2017.05.20-22 ユーコンカワイ DATA in 海部川&鮎喰川

今回は日中は暑くて朝晩はちょっと冷えるって感じ。

ウェアはもう半袖短パンでもいいくらいだったけど、潜りたかったんでそれなりに着込みました。

装備一式の後にはリバーマップも載せておきますね。



パドリングウェア

【上半身】

  • ドライアンダー/ファイントラック「アクティブスキンロング」【A
  • インナー(潜る時)/モンベル「アクアボディロングスリーブシャツ」【A
  • ベース/ファイントラック「フラッドラッシュジップネック」【A
  • ライフジャケット/モンベル「フリーダム?旧製品」

【下半身】

  • ドライアンダー/ファイントラック「アクティブスキンタイツ」【A
  • インナー(潜る時)/モンベル「アクアボディタイツ」【A
  • ベース/ファイントラック「フラッドラッシュタイツ」【A
  • ハーフパンツ/モンベル「リバーガイドショーツ」【A

【頭部】

  • ヘルメット/プロテック「Ace Water」
  • キャップ/マムート「MTR Cap」【A

パドリングギア

  • パックラフト/NRS「NRSパックラフト」【
    ※特集記事はコチラ
  • パドル/アクアバウンド「スティングレイ・カーボン4P」【A
  • 防水バックパック/エクスペド「トレント50」【
  • レスキューロープ/ファイントラック「ゴージュバッグ25」【A
  • カラビナ×4、スリング×4
    ザックをくくりつけたり浅いとこを犬の散歩みたいに引っ張ったり、川原泊の際も何かと便利。
  • 漁具/お魚キラー、セルビン、エビたも、モリ
  • テンカラ/ダイワ「テンカラRT36」※今回でご臨終【A
    チッキショー!
  • 素潜りセット/モンベル「アクアスノーケリングセット」【A
  • エマージェンシーキット
  • 回送用自転車/トレックのMTB

クッキングギア

  1. コッヘル/ロータス「アルミポット」【A
    こいつなしの焚き火飯なんて考えられねえ。※レビュー記事はコチラ
  2. シェラカップ/ベルモント「チタンシェラカップ深型480フォールドハンドル」【A
    アルミポットにスッポリ。カップラーメン用のお湯作れる容量の深型だ!※レビュー記事はコチラ
  3. ハンドル/エバニュー「ハンドルショート」【A
    アルミポットの取手用。ショートなのでアルミポットに収納できる。※レビュー記事はコチラ
  4. 塩&コショウ入れ/MSR「アルパインソルト&ペッパー シェイカー」【A
    お魚さん焼いた時用。半分は胡椒なのでラーメンの時サイコー。※レビュー記事はコチラ
  5. スクレイパー/MSR「アルパイン ディッシュブラシ/スクレイパー」【A
    ガピガピに張り付いた米をそぎ落とす!冬はスノーシューの雪払いにも。※レビュー記事はコチラ
  6. 浄水器/ソーヤー「ソーヤーミニ」【A
    海部川は浄水しなくても綺麗なので出番なし。
  7. 水筒/プラティパス「プラティ 2L ボトル」【A
    川の水はすくいにくいけど❷を使って入れると楽。
  8. ゴミ袋/モンベル「O.D.ガベッジバッグ」【A
    ゴミは全部この中へ!防水で中身漏れないし臭いも密封!
  9. ネイチャーストーブ/RSR「RSRネイチャーストーブ」【Yahoo!
    シビアな現場でも焚き火してえって人に!
  10. ナイフ/モーラ・ナイフ「コンパニオン MG カーボン」【A
    調理から木の加工まで。安いからラフに使い倒せる。
  11. 火吹き棒/VARGO「アルティメットファイヤースターター」【A
    焚き火に元気がない時はこいつで一気にビッグファイヤー!※レビュー記事はコチラ
  12. 着火剤/ワセリンティンダー
    火口として点火しやすいし長持ち、そして経済的!
  13. 着火剤/割り箸ガムテーム巻き
    木が濡れてる時はこいつ突っ込んどけば頑張って燃え続けてくれる。
  14. 箸/割り箸
    なんだかんだ最強のカトラリーね。最後燃やせるから超UL。
  15. ライター/ソト「ポケトーチ」【A
    ロマンより時短重視の時はこいつでさっさと着火。
  16. スキットル/スタンレー「SSフラスコ0.23L」【A
    別にこれである必要はないが男子的に気分が格段に上がる!
  17. 無洗米4合(その他:缶詰×8+酒いっぱい)
    無洗米を1合づつジップロックに小分けして。
  18. 革手袋/キャプテンスタッグ「レザーグローブ」【A
    今まで軍手だったけどやっぱ缶詰直投入派としては何かと便利。安いので十分。
  19. パラコード/ロスコ「ナイロンパラコード」【A
    色々使える。いつかこれでトライポッド作ろうと思ってるが面倒でやれてない。

スリーピングギア

  1. タープ/パーゴワークス「ニンジャタープ」【A
    今回は設営時間に余裕なかったから助かった!簡単って素敵。
  2. ネスト/パーゴワークス「ニンジャネスト」【A
    川原から海岸まで順調にテストが進んでます!あとは山だ!
  3. タープ&ネスト入れ/グラナイトギア「eVent シルコンプレッサー 」【A
    ニンジャシリーズはスタッフサックがキチキチなんでまとめてこれに突っ込んで圧縮!※レビュー記事はコチラ
  4. キルトシュラフ/ローカスギア「ニィクス」
    今回は❻だけで十分だったけど朝晩冷えた鮎喰川で活躍。
  5. マット/サーマレスト「リッジレストソーライト」【A
    ハトメで穴空いてるのは❼と連結するためね。枕がずれないのだ!
  6. シュラフカバー/SOL「エスケーププロヴィヴィ」【A
    新投入のハイエンドモデル!詳しくはまた書くけど超快適!!※レビュー記事はコチラ
  7. ピロー/モンベル「U.L.コンフォートシステムピロー」【A
    高さもあって❺と連結もできて軽くって。お気に入り!
  8. ランタンシェード/モンベル「クラッシャブルランタンシェード」【A
    テント内の照明はこれを❾に下部せて吊るせばオッケー!
  9. ヘッデン/ブラックダイヤモンド「ストーム」【A
    泥酔して点けっぱなしのまま寝ちゃったけど朝まで煌々と灯ってました。

リラックスウェア&ギア

  • キャップ/ノースフェイス「ロゴキャップ」【A
  • Tシャツ/パタゴニア「リブ・シンプリーT」【A
  • 焚き火用/モンベル「ライトシェル サイクルジャケット」【A
  • ショートパンツ/アークテリクス「パリセードショート」【A
    ※レビュー記事はコチラ
  • 下着/ノースフェイス「ドライショート」【A
  • 防寒/モンベル「スーパーメリノウールタイツ」【A
  • サンダル/キーン「ヨギ」【A
  • チェア/クレイジークリーク「ヘックス2.0 オリジナルチェア」【A
    これに寄っかかって焚き火見てる時間が好き。堕落アイテム。
  • ギター/マーチン「バックパッカー」【A
    勢いでヤフオクで購入。分かっちゃいたけど弾きにくい…。

デジモノ

  1. 一眼レフカメラ/ペンタックス「K30」【A
    防塵防滴一眼はペンタックス最強ね。ただそろそろ動きが怪しくなってきた…。
  2. アクションカム/GoPro「HERO4silver」
    一眼出してる余裕のない瀬とかはこれで撮影。
  3. 三脚/ベルボン「キューブ」【A
    一眼でも全然使えてる軽量三脚ね。
  4. GoPro用三脚/JOBY「アクションゴリラポッド」【A
    バックパックに取り付ければ漕いでる己を撮ることができます。
  5. 防水バッグ/ハクバ「ドライクッションポーチL」【A
    川下り中はこれに入れてササッと出してササッと仕舞う。
  6. 防水バッグ/モンベル「プロテクション アクアペル 3L」【A
    予備バッテリーとか入れてる。❷の中が濡れた時の予備としても。
  7. モバイルバッテリー/RAVPower「5600mAhモバイルバッテリー」
    カメラ系の予備バッテリーと一緒にジップロック&❻。

 海部川リバーマップ

距離はおよそ7キロほど。堰堤は歩いて越えられるのでまだ距離は伸ばせます。

全体に水量は少ない川なので、多少増水気味の方が快適に下れます。

いくつかテトラポッドが配置されてるから近づかないように注意。

川沿いに本数少ないけどバスが通ってます。

バスの本数はこんな感じ。タイミングが合えば利用してみるといい。

川に降りるスロープ。住宅横なので迷惑かからないように。

ゴール地点に自転車置いてこれで上流戻りました。

スタート箇所から車で15分くらいの轟の滝。名瀑100選。結構すごい。

鮎喰川リバーマップ

水量的に海部川と同等だが、海部川よりも歩く。

水は綺麗だが海部川よりは劣り、雰囲気も普通で距離も短め。

ただし潜って遊びながらなら丁度良い川だ。

川原への侵入やトイレ問題など、地元の人憩いの川だけに結構しっかり整備されている。

スタートの川原。駐車箇所からはしばし浅いので少し先まで歩いていく。

ゴールの広い河原。駐車場も綺麗なトイレもある。夏の休日は人だらけかな?

ギアから川のことまで質問は随時コメントで受け付けておりますよ!

 

鮎釣り始まるからしばらくは山かな。

ではまたお会いしましょう。

ユーコンカワイでした!

 

2 件のコメント

  • そこ聞く?って質問で申し訳ないです・・・。
    スライド式エビタモの使い勝手どうですか?
    グラスファイバー製だと
    水中でしなってしまう気がするのですが。

    • 素晴らしいところへの質問です。エビたもも立派なアウトドアギアなので何の問題もないですよ。
      まずこのエビたも、壊れてて伸ばせなくなってるという一品です。しかも網に穴が空いているとう何お役にも立たないアイテムでございます。
      やっぱ普通に竹製のやつが水中では取り回し良いですね。折りたためないから邪魔ですけど。しかもそっちのが網の目が細かいからとりやすいです。
      そろそろエビたもから見釣りにチェンジしようかと思いますが、エビたもで魚を捕る快感も捨てがたし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。