日沢登りギアログでした!

沢は山登りみたいに「あー登ったなあ」っていう達成感より、「あー遊んだなー」って思わず口から出ちゃうくらい楽しい世界。

ただやっぱ水の遊びだけあって危険もあれば、体力の消耗もハンパないっす。

特に前鬼川みたいな殺人級の冷たさを誇る川は、低体温症にも要注意。

がっちり安全装備で、保温対策万全にして楽しく遊びましょー!

あと、夜寝る前に「あの女優の名前なんだっけ?」とか余計な事言いださないように。

思い出せないとかなり気持ち悪い時間を過ごす事になるぞ!

ついでに言うと、全裸で水行するのも良いけどヒルには十分気をつけましょう。

 

それではまたお会いしましょう。

ローリン・ヒル カワイでした。

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

2 件のコメント

  • 鯉ですまいどです!
    エアリスタ購入しました!!
    自分は通常27.5cmの靴を履いているのでネオプレンも履くしなぁと思い28cmを購入。
    Amazonさんで届いた物を試着してみると…デカいww
    ネオプレン履いた状態でもまだ余裕があったので交換してもらい27cmを履いてみたらジャストフィット!
    Amazonさんのレビューのところに同じようなことが書いてあったのをすっかり読んでいませんでした(笑)
    海と川の両方で使ってみましたがまあ素晴らしく滑らないですね。
    ただ、ユーコンさんも書いておられるように小石と砂が入ってきます。
    これさえ無ければ….と思いましたが、細かいことは気にしないことにしてこいつを履いて履いて履き倒して僕のものにしてやろうと思いますw
    これからも役に立つ情報を楽しみにしております〜

    我が家の獄長(嫁)の実家が前鬼川から30分ぐらいなので何度か行きました。
    とてもいいところですよね!
    今年あと1回ぐらい行ってみようかなぁw

    • まいどです!行動早いっすねー!
      エアリスタのシューズはある程度ネオプレンソックス履くの前提でサイズ出てる感ありますからね。
      僕も同じように普段サイズと同じものでちょうど良かったです。
      ラバーなのに本当滑らないでしょう?同日にフェルト履いてたアツシオガワは滑りまくってたのに、こいつの安心感は半端なかったですよ。
      本当惜しむらくは小石なんですよねー。
      すげえ小石入ってきたときはもう健康サンダル並みの痛さですよ。まあツボが刺激されて健康になれると考えれば…。
      このシューズはまた近いうちにピックアップ記事にして書くつもりです!

      獄長の実家、またえらいとこ住んでますね!
      前鬼川は潜って遊ぶには冷たすぎますが、あの綺麗さはそこにいるだけでいい気分です。
      僕も次回はガールとか連れて、男塾なしのキャッキャウフフな沢登りを楽しみたいっす!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。