九重連山男塾プロローグ〜激闘!岐阜県vs大分県〜

BBG編集部がとうとう「九州」へと殴り込みをかけた。
我らの戦いの場は何も山や川だけではない。
これは大分県のとある一軒家の中で繰り広げられた、BBG編集部とBBGシステムチームとの血みどろの激闘の一部始終の記録。
相変わらずアウトドアギアとは全く関係ないが、これは今後のBBGにおいては重要な分岐点。
次回から「九重連山(くじゅうれんざん)男塾」という名の拷問登山が始まるが、今回はその戦いが始まるまでの、情熱溢れる男たちの熱きプロローグなのである。

第1章 大分襲撃

我々は怒り狂っていた。

BEST BUY GEARのシステム制作が始まって約4ヶ月。

なかなか思うように事が進まないからだ。

 

と言うのもこのBEST BUY GEARは、編集部が「岐阜県」で、システムを作ってる実働部隊が遥か遠方の「大分県」。

当初は別にどんなに遠方だろうと、チャットツール使ったりビデオ会議すれば事はスムーズに運ぶと目論んでいた。

しかし岐阜と大分は距離が遠すぎるのか、こちらがどんなに質問・要望のメッセージを送ってもなかなか返答が来ない。

どうも道後温泉あたりで電波の勢いが失速し、そのまま豊後水道に水没して九州までメッセージが届いていないようなのである。

一方でシステムチームもなんとか岐阜に想いを伝えようとするが、途中で伊吹山に阻まれてそのまま関ヶ原にメッセージが埋没してこっちまで届かない。

そんなこんなで、意見のすれ違いばかりを繰り返すBBG編集部とBBGシステムチーム。

 

やがてしびれを切らした我々編集部は、怒りのままに「電波が届かぬなら本体を届けてくれるわ!」と鼻息荒く新幹線に飛び乗った。

その意気込みたるや、フライデー襲撃時の軍団気分そのものなのである。

敏腕社長は九州に潜伏するゲリラ仲間にPCで援軍要請のメッセージを送り、私は瞳孔を開きながら「どうやってあの九州野郎どもをギャフンと言わせるか」だけを考えながら怒りをチャージ。

そして彼らをギャフンと言わせた後は、そのまま彼ら自慢の「九重連山」を蹂躙して大分県民の誇りを踏みにじってやろうと画策。

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

でお馴染みの、信長公のお膝元である岐阜県民を怒らせるとどういうことになるか。

大分人たちに目にものを見せてくれるのである。

 

第2章 九州の迎撃

やがて小倉に到着した我々は、レンタカーを借りていざ敵の本軍がいる大分へと車を走らせた。

我々の調べでは、今日の殴り込み&月曜火曜の九重連山縦走の3日間は「晴れ予報」。

まさに襲撃日和、縦走日和で、この時点で我々は勝ったも同然だった。

しかし奴さんたちもさすがに打つ手が早い。

どうやら彼らは事前に天気予報サイトをハッキングして、我らに偽の晴れ情報を流していた模様。

でなければ、九州上陸とともに襲いかかってきたこの土砂降りの意味がわからないのである。

もう一度言うが、今日は降水確率10%の晴れ予報だ。

明日から楽しい大縦走が待ってるってのに、早くも九州からの「こっち来んな」と言わんばかりの宣戦布告。

しかも大分に近づくにつれ、なぜか「みぞれ」が降って来るというまさかな状況に。

こっちは晴れるもんだとばかり思っているから、この目まぐるしい天変地異に全く気持ちが追いつかない。

九州のくせにやたら寒いし、土砂降りで台風のような突風状況の中での謎のみぞれ乱舞。

確かに私はギネスに載るほどの極度の悪天候男だが、まだ何も始まってない状態でここまで追い込まれるものなのか。

サービスエリアでちょっとトイレ行って帰ってきただけで、もはや全身は川に落ちた人みたいにずぶ濡れだ。

なかなかやるじゃないか大分県。

明日からの縦走路、たとえ晴れたとしても絶対に足元グッチャグチャのゲリ道間違いなしではないか。

さすがは自前の唐揚げが好きすぎるあまり、県内からことごとくケンタッキーフライドチキンの店舗を追い出した県だけのことはある。

このまま我らも追い出されて撤退を余儀なくされるのだろうか?

 

しかし「天下布武」で世に鳴らした我ら岐阜県民が、この程度の天変地異で臆していては豊後者たちに鼻で笑われてしまう。

いつまでも日韓W杯の時にカメルーン代表が合宿はったネタを引っ張ってる者たちに負けるわけにはいかないのである。

 

第3章 アジト襲撃

やがてついに我らはシステムチームが潜伏するアジトに到達した。

普通の一軒家に見えるが、この中にBBGシステムチームの面々がトキワ荘の住人のように働いているのである。

そして我々は到着するなりドアを蹴り破って玄関から侵入し、「これでも喰らえ!」と叫んでお土産の鮎パイを投げつけてやった。

しかし相手も今回の襲撃を事前に察知していたようで、玄関には大量の「軍隊」が我らに対して迎撃態勢を敷いていたのだ。

しかもその軍隊の背後には悪魔まで配置されており、「蝋人形にしてやろうか!」と激しく威嚇してくる。

しかしアルプスで根性を鍛えた我々にそんな脅しは通用しない。

そのまま土足でドカドカと部屋に上がり込み、相手の喉元にピッケルを突き立てて「おう!今日こそは色々とハッキリさせようじゃねえか!」とまくし立てる。

だが相手も敵に背を見せない九州男児たち。

ここで初対面となるシステム実働部隊の「ラッシィー板前さん」が登場し、怒り狂いながら激しくカシワ肉をこね始めた。

やがて我らに向かって、「わがんらはほんとくされじゃ!むげねーお人たちっちゃ!とりあえずしんけん美味しいけんこれでも食らうばい!」と何事かの呪文を唱えたかと思うと、このような一品をサクッと揚げてきたのだ。

ラッシィー板前さんは、初手から大分名物の「とり天」を繰り出してくるという大技で攻めの迎撃態勢。

これには我々も「バカヤロー!下味がしっかりしていているだけじゃなく、すげえ柔らかいじゃないか!箸が止まらないじゃないか!」と怒りを露わにする。

おそらくダイエット企画を立ち上げてから油物を控えている我々への精神攻撃である。

 

そして我らがとり天で怯んだことを確認すると、矢継ぎ早に次の一手に動き出すラッシィー板前さん。

家の奥の武器庫に姿をくらましたので尾行してみると、なんとマイ包丁でハマチをさばき始めたではないか。

本当にこの人はシステムの人なんだろうか?

やたらガタイもいいし、どう見ても手さばきが浜漁師出身の板長そのものの風体だ。

喧嘩を売りに来たのに、このままでは激しくおもてなしされてしまう。

あんなに色々と無理難題を突きつけてきたのに、ひょっとして彼らは我らのことを恨んではいないんじゃないだろうか?

そう思いそうになった時、私の目に入ってしまったものがある。

やはりこれを見る限り、彼らが我らのことを苦々しく思っていたのは間違いなさそうだ。

おそらく我々から仕様変更や修正の指示が行くたびに、夜な夜なこの場所で恨みの儀式が執り行われていたと思われる。

危ないところだった。

気を引き締めて、改めてここからは殴り合いの話し合いがスタートである。

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ユーコンカワイ

低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。