2017.08.23 神崎川本流沢登りギアログ

猛暑というわけじゃない日光が照らない曇り日の沢登り。基本的に川下り用のものを代用。泳ぎ系の沢とあって、簡易的なウェットスーツで寒さ対策。どうせ沢行くなら寒いよりは暑いくらいのがちょうどいい。蒸し暑くなったら沢に入ればいいしね。あとは万全のサポート体制!沢経験者か消防士と一緒に行けば安心感半端無いす。



夏の歓落GUY〜鈴鹿神崎川本流沢遊び〜

夏の歓落GUY〜鈴鹿神崎川本流沢遊び〜

2017.08.28

ウェア

【上半身&下半身】

  • インナー/モンベル「アクアボディロングスリーブシャツ」【A
  • ベース/ファイントラック「フラッドラッシュジップネック」【A
    速乾性と適度な厚みもあって、川下りから沢登りまで重宝しております!
  • ウェットスーツ/モンベル「パドリングジョン」A
    パドリング用に腕がフリーなのがいい。お値段も手頃。ウェットはオークションとかで安く手に入れたもんでもOK。
  • ライフジャケット/モンベル「フリーダム」
    バックパックが浮くからなくてもいいけど安心感あり。防寒的にもグッド。
  • ハーフパンツ/モンベル「パドリングトランクス」【A
    大昔のもん引っ張り出してみた。ウォータースライダーとかするからボロいやつでOK。なくてもいい。
  • ハーネス/ブラックダイヤモンド「モーメンタムDS」【A
    保水しない軽い沢用が欲しいけど山用でOK。

【ヘッドウェア&グローブ】

  • キャップ/マムート「MTR Cap」【A
    速乾ランキャップ。日よけ&ヘルメットのずり下がり防止。
  • ヘルメット/プロテック「Ace Water」
    川下り用のものを使用。山用に比べて水はけが良い。
  • グローブ/NRS「ハイドロスキングローブ」
    川下り用を応用したけど滑るんでやっぱ指は空いてた方が便利かな。沢用が欲しい。

 

フットウェア

  • ソックス/ノースフェイス「アルパインクライマーソックス」【A
    川下りから沢登りから釣りから冬山登山までオールラウンドに活躍。あったかい!でも使用後臭い!
  • ウェーディングシューズ/エアリスタ「ULウォーターサンダル」【A
    今回初投入。ラバーソールなのに猛烈に滑らなかった!水はけもよし!ただ砂利が中に入りまくりで鬱陶しい。超軽い。※レビュー記事はコチラ

 

バックパック&バッグ

  • バックパック/エクスペド「トレント50」【A
    泳ぎ系の時は完全防水パックが楽チン。生地強度もあるから安心だ。50Lもいらんけど。
  • サコッシュ/ワンダーラストイクイップメント「カンパラパック」
    防水ではないけど、どでかいカメラハウジングの携行用に。※レビュー記事はコチラ

 

その他ギア&カメラ

  1. 安全環付カラビナ&スリング
  2. 水中メガネ&鼻栓
    鼻栓は特にオススメ。シンクロ選手がしてるあれね。両手フリーで安心してダイブできます!
  3. エマージェンシーキット
    エマージェンシーブランケット、包帯・ガーゼ・三角巾、ミニはさみ、靴擦れ用絆創膏、テーピング、トイレットペーパー、ライター、リペアシート、各種薬、ポイズンリムーバー、保険証コピー。
  4. ヘッデン/ブラックダイヤモンド「ストーム」【A
  5. ウェアラブル/GoPro「HERO4silver」
    画質はアレだけど、映像で撮ったもんを後で良い所だけ切り取って画像にすると面白いのがが撮れてたりする。
  6. コンデジ/ソニー「RX100」【A
  7. ハウジング/ソニー「MPK-URX100A」【A
    どうしても綺麗な写真撮りたくて急遽メルカリで買ったがやっぱ猛烈に邪魔ね。防水コンデジが一番なんだろうけど…悩ましい問題だ。

 

クックウェア

  1. 鍋/チームマサカズ所有物「黄金の鍋」
    大量のソーメン用。結果茹ですぎてドロドロに。
  2. 鍋台/EPI「ポットスタンド」【A大きな鍋ん時はこれがあるとがっつり安定しますよ!チーム登山の時とか携行します。
  3. 水筒/サーモス「FFX-500」【A
    体冷えた時用にあったかいお茶入れて持ってった。最終的には余ったドロドロソーメンを入れて持ち帰りました。
  4. 浄水器+水筒/カタダイン「ビーフリー」【A
    移動中の水分補給はこれに限る!ライフジャケットのポケットに忍ばせていつでも出撃可能。※レビュー記事はコチラ
  5. バーナー/プリムス「P-132」&ガス缶
  6. ガス缶固定/プリムス「カートリッジホルダー」【A
    沢は安定した箇所少ないからあると便利(下の写真の赤いやつね)。安定します。
  7. シェラカップ/ベルモント「チタンシェラカップ深型480フォールドハンドル」【A
    ※レビュー記事はコチラ
  8. 箸/モンベル「野箸」【A

 

って事で、神崎川本流沢登り時のギアログでした。

元が沢屋じゃないんでどこまで参考になったかわかんないけど、まあとにかく防寒&安全に楽しく!ってな感じね。

何気に一番難しいのが一緒に行く経験者探すことだったり…。

でも沢は楽しい!それだけは確かなんで、ぜひやった事ない人にも体験してほしいっす。

 

それではまたお会いしましょう。

ユーコンカワイでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ユーコンカワイ

低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。