あばよ靴擦れ!インジンジ ライナーソックス

今回も始まりました、大好評「チャギネットたわば」。
地味だけどなくてはならない奴がいる。そう、それは「小物」。
そんな地味な小物たちにスポットライトを当てる深夜の通販番組が「チャギネットたわば」。
司会者は「チャギ社長」。小物といえばチャギ、チャギといえば小物と言われる小物界の重鎮だ。
そんな小物野郎による小物紹介の第二回目は、地味に「インナーソックス」なのである。



OnAir

♪ チャーーギネット チャーギネット〜(フワッフワッ)
夢のチャギネットたわば〜♪

おう、チャギだ。

今日もお前らに素敵な小物を紹介して「たわば!」って言わせてやるぜ。

 

ところでてめーら、まだ靴擦れなんぞでひーこら言ってんのか?あーん?

店行って、さんざん試し履きして、これだ!シンデレラフィット!って決めた高っけー靴が現場行ったら靴擦れするもんだから、やるせなくて、認めたくなくて、やせ我慢して登ってんだろ?

ったく、いつまでたってもお前らは小物だなー。

おい、とりあえず俺の胸で泣け。

辛かったよな。高かったもんな。

って、甘えてんじゃねー!!

泣いても靴擦れは治らねーぞ!小童がっ!

 

まあ、いい。

今日は靴擦れ対策にとっておきの小物を俺様が紹介してやる。

それが「インジンジ ライナークルー」だ!

テメーら、靴擦れの大きな要因ってわかってんのか?

足が蒸れて皮膚がふやけるから靴擦れがおきるんだぜ。

俺も業界じゃ有名な「足汗びちゃお」で、そりゃー登山始めた頃は必ず靴擦れしてたもんだ。

見事に毎回靴擦れするもんだからよ、途中から「靴擦れ友の会」っていう自己啓発セミナーにも通ったっけな。

ところが、コイツに出会ってから靴擦れが激減したもんだから、目が覚めてよ。

「靴擦れ友の会」からも無事に脱退して、今はこの通りよ。

 

いわゆるコイツは二重履き用のインナーソックスなんだ。

この薄手でフィット感バツグンの五本指ソックスが素早く足汗を吸収してくれて蒸れを軽減してくれるんだ。

薄手だから5本指ソックス特有の違和感もなくて履き心地も最高だぜ。

かなり履き込んでるけどよ、生地が固くなったり傷む気配もないから耐久性も◎だ。

素材は「クールマックス」っていう速乾素材だ。

メーカーは「夏涼しく、冬あたたか」みたいなデケーこと言ってるが、実際冬はあったかくねーから浮かれるんじゃねーぞ。

 

新商品 ライナークルーヌーウール

今シーズンからウールバージョンも登場したぜ。

チャギ様のメリノ好きは業界じゃ有名だからよ、早速買ってみたぜ。

触り比べると、まず厚さが違うことに気づいたぜ。

ウールの方が若干厚めになっている。

薄くてぴたーっとフィットした今までの感じが好きだったからよ、5本指ソックスの存在感を若干感じちまう厚さは少々残念だ。

長さも違うんだ。

実際に履いてみるとよ、ウールバージョンの方がサラッとしてる。

対してクールマックスVer.はしっとりって感じだ。

肌触りがウールっぽくねーなーと思ってパッケージを見たら納得だ。

ヌーウール44%、ナイロンポリ51%、ライクラ5%と、ハイブリッド素材ってわけだ。

やっぱり俺様の肌感覚に間違いはなかったぜ。

耐久性と乾きやすさを考えてハイブリッドにしてあるって訳か・・・ってあんじゃコリャ!!!

試し履きしかしてねーのに、もー毛玉ができてんじゃねーか!!!

しかも、すでに若干毛羽立ってきてやがるぞ!!!

使い古したコイツをみてみろ!毛玉なんて皆無!タフガイ!!

それに比べて軟弱新人野郎ときたら!!!

おっと、あぶねー。こんな事で声を荒げたら小物だと思われちまうじゃねーか。

にしてもだ。あれだけ履きまくって何ともないクルーソックスがスゲーのは確かだが、ウールVer.の耐久性に関しては少々期待はずれだぜ。

 

検証

残雪たっぷりの北アルプス「蝶ヶ岳」でウールバージョンの実力を検証してきたぜ。

初日は左足に新製品のウールバージョン、右足にクールマックス。

二日目は左右を逆にしてテストしてみた。

ファーストコンタクトでは、ウールVer.に若干の厚みを感じていたが、行動中違和感を感じることは特になかった。

初日、スタートして間もなく順調に足汗びちゃおになっていく俺様。

さあ、ここからの汗処理が見ものだ。

数時間後、ふと気づく。「あれ?片方の指先だけ異常に冷たいやないかーい」

ははーん、さすがウールはん、ええ仕事しますなー。

って、ウール履いた方が冷たいやないかーーい(T_T)!!!

履き比べているから、その差は歴然。

まさかのウールを履いたほうが冷えているという現実・・・。

俺の足はバカなのか?ウールの方が暖かいに決まってる!

がしかし、この結果はフィールドテスト前から薄々気がついていた。

というのも、普段オフィスで履き比べている時からなんとなくウールの方のヒンヤリ感を感じていた。

疑念が確信へと変わった瞬間だった・・・。でもなぜだ・・・。

 

逆に夏場の暑い時期はウールの方がいいかもしれない。

気持ち乾きも早かった気がする。

やはり俺様的にはクールマックスバージョンの方がおすすめだ。

 

相棒

結局コイツらはインナーだからよ。メインの相棒がいるわけなんだが、チャギ様おすすめのソックスがまた優秀なのよ。

「ダーンタフのブーツソック フルクッション」

巷でいい!と言われるソックスを何足も試してきたがよ、俺はコイツで落ち着いた。

最後の女ってわけだ。

何が良いってよ、フィット感はさることながら、マジでタフなんだよ。

山行くときはほぼコイツを履いていくんだが、まったく傷んでいない。

もう数年履いてるけどよ、同じ時期に購入した他社のソックスは毛玉だらけになってきたにも関わらず、ダーンタフはかかと部分に申し訳なさそうにちょろっと毛玉が出来るだけなんだぜ!信じられないタフガイだぜ!

まったく同じ日に購入したコイツを見てみろ!

毛玉だらけ&かかとが卑猥化しちまってるぜ(T_T)

ダーンタフより明らかに使用頻度は少ないのにこのざまだ。

洗濯を繰り返すとよ、ウールが固くなってきたりするヤツもいるんだが、ダーンタフはそれもない。

さすが、アウトドアソックスなのに生涯保証にするだけはあるぜ。

エンディング

チャギ様激推しソックス達はいかがだったかな?

靴擦れでピーチク泣く日々にケリつけようぜ!

また次回の「チャギネットたわば」で会おう!

♪ チャーーギネット チャーギネット〜(フワッフワッ)
夢のチャギネットたわば〜♪

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    wp-puzzle.com logo

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    アツシオガワ

    1979年愛知県生まれ。 30を過ぎてから山の世界に魅了され、生き急ぐように日本100高山を制覇。 ULブームの中、あえて荷物をがっつり担ぐスタイルを好む。 ギア好きが高じてユーコンカワイと「BBG」を立ち上げ、体を張って「山・川」の魅力「ギアの大切さ」を発信し続ける。 歩荷鬼六の異名を持ち「国際山岳追い込みガイドS級」の資格を有する。 特技:アルプスマッサージ