伊吹山!不惑の満身創痍シリセーダーズ

まーあかん!
いい加減、山行かんと発狂してまう!

本オープンに向けてインドア生活が続きすぎてしまったBBG編集部の二人。
すっかり山から離れて心は荒みまくり、前回は何を思ったか突然「ダイエット企画だ!」と叫んで、オフィス内でパン1になって撮影会を始めてしまうという迷走感。
このままではアウトドアギアとは全く関係ない方向に脱線して行きそうだったので、急遽二人は“現場入り”することを決断した。

これはすっかり体力と筋力が衰えてしまった男達による、本来の自分を取り戻すための戦い。
今後の活動が大いに不安になるであろう、痛々しい「中年」というギアのリアルなレビューなのである。

第1章 青き仙人と陶器職人

正直山に行ってる暇はない。

相変わらず本オープンに向けてやるべき事は山積状態。

しかしインドア生活が長すぎて、何かがプチッと弾けてしまった。

で、ハッと気づいた時にはすでに100名山「伊吹山」の登山口である。

そしてここで猛々しく駐車場で自立しているのが、2017年注目のバックパック「ビッグソリスト」だ。

ソリとしての主張が強すぎて、完全にバックパックが隠れてしまっているという画期的な一品。

通常雪山でのシリセード(ケツで滑って下山すること)は、携帯性を考慮して小型のヒップソリが使われる。

しかし何事も欲しがりの我々としては、そこをあえて「本意気のビッグソリ」を無駄に担いで行って極上のシリセードを楽しみたいのである。

半年近く山から遠ざかると、誰だってそのような思考回路になるはずだ。

しかもこのバックパックスタイルなら、不意に鈍器のようなもので背後から襲われたとしても鉄壁の防御力を誇るというおまけ付き。

嫁だったり、嫁だったり、嫁あたりから何かと恨みを買ってる僕としては、お山だろうと背後に対してゴルゴばりの警戒心を持って過ごさねばならんのである。

 

そしてこのバックパックは、風の強い日だと「体の持って行かれ度」は当社比2.5倍増。

余すことなく風を受け止めてしまうから、体力も消耗しまくってマゾに優しい仕様となっている。

吹きっさらしの独立峰伊吹山にピッタリのアイテム。

何やらフライパン山に向かう亀仙人ようで、軽いコスプレ気分も楽しめてしまうのである。

 

しかしその青き亀仙人は、まだスタートしたばかりなのに顔までみるみる青くして行く。

四十を越えてから、体力の低下が往年の野茂のフォークくらいに鋭く落ちまくっているこの男。

「あれ?俺ってキング・ザ・100トンだったっけ?」って思ってしまうほどに体が重い。

上がりまくる心拍数がまるで落ち着く気配もなく、早くも朝食べたおにぎりを「返品」してしまいそうな表情に。

半年もまともに山に登ってないと、ここまで人は衰えるものなのか?

決してその衰えを認めたくはなかったが、早々に限界に達して乳下に汗を滴らせながら早くも大休憩。

なんとここはまだ「1合目」。

この段階でここまで世界の終わり的な表情ができる社員を見て、敏腕社長も「もう、こいつ内勤決定だな」と腹を決めたという。

そんな冷たい視線に晒されても、体力の回復に精一杯な彼は、ただの着替えですらまるでシェークスピアの舞台を熱演してる名優のような状態に。

そしてすっかり老けてしまって、もはや死を目前にした人間国宝の陶器職人のようなこの渋みある表情。

もうすでに彼の限界は近い。

何度も言うが、ここはまだ1合目なのである。

 

第二章 さまよう老人

見渡すかぎりの雪原の斜面にて、極上のシリセードをかますべくここに来た我々。

しかしそんな我らの前には1mmの雪も積もっちゃいねえというまさかが展開。

やはり冬眠が長すぎたか。気分は浦島太郎だ。

肝心の雪が全くない中、背中にビッグサイズのソリを背負ったヘロヘロの老人が雪を求めて徘徊して行くという切ない光景が展開。

場所が場所なら「ちょっとそこのおじーちゃん!近くに家族の人いる?わかる?かーぞーくーのひーと〜!」なんて言われて家に連れ戻されるところだ。

しかしおじーちゃんは負けずに突き進む。

想像以上に体がついて来ず、2合目到達時に早くも2度目のダウンを喫した。

おじいちゃんは「ハァ…ハァ…俺…この仕事…向いてないのかな…」と虫の息で呟くのが精一杯。

ちょっと前までこの伊吹山を元気にトレランで往復してた彼だが、時とは実に無情なものである。

 

そんな時、普通の社長なら「まあ、ゆっくり行こうや。一歩一歩確実にさ。」なんて優しい声をかけてくれる所だが、我が社の社長は「マジ情けないっすよ。ホラ、さっさと歩け!」とサディスティックに追い込み並走。

「こいつはとんだブラック企業だぜ。」と呟きつつも、ちょっと嬉しそうなマゾヒスティック社員。

我が社はこの関係性でガッチリと歯車を噛み合わせて回しているのである。

 

で、3合目付近ともなると、そのマゾ社員は絵に描いたような「行き倒れの人」になっている始末。

まるで未来から江戸時代にタイムスリップして来たJINのような世界観。

しかし、今この時点で最も医療による救助が必要なのはこの人本人である。

「うう、ここは…どこだ…?」とでも言いそうな表情で、すっかり生気が失われて目も虚ろな廃人最前線。

こんな男がこれからガンガン山や川に行ってギアレビューして行こうってんだから世も末である。

しかし屈強なオラオラ系山男や、体力ガンガンのトレイルランナーたちでは決して書けない「庶民のレビュー」は彼にしか書けないはず。

あっという間に限界に到達できる彼だけが、ギアの真の力を引き出せるはずだ。

すごい人たちは正直「しまむら」の半袖短パンでも平気でアルプスを大縦走できてしまうが、このか弱い子豚は優れたギアに頼らないとアウトドアでは生きて行けないのである。

 

そんな常時限界男の必死の踏ん張りは続き、いよいよ眼前に伊吹山がドスン。

そしてこの時、東屋で休憩してまた着替えをした。

その際に、庶民レビュアーのユーコンカワイがその実力を発揮する。

 

彼は常々声を大にして訴えたいことがあった。

例えばアウトドアウェアって、モデルがいつもこんな感じ↓のシュッとした外人さんばかりじゃない。

出典:patagonia

しかし私は訴えたい。

実際にこれを見て、僕のようなシュッとしてない中年日本人がこのアイテム買って着るとどうなるか。

それはこのような「イメージと全く違うじゃない」という悲劇が待ち受けているということを意味するのである。

出典:shirobuta

世界よ、これが日本だ。

全体のムッチリ感にプラスして、腹の出具合が酷すぎてチャックも半開きだ。

そもそもシュッとしてない人にとって、ぴっちりアンダーウェアだけになる事は非常に痛々しい結果が待っているのである。

しかもDカップの彼は、乳下空間に汗が溜まりまくってアンダーウェアの吸湿性が追いつかずに内臓を冷やしまくる結果に。

ヘソに溜まった汗も実に見苦しい。

しかもこの腹のせいでいつのまにか裾がめくれ上がって来るから、気付いた時にはヘソ出しルックになって腹部を激しく冷やして下痢になることもしばしば。

まあ「それはお前の問題だ。痩せろ。」と言われればそれまでなのだが、きっと同じような苦しみを抱えている庶民は多くいるはずだ。

私は今後もこの“デブあるある問題”に全力で取り組んでいく所存。

まずはスポーツブラの導入からスタートしてみようと思っている。

 

気になるアイテムをギアサーチでチェック!

BEST BUY GEARが提供するギアサーチを使えば、あらゆるアウトドアブランドの気になるアイテムの情報やクチコミ、最安値価格を調べることが可能です。さあ、自分に合ったアウトドアギア選びの旅に出かけよう!

2 件のコメント

  • どーもどーも、QRのおとんです。
    伊吹を滑ったとなりゃコメント残さなけりゃならんな、っと。
    プラソリって…良くまあ、滑ってきましたねぇ。
    私はスキーヘタレ滑降なんで、エッジでブレーキ掛けれるから何とか降りてこれるけど、ソリだとブレーキは甘くしか掛からんだろうし、目線低いからスピード感三倍増くらいだろうし。
    マゾの鏡ですなぁ。
    まあまあ、ヤマに戻ってこれて良かったです。
    自分の周りにも、好きな趣味のジャンルで働きたいって転職して、結局忙しくってまったく遊べていない人、複数居ますんで、そのパターンに嵌らない様に息抜きしてください。
    ではでは。

    • 毎度どうもです!
      逆にスキーできないしソリしかなかったんでこのような結果になりました。
      ブレーキはピッケルがあるんでどうにかなりますが、当然方向転換ができないんで結構怖かったですよ。
      でも一番怖かったのは己の身の激しすぎる衰えですね。
      ほんとどうにかせんとヤバイです。
      って事で、登録作業とか諸々の細かい作業はオープン遅れようが一旦スローダウンして今後はどんどん現場入りしていくつもりです。
      こないだも早速九州の九重連山縦走してきたんで、また近々記事アップしますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    ユーコンカワイ

    低体温・低血圧・低収入というギアレビューにもってこいの人体サンプル。いつも顔色は土色だったり汗冷えのスペシャリストだったりするが、今日も持ち前のマゾん気を武器に山に川にと出没する。 素材がどうとかの専門的な事より、フィーリングやロマン重視のあまり役に立たないギアレビューを得意とする男である。