やさしさに包まれたなら〜patagonia ナノエア・フーディ〜

NanoAir,伊吹山

2014年。「そう!そう!こーゆーの待ってたんだ!」ってなウェアが誕生した。
今ではインサレーション(化繊)ウェアの代表格として不動の地位を確立している、パタゴニアの「ナノエア」さんである。
以来、僕はこのナノエアさんを2年ほどかなりヘビーに使い込んでやった。それはもう馬車馬のように使い倒してやった。
四六時中一緒にいるから、それはもう恋人同士のような関係性だ。
しかし付き合い始めこそ興奮しているから相手の良い所しか見えないが、ここまで一緒にいると気にくわない部分も見えてくる。
ってことで、今回はひたすら使い込んだ今だからこそ書ける、ナノエアさんのあんなことやそんなことを恋人目線で語り尽くすのである。



第1章 出会い

まずは「元カノ」の話から始めなければならない。

その元カノの名は「名野パフ子」という。(ナノパフのことね)

ナノエアの登場までは、インサレーションウェアのトップに君臨していたパタゴニア出身のお嬢様だ。

 

下の写真は私がパフ子と付き合ってる時、一緒に3億円を強奪しに行った時の思い出の写真である。

そもそもなぜこんな写真しかないかというと、実は私はあまりパフ子とソリが合わずに数回しかデートしてないからである。

使い勝手の良い女として評判だったから口説き落としてみたのは良いが、行動着としては暑苦しいし防寒着としては寒いしでどうにも上手に乗りこなすことができなかったからだ。

お肌もやたらシャカシャカしてるし、裾は短いくせに袖は長いってな感じで「体の相性」もよろしくなかった。

私はそんなパフ子が不満だったのだ。

そんな時、あれは2014年の秋頃だったか、突然彼女に妹がいたことが発表された。

それが名野家の次女「名野エア子」なのである。

私はエア子のプロフィールを見るなり、瞬く間に彼女に心を奪われた。

そこには「彼女を身にまとえば家を出てから山頂まで、そして下山後の温泉まで一度も脱ぐことなく快適に過ごせるでしょう」という素晴らしい内容が書かれていた。

寂しがりやの私にはもってこいだ。

登山時においてもウェアの脱ぎ着ほど面倒で気を使うことはないから、これが本当ならば最高である。

 

やがて私はエア子の性格(スペック)を知るにつれ、夜も寝られないほどに彼女のことが頭から離れなくなった。

そして「パフ子の妹だ…いけない…いけないぞ!」と己を律してはいたが、気付いた時にはとうとう手を出してしまっていた。

それほどまでにエア子は私の理想の女性だったのである。

 

第2章 やさしい性格

まず彼女の特徴を一言で言うならば「やさしさ」だ。

姉のパフ子はシャカシャカしてていかにもアウトドアウェアって感じの冷たい女だったが、エア子の肌はやさしさに満ち溢れている。

彼女に抱かれた瞬間、ふわっとした心地よさが体を包み込み、そして同時に田舎のおばあちゃんちのコタツ布団に包まれた時のようなノスタルジックなフィーリングに支配される。

とにかくエア子の肌は、誰もが思わず「うちの田舎の座布団とかに使われてる素材と一緒なのか?」って錯覚してしまうような肌触りと懐かしさと安心感を提供してくるのだ。

 

そしてパフ子の方は外部からの風をシャットアウトして、僕の「あのぅ…暑いんですけど…」という意見に全く聞く耳を持ってくれなかった。

しかしエア子のやさしさは外部からの風を程よく通して、暖かいくせにウェア内を蒸れさせないという絶妙な気配りを見せてくれた。

以下の写真のようにハイクアップで汗をかくけど冷たい風が吹きっ晒すような場所でも、いつでもエア子はやさしい微笑みを絶やすことなく僕に快適な時間を提供してくれたのだ。

ほんのりと風を通して体温の上昇を抑え、かつ体内の汗を外に拡散し、残った汗に対しても持ち前の保温力で汗冷えをさせず、さらにはウェアが濡れても保温力が落ちない化繊綿。

これを人間で例えるならば、「いつでも黙って愚痴を聞いてくれ、かつ僕の自尊心を傷つけない感じでストレスを拡散してくれ、残った寂しさに対しても持ち前の包容力でやさしく包み込み、さらには自分の頬を涙で濡らすことがあっても「大丈夫、私負けないんだから!」とニコッと笑って気丈に振る舞う」って言う感じの甲斐甲斐しさ。

誰だってこんな女がいれば抱きしめたくなるはずだ。

 

さらにパフ子の性格には柔軟性がなかったが、エア子の性格は非常にストレッチが効いていて常に僕の激しい動きに文句を言わずに追従してきてくれる。

しかもただ伸びるだけでなく、腕や背中など激しく動く部分はより伸縮性があり、脇腹周辺のあまり伸びる必要のない箇所は中綿がずれないようにキルト状に封じ込めて保温に集中しているという行き過ぎたまでのやさしさが。

このような細かい押しの一手に男はめっぽう弱い。

こっちが「簡単なもので良いからね」って言ってるのに、サクッと肉じゃがとか作っちゃった上に「こんなものしかできないけど…」なんてハニ噛んでる可愛らしさよ。

私は即座にその場でパフ子に電話で別れを告げ、肉じゃがの置かれたテーブルをどけて力一杯エア子を抱きしめた。

そして「もうお前を離さない」と、共に生きる宣言をしたのである。

 

第3章 愛の育み

正式にエア子と付き合いだしてからというもの、山に限らず街だろうと僕らは常に一緒に行動をした。

例えば「外は寒いのに電車の中はクソ暑い」というような状況でもウェア内はムンムンにならないから脱ぎ着する必要がなかったし、寒い時期の自転車なんてほんと良い感じに風を通して蒸れないのに暖かい。

山で言えば、行動中に限らず、雪面にテントを張るような「停滞してるけど汗をかく」場面でもほんとちょうど良い状態をキープしてくれる。

こういう時インナーウェアだけだと汗冷えしてしまうし、ダウンジャケットだと暑すぎる。

しかもエア子は濡れても保温力が落ちないし、例え濡れたとしても驚くほど乾くのが早いのだ。

いつまでもウジウジと泣いて萎れて冷たい態度になるダウンと違い、エア子は怒って泣いてもすぐにカラッと笑顔になって「ごめんね、私もちょっと言いすぎたとこあるよね」と再びやさしさ保温が復活する。

 

しかも表面には耐久性撥水加工が施されているので、少々の小雨ならそのままでいられる。

なので僕のような「度々雪の上に倒れこんで死んでしまう男」にとっても、安心して雪上で死ぬ事ができるのである。

 

これは付き合いたての頃、鈴鹿の御池岳で死んだ時の思ひでツーショット写真だ。

で、これは風邪引いて発熱中のくせに、遊び欲を抑えられずに登ってしまった栂池での死亡写真。

そしてつい先日の伊吹山でも2回ほど死んだけど、エア子の甲斐甲斐しい介護のおかげで生還できた。

二人で育んだ、胸に蘇る数々の思い出たち。

ほんとこの2年、いっぱい一緒にニャンニャンしたね。

例えばインナーに「パフ子」、アウターに「エア子」をはべらしたハイパービッチ姉妹丼スタイルで一晩を明かしたこともあったっけ。

こういう場合はダウン1枚着れば済む話だが、やはりW浅野世代の一人として、一度はW名野で無駄に化繊まみれになってみたかったのである。

これはこれで、お姉さんが風をシャットアウトしてくれるからわりかし快適だった。

あとはそんなお姉さんみたいに、猛吹雪の中では「中間着」としてもしっかり僕を支えてくれたよね。

エア子を中間着にして、防風素材のシェルを羽織ればまあ大概の吹雪には耐えられる。

そしてこの、のびーるフーディーのおかげでネックウォーマー持ってけばバラクラバいらずだ。

で、そのスタイルで伊吹銀行に強盗に入った時の写真がこれね。

この日本武尊っていう受付嬢も、僕らの迫力に対してすっかり固まっちゃっててウケたよね〜。

そうそう、山だけじゃなくて川下りの時のキャンプも一緒に行ったね。

グデグデに酔っ払って、現BBG社長のヒゲガールにマッサージしてもらった時があったじゃない。

で、そん時に焚き火から飛んできた火花で君は溶けたよね〜。

この時は一気に酔いが覚めて泣いたなあ。号泣したなあ。

まだ付き合い始めて3ヶ月くらいだったしね。

で、大事なエア子を傷物にしてしまった責任もあって、一旦二人は距離を置いたんだ。

僕は君を鎌倉にある実家(パタゴニア修理工場)に返して、数ヶ月間離れ離れになる道を選んだ。

でも君は鎌倉でしっかりと皮膚の移植手術を成功させ、僕の元に帰ってきてくれたね。

この距離を置いた期間があったおかげで、二人の恋は前にも増して燃え上がった。

それからというもの、夏以外の時期には常に二人はラブラブだった。

 

しかしそんなニャンニャン期が永遠に続かないのが男女の悲しい運命。

やがてこの二人の元にも、どんなカップルにも襲いかかる試練の時期が到来するのである。







 

第4章 倦怠期

始まりはきっと些細な事なのだろう。

箸の持ち方が気に食わない、飯を食べる時に顎がポクポク鳴る、いつも鼻毛が1本出ているetc…。

そんな小さな積み重ねが、やがて大きくクローズアップされて気になってしょうがなくなる。

付き合い当初の新鮮味も薄れ、二人は次第に「倦怠期」という名の試練の時を迎えるのである。

 

1・お肌の荒れ問題

まず最初に気になって来たのが、エア子の「お肌の荒れ問題」である。

付き合い当初のエア子は、ちゃんとエステ行ったり化粧水塗ったりなどのスキンケアに余念がなかった。

しかし現在のエア子は、このような「そばかす」だらけのお肌になってしまったのである。

ちょうどここはカメラ用のチェストバッグが当たる腹部付近で、何か物が擦れる場所のお肌は「毛玉」で大賑わいとなるのだ。

あれほど田舎のおばあちゃんちの座布団のような安心感で満ち溢れていた彼女の肌は、すっかりやんちゃなアメリカンカントリーガールのようなそばかすに支配されてしまった。

しかも伸縮性と透湿性がある生地だけに、切り裂き強度的にも弱さがある。

写真ではわかりにくいけど、よく負担がありそうな箇所には細かな穴がいくつか空いてしまった。

痛々しい皮膚の移植手術痕と相まって、もう当時の美しさがない。

それでも僕は「まあ、キャンディキャンディだってそばかすあるけど可愛いし、本人も気にしないわって歌ってんだから俺も気にしないでおこう。そもそもアウトドアでガンガン遊ぼうって男が毛玉くらいでワーワー言ってたら器の小さい男になっちまうぜ。」と、できるだけ気にしないようにしていた。

しかしその直後、エア子に謎の異変が。

全く身に覚えがないんだが、いつの間にか背中の肩付近がザックリを破れまくっていたというまさかが展開。

これを見た時は、焚き火の穴どころではないショックが私を襲った。

そもそも何かにぶつけた覚えもないから「てめえ!浮気してきやがったな!」と軽くパニック。

気づかない間に何かに引っ掛けたのか、洗濯中に何かに絡まったのか原因は未だに不明だが、これがとんがった岩場をガンガン攻めてるような場面だったらと思うと少々不安が残る。

僕は「ま..まあ…。一応これからアウトドアギアのレビューの仕事していくんだし…。実際に私物を切り裂いて中身まで公開してるレビュアーも中々いないだろうから…。みんなの…参考に…なるのなら…。」と歯を食いしばってじっくり観察。

これがエア子の内臓である。

どうだろう?参考になったかな?

頼むから参考になったと言ってほしい。

 

で、ここまで豪快に切り裂かれると手術代(修理代)も高くなっちゃうから、さすがに今回は手縫いで臓器が漏れてこないようにだけして無理やりごまかした。

あの美しかったエア子が、たった2年でそばかすとツギハギだらけの悲しい姿になってしまった。

それでも僕はまだ「ま….まあ..あれだ…。ブラックジャックだってツギハギだらけだけどカッコいいし、本人も気にしないって言ってんだから俺も気にしないでおこう。逆に右肩近辺の透湿性がグレードアップしたって考えれば….」と言っては見て見ぬ振りをする。

しかしこのような事がきっかけとなり、だんだん他の気に食わないところも気になってくるというのが倦怠期の悪いところなのである。

 

2・ふくよかさ問題

ふくよかな女性はカワイイ。

エア子のポテッとしたボディは別に嫌いじゃなかった。

しかし正直ちょっとぽってりしすぎでごわついてしまうのが少々気になるのだ。

「それはあんたが買う時にサイズ間違えただけだろ。」と言われたらそれまでだ。

しかし言い訳を言うならば、姉のパフ子さんがSサイズで小さかったから今回のエア子さんはMサイズにしたのだ。

前々から彼女の故郷のパタゴニアさんに感じていた事だが、なんだかウェアによってサイズ感にバラツキがあったりする。

なので以前にMを着ていたからと言って、次も別のウェアでMが合うとは限らなかったりするのだ。

まあ要するにちゃんと試着せずに欲望のままクリックしちゃった私が悪いんだが、男とは勝手な生き物で、自分の非すら相手のふくよかさのせいにしてしまうのだ。

しかも毎度サイズミスを犯す私は、一方でかなりピチピチのハードシェルも所有してる。

故に中間にエア子を着ると、ハードシェルの中から潰れた饅頭のあんこのようにエア子がはみ出して来て鬱陶しい。

おまけに本人自体も日々ふくよかになってしまったため、ハードシェルが内部の「ふくよか暴発」を受け止めきれなくなり、やがて以下のような悲劇が展開してしまうのである。

腹はドラえもんのように膨れ上がり、己の肉厚とエア子の圧迫で呼吸すらままならないご様子。

まあここまで来るとウェアの問題というより本人の問題である。

 

しかしサイズ感の話で言えば、パタゴニアさんにもう一つ物申したい事がある。

ナノエア・フーディのセールスポイントの一つとして「ヘルメットをした状態でもフードをかぶる事が可能」とある。

しかし松井秀喜級に顔のデカい私がそのフードをかぶるどどうなるか?

とくとご覧いただきたいのである。

顔デカすぎてジッパーなんて閉まらないし、全体的に上に引っ張られて見えない糸で吊るされてる人のようになってしまうのだ。

こんな背筋のシャンとした狂言師みたいな状態でハードな山登りなんてできやしない。

もう外人中心の頭の小さい人基準はやめていただきたい。

どうか今後は松井秀喜をアンバサダーとして招聘してもらって、もう少し顔デカ界にも光を当ててほしいのである。

 

3.やっぱ暑いのよね

男とはわがままな生き物だ。

最初は満足できていたことも次第に物足りなくなって、さらなる「便利」を相手に求めてしまう。

最初は高嶺の花を手に入れた嬉しさから多少のことは目をつぶって「俺の彼女最高!」なんて言いふらすが、小慣れて来るとやがてそれは大きな不満となる。

というのも「透湿性最高!ずっと着てられるから最高!」とは言っていたものの、実際のところ正直ずっとなんて着てられない。

樹林帯のハイクアップ時などは、透湿が追いつかずにウェア内の温度が上がりすぎるから結局は脱いでしまうのである。

先日の伊吹山でも、早々に1合目で脱いで乳下に汗を溜めていたことは記憶に新しい。

付き合いたての頃は彼女自慢したいから「これ、ずっと着てられるんだぜ」なんて友達に言った手前脱ぐ事ができず、目的地に着く頃にはこの表情。

適切なウェアでハイクアップして来た右の男の爽やかな表情に比べ、意地を張り通した私は苦悶の表情である。

そんなこともあり「もう少し透湿性があったら…」「もう少しああだったら…」なんて思いを抱き始めてしまう。

そんな中でエア子が「そばかすブラックジャック」になったり「はみ出し饅頭あんこ」になったりするもんだから、いよいよ倦怠期の状況は悪化の一途を辿って行くわけなのである。

 

最終章 二人の未来

 

私は今でももちろんエア子を愛している。

しかし、もう少し保温性が落ちてもいいから透湿性が欲しいってのが本音だ。

かと言ってエア子を着ずに樹林帯ハイクアップ時にインナーウェアだけになると、私の場合あっという間に腹部が汗冷えしてゲリ街道一直線。

じゃあ防風性をってことでインナーの上にハードシェルをまとえば、それはそれで内部に熱がこもって暑苦しい。

正直「体の前面だけナノエアで適度な防風&保温、体の後ろは透湿性バリバリ素材」ってな機能が理想だ。

しかしそんな女が都合よくいるわけがない。

エア子を強く抱きしめて「もうお前を離さない」と宣言したあの頃を思い出そう。

振ってしまったパフ子の分まで、私はエア子を愛し続けなければ….

 

ん?

なんだ?

名野家にパフ子、エア子に次ぐ「三女」がいた事が発覚だと?

ほほう、名前は「ナノエア・ライト・ハイブリッド・ジャケット」と言うのか。

人間名は「名野ブリ子」とある。

出典:patagonia

こ….これは….。

「前面だけナノエアで適度な防風&保温….」

出典:patagonia

「体の後ろは透湿性バリバリ素材…..」

出典:patagonia

なんて、

なんて、

なんて都合のいい女なんだ!

 

突如として登場して来た都合の良すぎる女、三女ブリ子。

登場するなり、そのエロすぎる妖艶ボディをこれでもかと見せつけて私を激しく誘惑する。

前面は堀北的な清純さで来たかと思えば、背面は壇蜜的な妖艶さを併せ持つと言うとてつもないハイブリッドさ。

思わず私は2014年以来3年ぶりに、「そうそう!こーゆーの待ってたんだよ!」と叫ばずにはいられなかった。

 

そんな私を見て、背後のエア子は人知れず頬にひとしずくの涙。

しかしすぐに「大丈夫、私…負けないんだから…」とニコッと笑って気丈に振る舞う。

それを見て、私は己のゲスさを恥じた。

そして「やっぱエア子、俺にはお前だけだ!」と再びあの頃のような熱い抱擁。

私は一途な男なのである。

 

ただ一応念のために、水面下で我がBBG社長に対して「なんとかブリちゃんを経費で…」と交渉することは怠らない。

 

そう。

男とは悲しい生き物なのである。

 

あとがき

長々とよくわからない感じでお送りしましたが、要するにこういうことです。

・長女パフ子/防風性>保温性>透湿性(クライミング・ビレイ向き)
・次女エア子/透湿性=保温性=防風性(オールラウンダー)
・三女ブリ子/透湿性>防風性>保温性(樹林帯ハイクアップ&中間着)

この3行が言いたいがために、果てしなく無駄な長文を書いたのであります。

まあ実は次女と三女の間に「ナノエア・ライト」ってのがいたりするけど、それに関しては文章の構成上豪快にカットさせていただきました。

でもそのナノエアライトはまさにエア子の透湿性をアップさせて保温性を下げた理想的なアイテムだから、実は一番使い勝手のいい女だったりしちゃったり…。

 

ってことで、欲望にはキリがないんで、行く場所や時期にもよるけど現時点で冬季用のレイヤリングを考えるなら、

  1. メリノウールのベースレイヤー
  2. ナノエア・ライト・ハイブリッド・ジャケット
  3. ハードシェル

これで十分。

ここにDASパーカあたりのビレイパーカ持っていけば、クソ寒い時の行動中も停滞中もおおよそ快適に過ごせるでしょう。

 

でもね。

やっぱり僕はエア子が好きなんですよ。

汎用性って意味では、ほんと日常から山から川まで気持ちよく使いこなせるから、正直いなくなっては困るのであります。

そりゃ峰不二子みたいな完璧なスペックの恋人だと鼻高々ですが、はっきり言って完璧すぎてオーバースペックで疲れます。

エア子くらいのバランスがちょうどいいのです。

今後も大事にしていきます!

 

ってことで、一応このパタゴニアキャッツアイの名野家三姉妹の情報載っけておきますね。

セクシーな泪姉さんが好きな方はこちら。

patagonia
ナノパフジャケット

 

 

※出典:patagonia

 

 

やっぱり瞳さんだって方はこちら。

 

patagonia
ナノエア・フーディ

 

 

※出典:patagonia

 

可愛らしい愛ちゃんだって方はこちら。

 

patagonia
ナノエア・ライト・ハイブリッド・ジャケット

 

 

※出典:patagonia

 

最後の愛ちゃんのだけオレンジ色がなかったのが悔やまれます。

 

さあ、あなたはどのナノから「ハート怪盗予告のキャッツカード」を投げ込まれちゃったでしょうか?

そしてパタゴニアさんには今後もこのナノシリーズの改良発展に期待したいですね。

峰不二子ギリ手前くらいのものが出てきたら、速攻で僕のキャッツカード投げ込ませていただきます。

 

頑張れ!

名野家三姉妹!

 

NanoAir,伊吹山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ユーコンカワイ

低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。